ホーム > コラム

最近の投稿
パラダイムシフト【7チャクラ リーディング】
「春のパラダイムシフト」春分の日ワークショップ御礼
新しく始める究極のコツ
すべては恵み
ビジネスチャンスのパラダイムシフト② 引き寄せ
仕事・ビジネスのパラダイムシフト①
春分の日オンラインワークショップ【春のパラダイムシフト】
成功しないためのパラダイム
雨にも負けず?@東京マラソン2019
東京マラソン・フレンドシップランでおもてなしRun〜♪
 
アーカイブ
2019年11 月 (2)
2019年10 月 (4)
2019年9 月 (10)
2019年8 月 (9)
2019年7 月 (5)
2019年6 月 (8)
2019年5 月 (16)
2019年4 月 (15)
2019年3 月 (11)
2019年2 月 (12)
2019年1 月 (8)
2018年12 月 (8)
2018年11 月 (6)
2018年10 月 (13)
2018年9 月 (8)
2018年8 月 (7)
2018年7 月 (8)
2018年6 月 (11)
2018年5 月 (6)
2018年4 月 (6)
2018年3 月 (11)
2018年2 月 (6)
2018年1 月 (14)
2017年12 月 (8)
2017年11 月 (13)
2017年10 月 (12)
2017年9 月 (15)
2017年8 月 (20)
2017年7 月 (11)
2017年6 月 (10)
2017年5 月 (12)
2017年4 月 (10)
2017年3 月 (9)
2017年2 月 (5)
2017年1 月 (12)
2016年12 月 (18)
2016年11 月 (11)
2016年10 月 (6)
2016年9 月 (15)
2016年8 月 (27)
2016年7 月 (7)
2016年6 月 (8)
2016年5 月 (11)
2016年4 月 (6)
2016年3 月 (19)
2016年2 月 (5)
2016年1 月 (7)
2015年12 月 (6)
2015年11 月 (4)
2015年10 月 (5)
2015年9 月 (7)
2015年8 月 (6)
2015年7 月 (13)
2015年6 月 (1)
2015年5 月 (1)
2015年4 月 (10)
2015年3 月 (21)
2015年2 月 (15)
2015年1 月 (16)
2014年12 月 (13)
2014年11 月 (10)
2014年10 月 (17)
2014年9 月 (16)
2014年8 月 (21)
2014年7 月 (8)
2014年6 月 (16)
2014年5 月 (13)
2014年4 月 (12)
2014年3 月 (12)
2014年2 月 (13)
2014年1 月 (11)
2013年12 月 (8)
2013年11 月 (16)
2013年10 月 (21)
2013年9 月 (19)
2013年8 月 (5)
2013年7 月 (5)
2013年6 月 (7)
2013年5 月 (10)
2013年4 月 (11)
2013年3 月 (21)
2013年2 月 (9)
2013年1 月 (9)
2012年12 月 (17)
2012年11 月 (19)
2012年10 月 (14)
2012年9 月 (8)
2012年8 月 (13)
2012年7 月 (10)
2012年6 月 (12)
2012年5 月 (18)
2012年4 月 (17)
2012年3 月 (11)
2012年2 月 (9)
2012年1 月 (15)
2011年12 月 (4)
2011年11 月 (9)
2011年10 月 (8)
2011年9 月 (6)
2011年8 月 (16)
2011年7 月 (13)
2011年6 月 (10)
2011年5 月 (12)
2011年4 月 (11)
2011年3 月 (19)
2011年2 月 (15)
2011年1 月 (8)
2010年12 月 (12)
2010年11 月 (7)
2010年10 月 (15)
2010年9 月 (11)
2010年8 月 (9)
2010年7 月 (10)
2010年6 月 (14)
2010年5 月 (20)
2010年4 月 (15)
2010年3 月 (19)
2010年2 月 (19)
2010年1 月 (20)
2009年12 月 (16)
2009年11 月 (13)
2009年10 月 (24)
2009年9 月 (9)
2009年8 月 (7)
2009年7 月 (13)
2009年6 月 (11)
2009年5 月 (9)
2009年4 月 (6)
2009年3 月 (5)
2009年2 月 (7)
2009年1 月 (7)
2008年12 月 (5)
2008年11 月 (6)
2008年10 月 (3)
2008年9 月 (4)
2008年8 月 (2)
2008年7 月 (3)
2008年6 月 (5)
 
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)QRコード
MySpace Japan
facebook
電子書籍 幸運女子・強運女子になるためのライフマネジメント
オーディオセラピー 「アストラル銀行(宇宙銀行)」CD 販売
10分間瞑想シリーズ 新登場
オーディオセラピー 2枚組CD 販売中
オーディオセラピーCD化!
アマゾン HMV
TOWER RECORDS 山野楽器
新星堂 i Tunes Store
Jazzy Music

COLUMN

パラダイムシフト【7チャクラ リーディング】

4月から始まる期間限定メニューのお知らせをさせていただきますニコ

 

〜期間限定メニュー〜

4月1日ー5月31日


パラダイムシフト

【7チャクラ リーディング】

 


2019年前半は、パラダイムシフトのテーマでセッションやワークショップをお届けしています。


3月末までのタイムトラベルセラピー®編に続き、
温かい春を迎える4月からは、チャクラ・氣・エネルギーに働きかけるパラダイムシフトのメニューをご用意いたしました。



春から周りの環境、人間関係、生活パターンが新しくなった方、

エネルギーや感覚の感じ方の違いを自覚している方、

近年の転換期の連続がそろそろ終盤に来ている方


など、この春のあなたの特徴はいかがでしょう。



特に課題、問題、変化を感じないようなら、観点を変えればそれらが観えてかもしれません。


すると、慢性的な症状や状態に、ふっと自覚する機会に遭遇し、自ら現実をシフトするようになるでしょう。



一方、課題、問題、変化を感じて深刻に思っている方々の多くは、それらを「問題視」するよりも「何をもたらしてくれているのか?」などと、観点を変えてみましょう。



すると、辛さや倦怠感が緩和します。そして、問題や課題による「恵」にハッとするかもしれません!
(とんでもないわ!と思うようなことでも)



パラダイムをシフトするとは、特別なときに使う特別な技法ではなく、普段使いしてこそ有益です。

人生・・・人生観・・・・変わります。

ときに派手に、ときに地味に・・・

いずれの場合も、シフトを実感する本人にとっては、ホッとしたりスッキリするでしょう。



昨今のセッションやワークショップでパラダイムシフトを体験された方たちから、


「何時も大事なんだ、すべての瞬間にありがとうと感じるツボを体験した(日常で思い出したい)」


「アップデートも、究極も、終点はない」


「片付けなきゃと思って片付けるのと、心から片付けたい(と自分が)思うことの違いを感じた」


などコメントをいただきました。

 


言葉以上に実感で”わかる”のは、パラダイムを切り替えたときに起こることです。


方位磁石や分度器の角度をずらすように、球体の中心にいてそこから視点を巡るように、流れる音楽の音質や音量を調節するように・・・


人生の、さまざまな経験に対して自由な魂で関わるにつれ、あまたのパラダイムの中から選択することがわかっていきます。

その心地よさは、意識を広げ自由にし、恩恵に値する機会や感謝へと通じていきます。



パラダイムとは、何かと比較して優劣があるような質ではありません。

自我を満たす目的で、パラダイムをシフトすることも、甚だありません。

ココにあるパラダイムの切り替えを、あなた自身が知っていて、活用できたらベターですね、という類です。



体験の感想を伺うと、境地に通じることが多いのですが、小難しいことではありません。


むしろ、楽しくて面白いことであり、人生にゲームを取り入れるような感覚です。


ゲームは、遊びを興し、知性を刺激する活発なエネルギーです。

ゲーム渦中では結果は決定的ですが、ゲーム全体においては結果は到達点のひとつであり、そのプロセスが一番の旨味あり、愉しさです。


パラダイムは、エネルギーレベルで見出し、活用することから始まります。

逆にいうと、エネルギーレベルでないと気づきにくく、わからないことが多いのです。



このセッションでは、7つのエネルギーセンター(チャクラ)から、3つのパラダイムのテーマをリーディングしお伝えさせていただきます。


セッションの最後には、ご自身で「アルティメイト(究極の)パラダイムシフト」の誘導体験をしていただきます。




私も今年はセッションとワークショップの誘導をするおかげで、プチプチとパラダイムシフトの恩恵を感じます。


先の「何時も大事なんだ」という感想は、改めて共感し、とても落ち着いた感覚になりました。


英語なら、Every Moment is Precious!!(尊い)ですね。


現実(物理的)レベルでは、オーディオコンテンツのナレーションを録るスタジオが新しく整備万全な環境になり、これぞパラダイムアップデートでした。ウインク


というわけで、パラダイムの観点が気になるようでしたら、パラダイムシフト7チャクラリーディングをぜひご活用ください!




〈こんな方にオススメ〉


・今後のことや近い将来を明確にしたい
・落ち着いて安心した人生を過ごしたいと思う
・日々、人生の選択肢に気が付き、実践、実現していきたい
・グラウンディング、地に足のついたあり方を求めている
・二極化した生き方、分離した思考や価値観から卒業したい
・人生、次のステージへ向うときだ
・究めたい、達成した目標がある(大小問わず)
・もっとクリエイティブに、創造的に愉しみたい
・私はこうありたい、こう生きたい、を体現する方法を知りたい
・新しい自分が始まりそうな予感がしている
・周りがどんどん変化しているように、感じる
・潜在意識のパワーを感じたい





パラダイムシフト

【7チャクラ リーディング】

*オーラリーディングのカテゴリーに入ります!

 


〈セッションの内容〉

・7つのチャクラのパラダイム・リーディング
 「ファンデーション(土台・基盤)」
 「アップデート意識と現実」
 「ヒーリングとヒーリングナンバー」


・アルティメイト(究極の)パラダイムシフト体験


〈セッション料金と時間〉


・「パラダイムシフト・7チャクラリーディング」

  90-100分 
  54,000円(税込)


・「パラダイムシフト・7チャクラリーディング DX版」

  120分
  +特定のご相談について透視カウンセリング
  64,800円(税込)

※エネルギー状態により、多少所用時間は変わります。

 

お問合せ・お申込み TEL 03-5537-7554(平日9-18時)

お問合せフォーム

 

近日、志麻ヒプノHPにもアップいたします。

 

 

「潜在意識のパラダイムシフト」

 YouTube 3分動画 キラキラ

 

 

 

流れ星[志麻ひぷのTIMES]流れ星

    よりお知らせをお届けいたします
<精神宇宙の世界・心理・人生・愛・人間関係・セラピー・WS情報 etc>

スマホPC

 

「春のパラダイムシフト」春分の日ワークショップ御礼

3月21日(木祝)、春が近づいてくる春分の日

オンラインワークショップにご参加いただき、ありがとうございました。ほっこり

 

テーマは「パラダイムシフト」

 

春を意識して、潜在意識の新しい使い方を体験いただきたく。

120分、じっくり愉しんでくださったようです。

 

 

初めて「パラダイムシフト」を体験するのにわかりやすいような4つのワークを行ないました。

 

① パラダイム・ファンデーション(土台)

パラダイムシフトを興すような環境、状況にいるのか?

土台を整えます。

 

 

② パラダイム・アップデート

文字通り、現在のパラダイムからのアップデートを試みます。

 

 

③ パラダイム・ヒーリング

ヒーリングを行うことで、パラダイムシフトする”許可”や”自由”を得ます。

 

 

④ アルティメイト(究極の)パラダイムシフト

今時点で、最高値のパラダイムへ。

 

 

4つのワークの中で「ご自分に合っていたと思うワークは?」のアンケート投票をいただいた結果、

「アルティメイト(究極の)パラダイムシフト」がやや優位でした。

 

 

 

2月のバレンタインラブラブミニWSは、イベント感覚でわいわいと進めさせていただきましたが、

今回は、ワークショップらしい雰囲気、エネルギーに落ち着きました。

 

予めワークブックで予習したり、体験時の気づきを書き込めるようワークブックもご用意させていただき、

 

書き込むことでセルフコーチングになった方、忙しくてサッと見ただけ、という方もいらっしゃり、さまざまです。

 

潜在意識系のワーク、スピリチュアル、ヒーリングは、感覚やビジョンの観点では反応や変化が優位ですが、日常や生活レベルで体現するには、やや弱点があるのです。

しかし、文字に表したり、言語で発すると、だいぶ定着し、さらに計画や期日を設けることで、達成しやすくなります。

 

ひとつひとつ体験をするごとに、サクッと印象的な体験や気づきをシェア。

 

実際の体験時間は数分にもかかわらず、かなり壮大なストーリを繰り広げたり、境地に近い気づきを得られたり・・・

 

「特になにも見えない、わからない」とおっしゃりつつ、体感や涙となって意識のシフトをおこされた方もいらっしゃいました。

 

みなさま初対面同士(ネット上ですが)でありながら、リラックスしたり、気づいたことをお互いに気遣いながら感想を伝えてくださり、よいエネルギーでした。

 

午前の部では、ZOOMのチャット機能の書き込みが活躍し、発言以外にも、いいコミュニケーションを果たしており、感動あり、笑いあり・・・

 

この日は、関東だけでなく、奈良や京都から・・・

運転中!や家のご事情で、耳だけ参加してくださった方もいらっしゃいました。

 

午前の部Q&Aタイムに、「リーディングやって!」のリクエストがあがり!リアルのワークショップ時と同様、ミニセッションとなりました。

テーマは「○○○についてのパラダイムシフト」

 

なかなかお互いに学べる?善い情報が出てきてくれたと思います!

オンラインでもいろいろ可能ですね。

 

というわけで、しばらくは毎回いろいろ工夫をしながらオンライン・ワークショップを企画いたします。

ご興味、日程の合う回には、ぜひご参加ください!

 

 

以下、WS感想を送ってくださった皆さまへ。

無記名アンケートですので、ご自身の感想を覚えていらしたら返答コメントをご覧ください下差し

 

「自分である」ということがしっくりくる感覚が微かにあってよかった。 明るく軽やかで自由で愛に満ち溢れている、素晴らしい体験だった。

 

あるワークの体験後に、サーっとエネルギーが晴れ、静寂感のような感覚が伝わってまいりました。スクリーンからしっかり伝わりますね。ありがとうございます!

 

オンラインでのこうしたワークショップは初めてでしたが、「リアル」のワークショップとはまた違った感じで「共感」感覚が強まるような気もしました(中略)オンラインですと、リアルであってリアルではないから3D以上の感覚スイッチが入りやすいのかも?と今回思いました。 ワークの内容では、わたしは「強い」(らしい)と自覚することができたことや、最後のリーデイングで「デーモン」なわたしが発掘(笑)されたことが大きなパラダイムシフト、でした!昨年暮れぐらいから、わたしの人生の新しい、大きな周期がまた巡ってきている感覚がびりびりとあり、楽しみです。本当にありがとうございます!

 

ご自身が持っていらっしゃる感覚スイッチが、オンラインでは一層伝わりやすいようですね。ご自分に集中しながら、うまくワークを活用していただけたようで良かったです!

ここしばらくの大きな周期の一助になりますよう!「デーモン」の活躍楽しみです(笑)

 

(略)午後は仰向けに寝て、ナンバーを腹に貼り付けると、急にゴロゴロと鳴って胃が食べ物を催促して来たので嬉しかった。 

 

リアルに身体が反応を示しているようで・・・今回のヒーリングナンバーは相性が合うワークだと思いますので、ぜひ活用なさってみてください!

 

当日は諸事情できちんと参加できず、失礼しました!でも、みなさんのお声やお話を聞かせていただいており、心が軽くなりました。ありがとうございました。

 

エネルギーの共鳴は起こっていたと思います!

今度はぜひオンラインの中へ参加なさってください(^^)

 

ワークを受けた直後から覿面に出来事や考え方が変わるというものではなく、視点をわずかな度数をずらすきっかけをいただいたふうに思います。そのわずかな違いが、時間を経たりもっと引いた視点から見ることができた時に大きな変化を生むのだと思います。パラダイムシフトのきっかけを得られたことがとてもうれしいです。 また、実際のワークでは事前に予習していたワークブックのエクササイズで書き出したものとは若干はなれた事柄が浮かんできたのですが、その繋がりを探る、繋がる点を見つけることが喫緊の自分のテーマかな、と思いました。 顕在意識で考えていることと潜在意識でのものを同一化できたらな、と思います。

 

よく感覚分析をなさっていますね!

潜在意識の変化は、時間や状況との掛け合わせで、景色を変えていきます。扇型をイメージいただくとわかるように、先に行くほど、わずかな度数の違いは大きな開きになりますね。

顕在意識と潜在意識は、それぞれの重要な!働きがあるのですよ(笑)同一化すると、夢と現実の境目がつかなくなるなど、ヤバイことになりかねません・・・がある程度都合よく調整が取れると、おっしゃる通りの理想になるのでしょうね。ねー

 

パラダイムファンデーションの体験では、自分では大事な価値観だと思って、かなり主軸にしてきたことが、純粋な自分の判断ではなく、周りの声に耳を傾けていたこと。そうしなくてもいいのだと気付かされました。少しショックでしたが、すぐに気持ちが楽になりました。純粋な自分の意志であることは、すぐ行動するし、先延ばしやイヤイヤやらなければ、と思う習慣はなくなるんだとわかりました。

今日は耳だけでの参加になり残念でしたが、一緒に体験している方々がいらっしゃるので集中できたと思います。感謝いたします。

 

なんと本質的なところから入られましたね。パラダイムシフトでは日常ではほとんど起動しない集中力のスイッチが入りますので、ご自身の気づきや閃きが起こりやすいです。

そして、比較的定着しやすいので、気づきや理解されたことを、習慣や心がけになさるとよいですね。

 

 

P.S. パラダイムシフトのシリーズは、今後もオンラインのミニ講座で体験できるよう、作業中です!

どうぞお愉しみに流れ星

 

 

タイムトラベルセラピー®パラダイムシフト

新しく始める究極のコツ

春になったら・・・

新しい年だから・・・

そろそろ・・・

       新しいことを始めたい。

 

「何かはハッキリわからないけれど、何かやりたいことをやりたい。何をやったら向いていますか?」

こういうご相談は、実は、通年あります。

 

別に「何かをやらなければ」「始めなければいけないと」などと、誰かが指示してはいないのですが、ご本人は、このままでは生き甲斐を感じず、周りに好きなことをやって充実している人たちを目にすると、焦りが出るようです。

 

新しく始める”究極”のコツなどと、究極を軽々しく使いましたが、これは普遍的に人生の何時においても、性別や年齢に限らず共通しているエッセンスだからです。

 

ここで2つのパターンに分けますが、

 

  • 「新しいことを始めたいが、いつまでも始められない」

 

  • 「何かをやり始めたいけれど、何が向いているのかわからない」

 

どちらかに当てはまるような状況でしょうか?

 

ご自身や、周りのそのようなことを言っている人がいたら、観察(内観)してみましょう。

観察、内観をしていただく間に、Nさんのケースをご紹介したいと思います。

 

個人セッションの中で、部分的にタイムトラベルセラピー®のパラダイムシフトの誘導を体験していただき・・・

 

「今、現状の○○○について、パラダイムを動かすとしたら?」と誘導を進めていきました。

 

Nさんは潜在意識下で

 

「前に進もうとすると、同じところに戻ってくる・・・一生懸命変えようとするほど、後ろから掃除機に吸われるように引き戻される感覚がある・・・」

という一幕がありました。

 

いろいろセッションを進めていくと

 

「(後ろから引き戻そうとする)○○○(Nさんにとって特定の人物)を終わりにすること」

 

に気づかれました。

 

○○○そのものというより、終わろうとはしていないNさん自身のあり方に課題があるのですね。

 

 

「新しいことを始めたいが、いつまでも始められない」

これは、何かを終わりにすると、新しいことを始めるスペースができます。

 

スペースだけでなく、終わりにしていないことにまつわる様々な連鎖から解放されます。

 

 

「終わろうとしているのに、状況が終わらせてくれない」とすれば、様々な連鎖のほうに見直しが必要です。

たとえば、何かが終わったとき、まったく予想外に、習慣、食生活、人間関係、行動パターン、などなども変わることがありますね。

 

「何かをやり始めたいけれど、何が向いているのかわからない」

こちらの発言も、ご本人があまり意識していないような「終わり」を見つけ放れることで、これをやってみようかな、といった好奇心やきっかけと出会いやすくなります。

 

ちなみに、「終わりたいのに終わらない」というお声もしばしば伺います。

 

「こんな仕事は終わりにしたい!」

「こんな場所にいたくない」

「腐れ縁を終わりたい」

 

新しいことを迎えるための「終わり」は、カタをつけようとする「終わり」や逃げるような「終わり」ではありません

 

そのやり方でも、まぁ頑張れますが、余計なパワーを費やします。

 

十分にやりきった!卒業だ!という質の「終わり」は新しい方向へと導くものです。

それはご本人が納得しているからですね。

 

 

さて、そろそろ春本番が近づいていますが、

あなたが「終わり」を迎えることは?

 

卒業ややりきった!と言える「終わり」はなんでしょう?

 

ふっと「自分が『終わり』にするのはこれだ!」と思い浮かんだ方は、コメントに書いてくださってもOKです。

「始まり」への自己宣言になります。

 

 

パラダイムシフトに関連し、

右差し春分の日「春のパラダイムシフト」ワークショップ

 

キラキラ YouTube3分動画上矢印


 

個人セッション

タイムトラベルセラピー® パラダイムシフト

 

すべては恵み

 

春のお彼岸が近づいて参りました。

 

2019年3月18日 彼岸入り

     3月24日 彼岸明け

 

例年、春のお彼岸、お盆、秋のお彼岸は、霊的な世界と通じるセッションが多くなります。

かれこれ15年以上にわたり、この傾向を強く感じますから、私にとっての事実になっています。

 

うっかり暦を忘れていても、個人セッションお電話・Skypeセッションの中で、クライアントご本人が亡くなられたお身内の話を多くするようになります。

 

一方、透視をしているうちに、ご親族や、近しかったあちらの世界の方のほうから、ふっとセッションの話題の中に飛び込んでいらっしゃいます。

通年そのようなことはありますが、お彼岸やお盆は霊脈がクリアに出ているように感じるのです。

この時期の話題は、何度かコラム・ブログに書かせていただいていますね。

 

先ごろ、Kさんの電話カウンセリングでのこと。

 

近年、近しいご家族や身内の方々が、続けてあちらの世界へ旅立たれていきました。

その悲しみや辛さだけではなく、それに伴う親族の揉め事や、遺された物の扱い、家族生活のきりもりにストレスや疲労を感じていらっしゃいました。

 

そんななか、お子さんの結婚、お孫さんの誕生など、慶び事もありました。

しかし、慶び事にも心配のタネや出費や労力が伴い、後からどっとお疲れと虚しさを感じる日々です。

 

Kさん「貯金や保険を解約して切り崩して生活している感じです。まだうちにいる子供も働く様子はないし、この先、私は一体生きていけるんでしょうか。生活していけるんでしょうか」

 

心配から、さらに心労を増していらっしゃいます。

一方では、さらに大きな出費をする機会も多く、けして節約や生活を切り詰めているご様子はありません。

Kさんのご主人、父親、義父と、近年急に逝かれた方々は、Kさんたちをどう想っているのか、救いはあちらの世界に求めてしまうようです。

 

そして、半年ほど前にはお母様が逝かれ、その頃はご自身も疲労と心労が強く、十分に看てあげられなかったことにも、とても心を痛めていらっしゃいました。

生前は、気難しいお母様で衝突した関係であったものの、もうこちらにいらっしゃらなくなると、思いが募るものです。

 

セッションの後半になり、

 

Kさん「母は、今、どうしてます?あちらで元気にしてます?病院や施設で亡くなるまで痛みで動けなかったし。

私たちに何か想ってくれているんでしょうか」

 

Kさんのご質問に、お母様のお名前を唱えていただくと・・・

 

なんとまぁ、明るく闊達なお若い時期のお母様が「待ってました!」とばかりに、(霊的に)登場!

行年(享年)よりお若い、お元気な姿で現れる方々は、概ね、他界の時期やそれまでの人生に満足や納得の思いを抱かれていらっしゃるケースが多いのです。

 

実際のお母様は、中年以降晩年まで体調が思わしくなく、家族の中でご苦労が多かったご様子。

したがって、かなり若返ってしまわれたのかもしれません。

 

生きていらっしゃる頃の人生のなかで、Kさんがリアルには見たことがないようなお元気さ、明るいトーンです。

Kさんが生まれる前であろう20才頃のお母様は、昭和の女優さんのモノクロプロフィール写真のような美しいお顔立ちであることも、すぐに視えてきました。

 

このお元気な時期のお母様は、当然お考えやアドバイスも達観的で明るく、ツッコミどころもお上手です!

 

(霊的に)開口一番!

 

「あなた、まもなく孫が生まれるわよ!恵まれてるわよ。これから1、2年、みんながいいわねって羨むように、おめでたいことが多いんだから」と。

 

(霊的に)ここまでハッキリ言ってくださっちゃうので、そのままお伝えすることにしていきました。

 

Kさんが心の中で悶々としていることにも、的確にお応えを返してくださいます。

お母様を看取れなかったことは、まったく気にされていなかったり、Kさんのごきょうだいについても、状況(おそらくかなり事実だと感じられましたが)をお伝えくださいました。

心配していた老後やこれからの生活、お金などの不安については、一笑にふすがごとくです。

 

Kさん「母はあちらではとても元気なんですね、苦労が多かった人だから嬉しいですね。

でも、先日も、子供たちが実家に戻ってきてお金をたくさん使ってしまって・・・・」

 

するとお母様からは、ほぼ即答で

 

「やってあげられるときに、やってあげたらいいじゃないの」

何か悟りの観点からおっしゃっているご様子。

 

「お金をかけてあげられるのは(すでに)あなたが恵まれてるからでしょ」

 

そして、何度もこの言葉をお伝えでした。

「あなたは恵まれてるわよ」

 

Kさんにもだんだんお母様の言葉の意味がわかっていらしたようです。

 

Kさん「そうなんですね、私たち恵まれてるんですね。でもこうして、次から次に問題が起こったり、世話を焼かされることが多いと、どうしても不安になってしまって・・・」

わかるけれど、現実は大変なのだとおっしゃりたいところですね。

 

すかさず、そこにお母様が言い放ってくださったのは

 

「世話を焼かせてもらってありがとう」(と思ったら?)

 

Kさんが受け答えをするなかで、さらにお母様から、

 

「すべては恵

(そうは絶対思えないことも)恵でしかない」

 

次から次と心配なさるKさんに

「もっと喜びなさい!」(普段の習慣として)
「祝福しなさい!」(喜び、恵みの観点に気づける)

 

そして、具体的には、

「あなたがあなたをもっと大事に、大切にしたら物事がスムーズにいく」

と、Kさんがご自分のことを後手にしないよう、アドバイスらしい指摘をされました。

 

日常であれ、人生の中での辛い時期であれ、「すべては恵み」であることを心得ておけるなら、乗り越えやすく、そもそも辛い時期に感じられないのかもしれません。

ただ、多くは、辛さ、悲しさ、憤り、怒りなどの先に、きっかけや運があれば「すべては恵み」であることを実感するに至るかもしれません。

 

処世術、人生の錬金術のひとつですね。

 

お母様からのKさんへのメッセージややりとりは、少なからずの方が共感する観点、発想でもあり、こちらにシェアをさせていただきます。

 

それにしても、私の場合、霊的な方、霊脈とつながるような時期は、氣が冴えてテンションが上がります。

特に霊的に闊達なエネルギーであるほど、おそろしく疲れ知らずになります。

 

前日から春分のワークショップの準備で夜なべ作業でしたが、意識が高すぎて、じっとしていられない感覚でした。

 

私の実母が亡くなったときに感じた氣の上がり方、氣を張っていて疲労を感じない、すべてが導かれるように万事進んでいった、という稀有な感覚に近いですね。

Kさんのお母様の持ち前のエネルギーも大きいでしょう。

 

Kさん「ちょうど昨日から志麻センセーにご連絡しようか迷っていて、今日になってお電話したんですよ」

はい、はい、届いてましたよ!(裏付けが取れました)ねー

 

 

 

こんな不可思議で愉しいセッションは、まさに私にとりまして大いなる恵みです! (拝)

 

ルーツ・モダリティ

ご先祖様、亡くなられた身内の方と対面する

 

 

春分の日 オンラインワークショップ

下差し「春のパラダイムシフト」紹介3分動画

 

 

家で受けられるセラピの かたち

電話・Skype セラピー

 

ビジネスチャンスのパラダイムシフト② 引き寄せ

意外な法則が、パラダイムシフトの根本にも通じている場合があり、おなじみの「引き寄せの法則」がどう絡んでいるのか?というケースをご紹介させていただきます。

ここしばらく、パラダイムシフトの体験談が続きますがウインク

 

「このところ、わりとビジネスチャンスに恵まれてきていると思います。ただ、全体的にわるくない、希望のもてる感触ですが、軌道に乗せるまでが大変ですね」

 

Sさんは、それほど悩んでいる様子はないものの、活発に進まない様子に首を傾げているようお見受けしました。

あまり深刻に悩んでいらっしゃらないほうが、波動は軽く、ワークはしやすいものです。

 

さっそく、現状のビジネスの状態を潜在意識下で体験してもらうと、

 

Sさん「真っ白い空間、かなり明るいところに自分がいます。周りは特に何も見えないです」

 

そこから、わずかに現状のパラダイムをシフトしてもらいます。

 

「角度でいうと15度くらい・・・

真っ白い空間がさらに明るくなって、自分がチャンスやきっかけを、星を眺めるように見上げている。

ただ見ているだけでは、ビジネスを進める障害物と同じみたい。

 

怠けたいわけじゃないけど、

つまりは、楽をしようとしているのか?

先方から、チャンスやきっかけのほうからこっちにやって来るのを待っている。

自分は静止している、


引き寄せは、自分が動くことでおこる慣性の法則だから・・・って」

 

スピリチュアルなことがお好きなSさんは、引き寄せの法則にも興味があり、頻繁に使いたいと思っているような方です。

それが、基本的な行動を取ることを、むしろ妨げてしまったのかもしれません。

 

その後いくかのパラダイムシフトのワークを体験した後に、角度を取るなら、ほんの2、3度の微シフトで大きく違いが現れることを発見していらっしゃいました。

 

Sさん「わずか何度かの違いにポイントがある!
魔法のように契約が決まって気持ちいいし、決まるだろうと自信を持っている!

トントン拍子。相手は即答、思うように進展してる」

 

誘導中は淡々と体験の状況をお答えになりましたが、それがリアルに起こっている体験をすると、セッションの後は気持ちのよい自信が湧いてきたようです。

 

「きっと大して現実の状況、条件は変わらないんだと思います。

でも、私が微調整すると、へぇ、こんなに違うんだということがよくわかりました。

私、星を眺めちゃってたんですね〜(笑)」🌟

 

悶々としていた渦中では笑えなかったと思いますが、ピンポイントでパラダイムを当てると、笑えてくるのはわかります。

そして、Sさんのビジネスに限らず、ほかの日常の場面や習慣などにおいても、この微シフトは応用していただけるでしょう。

 

個々人で、引っかかりどころは微妙に異なるものの、Sさんのように、

 

「引き寄せの法則はよく知っているけど、今いちそれが使えてないんです」

「話はわかるけれど、自分が引き寄せ方がわからないです」

「引き寄せ系の本はたくさん持ってます!(上手くできてないですが)」

 

と感じていらっしゃる方は、何かヒントになると思います。

 

特に頭で知っている、理解していて、実行できないようなことについては、必ずしも180度(正反対)なアプローチとは限らず、わずかな誤差のようなところに、大きな結果の違いが現れるようです。

目下、私もクライアントさんのさまざまなケースに、パラダイムの不可思議で深いところにハマっておりますニコ

 

パラダイムシフト・春モードへ

 

3月21日(木) 春分の日オンラインワークショップ

「春のパラダイムシフト」

 

①午前の部 10:00 - 12:00

②夜の部 18:00 - 20:00

 

パラダイムシフト・春モードへ

上差しこちらから「パラダイムシフト」3分動画をご覧いただけます。

仕事・ビジネスのパラダイムシフト①

3月に入り、お仕事やビジネスに関するご相談テーマが増えてきました。

実際、職場や部署が変わる、転職、異動が実施される春です。

 

潜在意識のパラダイムシフトのテクニック(手法)はいくつかありますが、システムやフォーマットに関連するシフトは、数字や変数を用いる、というやり方でワークをやります。

 

私たちは日常的に「数字」に親しみがあり、おおいに影響も受けていますから。

 

時間、お金を筆頭に、さまざまな価値を計測する数字ですから、

比較的オールマイティなテーマで、数字を使っています。

 

対個人でなく、グループ、ワークショップ形式で一斉に体験していただくときも、数字・数値は使いやすいやり方です。

 

 

Wさんは、「仕事のはかどり方がイマイチで、もどかしい」というご相談です。

パラダイムシフトに興味を持ち、もともとは情熱をもってやってきたビジネスについて、さまざまにパラダイムを調整したほうがいい、とお感じとのこと。

 

まず、現状に具体的に遡り、体験に入っていただきました。

 

「薄暗い中に入る。少し動くとぼんやりと見えてきますが、立ち止まると暗くなって、見えないんだよね」

 

つまりそれは?

 

「つまりこれは。。。暗中模索、ですかね」

 

パラダイムをある度数で動かしてもらいます(パラダイムシフト)。

 

「(意識の中の体験で)だんだん明るくなってきた・・・暗中模索は好奇心を持つと抜け出せる、らしい」

気づきも自然に起こります。

 

そこで、暗中模索であるときの詳細まで深く入っていただくと。

 

「自分でまったく自覚しないくらい、深いところにある、深層心理だと思うけど。

暗中模索とは、身を守るようにゆっくり進み、リスクを避けていることみたいだ・・・

さっきの度数に意識を合わせるとすぐ明るくなるわけよ・・・

 

仏教はよくわからないけど、〈煩悩〉とこの暗中模索は関わりがあるらしい」

 

おそらくWさんは無意識に暗中模索な状態に入りやすかったのでしょう。

 

さて、暗中が明るくなれば、目指すところに前進するのでしょうか?

 

「ビジネスは結果にこだわることじゃない、プロセスだ。と言われている気がする。メッセージかな?

自信がないと結果にこだわる。自信があればプロセスを楽しむ・・・らしいです」

 

なかなかWさんの核心をついているようです。

 

このセッション中にも

「身体がふわ〜と柔らかくなるときがあった、ほぐれる感じでした」とのことで、おのずとエネルギー(氣)が流れたご様子でした。

 

後日メールで感想を送っていただいたところ、ご自分でお気づきになったことを書き出したそうです。

 

「そんなつもりではなかったはずが、自信のなさから結果や成果を気にしていたことに気がつけてよかったです。

パラダイムを微調整しながら進展してゆく感覚がわかりました。

結果は方向性に示すもので、パラダイムを微調整しながら進むなかで仕事に自信がついていくと、今はわかります。

今回の体験で、自分のビジネスのキモがわかり、キモがわかったらワクワク、さぁやるぞ!という気持ちが湧いてきました。


体が特に首から背中にかけて軽くなり、呼吸が深くなりました。

これがエネルギーが流れることなんだとわかり、嬉しいです。目がスッキリ見えて視界がクリアになり、驚いています」

 


パラダイムシフトを体験している間にも、予想以上に体感に違いがあるようです。

実感がある経験をすることは、唯一無二ですから。

 

パラダイムシフト・春モードへ

  •  3/14 一時的にサーバーメンテナンスのお時間がございます👷‍♀️

 

 

【春のパラダイムシフト】オンラインワークショップ

 

2019年3月21日(木祝)

 

① 午前の部 10:00-12:00  JST

     (自由参加)12:00-12:20 Q&A   V R ティーブレイク☕️

 

② 夜の部  18:00-20:00 JST

     (自由参加)20:00-20:20  Q&A   V R ティーブレイク ☕️

 

③ 1日参加 午前の部+夜の部

 *ワーク内容は同じですが、ダブルでパラダイムシフトがご体験いただけます!

 

パラダイムシフト・春モードへ

  • 3/14 一時的にサーバーメンテナンスのお時間がございます👷‍♀️

個人セッション

「タイムトラベルセラピー®パラダイムシフト」

 

春分の日オンラインワークショップ【春のパラダイムシフト】

春の陽射しと温かさをグッと感じるようになりましたね。

都内は梅のピークが過ぎ、風邪から花粉症の方々のマスクが一層目立ってきました。

 

それもそのはず、来週3月21日(木祝)は春分の日です。

 

春の特別な日ならでは!ということで、

潜在意識人生と掛け合わせてのテーマでワークショップをお届けいたします。

 

今回は、やや本格的なオンラインワークショップです。

 

☆2月「バレンタイン・メディテーション」は初のオンラインミニWSでしたが、快くご参加くださった方々のおかげ様で、今回はバージョンアップしております。

 

春の節目と、潜在意識のパラダイムシフトを掛け合わせたパワーにあやかろうと狙っております。

 

2月からの期間限定メニュー「タイムトラベルセラピー®パラダイムシフト」では、じっくりご自身のテーマについて受けていただいておりますが、ワークショップならではの、ユニークな方法で誘導をしていきます。

 

少しアカデミックな切り口ですね。

社会生活や日常での精神的な軸をしっかり調整するパラダイムシフトは、体験そのものが大変面白いです。

 

最近は、一般にスピリチュアル初心者の方々は見かけなくなり、多かれ少なかれ、外からの情報として知っていることが多いかと思います。

 

それは有利な一方で、外からの情報を自分自身のエッセンスまで落とし込めていなかったり、内なる感性での気づきより知識によるスピリチュアルノウハウに頼ってしまう傾向は否めません。

そういう時期もあります・・・

 

というわけで「パラダイムシフト」のワードに閃きを感じ、ご興味がありましたら、まずは、こちらにアクセスくださいませ!

 

パラダイムシフト・春モードへ

  •  3/14 一時的にサーバーメンテナンスのお時間がございます👷‍♀️

 

ワークショップページはございますが、動画をご覧いただくと「パラダイム」「パラダイムシフト」の超基本が3分(2:55)でわかるようにしています。

 

 

 

 

動画の前に、皆様に「今のあなたのパラダイムを季節に例えると?」という状況に興味があり、お伺いしています。

ちょっとお手間ですが、ご自身を季節に置き換えるのもプチ・イメージワークです!

 

これから一週間は、パラダイムネタが続きますので、すでにシフトされている方は、なんとなくお目通しください。

 

ちなみに、ワークショップの日程は・・・

 

 

【春のパラダイムシフト】オンラインワークショップ

 

2019年3月21日(木祝)

 

① 午前の部 10:00-12:00  JST

     (自由参加)12:00-12:20   Q&A   V R ティーブレイク

 

② 夜の部  18:00-20:00 JST

     (自由参加)20:00-20:20  Q&A   V R ティーブレイク

 

③ 1日参加 午前の部+夜の部

 *ワーク内容は同じですが、ダブルでパラダイムシフトがご体験いただけますね!

 

それでは、パラダイムシフトの入り口はこちらから!

パラダイムシフト・春モードへ

  •  3/14 一時的にサーバーメンテナンスのお時間がございます👷‍♀️

 

個人セッション

「タイムトラベルセラピー®パラダイムシフト」

 

 

 

 

成功しないためのパラダイム

「成功したい!」という理由で始めることは、成功するハードルを非常に高くします。

つまり、成功しにくくなります。

 

理由は、2つあります。

 

① ハードルが高すぎて越えられない。

② 間違ったハードルを越えようとしている。

 

昨今の時流では、たとえば「ビジネスや仕事で成功したい」などがわかりやすい例でしょうか。

 

夢、目標、生きがいとなり得ることで「成功したい!」ところから一歩を発進したり、

 

最初は純粋に潜在的な成功の道を歩んでいたものの、周囲の風に乗って「成功したい!」と思いはじめ、道を逸れたり、高いハードルを構えたりします。

 

特に、世の中が漠然と抱いている「成功の証」「成功の象徴」を目指し、追いかけはじめると、本来注ぐ努力やエネルギーは異なる次元に注いでしまいます。

 

また、「成功の証」「成功の象徴」に関心を向けさせ、志や生きる愉しさの本質の目曇らせるような情報は多々流れているようです。

 

「成功の証」「成功の象徴」を追うことはわるいことではありません。

しかし、その次元のパラダイムでうまくいったように思えても(幸い、長くはうまくいかないのですが)常々、他人を喜ばせ続けたり、他人の目を惹きつけ続けなければなりません。

 

どんな分野にも共通する「真の成功」というものが在るとして、そこに至るハードルを下げ、かつ、正確なハードルを越えるなら?

 

  (ハードル=やはり試練や努力は要ります)

 

「成功の証」「成功の象徴」を目指さないことです。

 

たとえば、それらは数字で示させることが多いのですが、年収、順位、数を示すような比較や評価などです。

それらを結果的に成した方々は、もちろん途中には経緯や葛藤はあったでしょうが「真の成功」に至るものを掴んでいらっしゃるはずです。

 

 

新しく大きなビジネスを立ち上げたいと、精力的に活動圏を広げているNさん。

 

「いろいろとアイディアも湧いてくるし、いいなと思える話はどんどん進みます。

出資先も有望ですし、どれもカタチになりそうです。

しかし、どれから始めていくか?

贅沢というかありがたいですが。

やはり○○○のような○○億は目指して成功したいので・・・」

 

Nさんはけっして守銭奴ではありません(念の為)。

 

ただ、ご自身の成功の証、やりがいの証として大きな数字を挙げていらっしゃいます。

 

タイムトラベルセラピー®のパラダイムシフトで、

 

「何か発想の次元が広がれば・・・・」とNさん。

 

Nさんにおけるビジネスのパラダイムを調整していく誘導を進めると・・・

 

「成功が壁!」

 

言葉が浮かんだのか、どこか上から降りてきたかのようでした。

 

「はぁ、成功が壁ね」

 

もう一回、確認されながら、

「この壁ね、なくなると、決断が早いし、いろいろすぐわかる、決められるねー」

 

とのこと。

 

成功を目指すことが、ストレスになっていたのかもしれません。

          ↑昨今、病院でもどこでも使われる、比較的便利な言葉になっています(笑)

 

さて、そろそろ本コラムをまとめまして。

 

さまざまな「真の成功に至るもの」の中から代表的な3つを挙げるなら、

 

1 楽しむ(愉しむ)

 

2 完全集中・没頭

 

3 自分らしさ(自分だから、自分として、など)

 

ですね。

 

 

   いや、運でしょう?

    人脈でしょう?

      才能あってこそ!

         金じゃ! 

           much more

 

 

いえいえ、それらは後付けについてきます。

 

真の成功に至るところで、才能を開花させます。

真の成功のところに、それをかぎつけた?運、人、金 などが集まります。

 

皆さまの周りで、はたから見て成功している人たちを観察するなら、いずれかの要素をお持ちかと思いますがいかがでしょう。

結局、成功かどうかは、外野が勝手に?判断します。

 

自分が「真の成功に至るもの」を何か抱いていなければ、外野の判断や批判に振り回されたり、苦しくなるでしょう。

 

「真の成功に至るもの」を持っているなら、どんな判断や批判も応援や厳しい励ましに変換できるものです。

 

 

魂・精神的にも、ご自身が納得するところで活きる人生は、きっと本質的に幸せな人生ベスト3に入ります!

神(創造主)レベルの成功があるとしたら、時の社会の基準、地球における成功を目指すことは2時間ドラマの10分に満たないかもしれません(笑)

そういう意味での成功のパラダイムですウインク

 

 

タイムトラベルセラピー®パラダイムシフト

 

雨にも負けず?@東京マラソン2019

3月3日(日)初めての東京マラソンに出走しました!

 

抽選倍率12.5倍と聞いていますが、2回目で当選したのはかなりラッキーかもしれません。

 

さて、当日は天気予報どおり(こちらも当たり)あいにくの雨。

 

気温は低めと予測できましたので、ファイントラックを2枚重ね着し、ホットジェルを足や首回りにも塗って肌の暖を保つことに。

ファイントラックとの出会いは、マラソンの練習を始めた2016年10月。

冬用と春〜秋用があり、今日は冬物+ノースリーブのインナー版ファイントラックを下に着ました。

 

スタートまでの運営は非常に整然としており、ゲートごとにナンバーが分けられているので、まったく混乱を感じませんでした。

 

都庁前あたりの西新宿地下道を通過し、地上に出るあたりでセキュリティチェック。

 

空港の手荷物検査、チェックインと同様、ペットボトルなどの飲料やスプレー缶入りのもの(100mlまでOK)は没収。

 

ランナーたちも金属探知機を通過し、検査済みの手荷物を受け取りました。

 

すでに雨〜

ほかの都市型大会と同様、手荷物を指定トラックに預け、ゼッケンのスタート地点に並びます。

 

なんとなく雨のせいか、開会式は低空飛行ながら、都知事と日本陸連会長のご挨拶、招待選手の紹介、君が代斉唱などが進みます。

 

そびえる都庁の上空を中継ヘリコプターが数機飛んでいますね。

 

9:05 車椅子競技がスタート!

9:10  ランナー on you mark!!

 

号砲を聞くと復活するランナーたち。

私のGブロックはスタート地点まで10分かかりました。

 

スタートすると、これまで雨でしょんぼり気味だったテンションが急に上がりました!

アドレナリンが出るのでしょうか?

 

都庁前から新宿ー歌舞伎町へ一気に下り、その先は飯田橋、四谷など総武線沿いのコースです。

電車を利用するより、走るほうが、なぜか感覚的に早い感じがします。

 

沿道の声援は、ほぼずっと続きますが、エリアによって声援の内容が変わりのも面白いです。

 

神田を抜けて日本橋を一部通り、新大橋通りへ入ります。

このあたりは、志麻ヒプノが「水天宮前」駅最寄に事務所があった時代を思い出し、懐かしかったです。

 

浜町、明治座前を通過し、浅草方面へ。

 

その途中で、早くも先頭集団の折り返しとすれ違い、異様なスピードを浴びました!

異次元な走りです!

 

両国手前あたりからスカイツリーが見えます。

 

やがて雷門を目視。浅草を終えると清澄白河、門前仲町へ向かいます。

このあたりは一般の方も応援に加わり、傘を片手に声をかけたりハイタッチをして元気をくださいます。

 

私もここでラン友さんが応援に来てくれているのを発見!

自分のあだ名を書いたボードにふさふさをつけて目立つようにしてくれたのですね〜

 

一瞬だけ沿道に行き、「わぁー!きゃー!がんばって!」などの会話を交わし、再びコースに戻りました。

 

応援に行ったよ、という友人や、マラソンボランティアをしている友人は見つけられず残念。

 

門前仲町を折り返し、再び両国方面へ戻り、日本橋から銀座中央通りに入ります。

目抜き通りの銀座は、走るとあっという間でした。

1丁目から4丁目交差点までですから。

 

和光の角を曲がり、

 

こちらは前日の撮影。なんという晴天!

 

日比谷通りへ。

 

品川に向けて、ひたすら走ります。

多少のアップダウンはあります、それほど足にこないレベルです。

 

少し道が曲がったように見えるのですが、東京タワー、増上寺など観光メッカがコースです。

 

泉岳寺駅を通過したのも記憶があります。

品川手前でくるっと折り返し、再び日比谷を目指して走ります。

 

35kmあたりで、風船をつけたペーサーさんたちを発見!

 

「いける、いける!がんばって!」というパワーギッシュな声に引きずられ、いえ、ここは引っ張っていただくことに決定。

 

給水もほぼ通過し、39kmあたりで

「ここが東京マラソン最後の給水ですよ!」

 

記念に?一口飲んで、丸の内仲通りにつなげることにしました。

 

ここまでくると、辛くても「もう終わっちゃう」という感覚になります。

ほかの大会でも30kあたりで緩慢になるか、足が重たくなるわりに、ラストは名残惜しくなります。

 

名残惜しくなる最後の2,3kmは、2週間前の京都マラソンと同じく、今日一番のスピードを出し尽くして、東京駅へ。

 

今日の大会で、水たまり避けにもすっかり熟練していますから、足元さばきも良好。

 

ペーサさんたちの「もう追い越していって、そのままフィニッシュしてください!」という声を背に、

そして、東京駅を背にして走り、フィニッシュゴール!

 

いつもはあまり追わないのですが、今回はペーサーさんたちの貴重な役割に感謝するばかりです。

 

振り返ると同じくらいのタイムのランナーさんたちも走り切ってゴール。

手がかじかむ中、直後を写真撮影しながら、進行方向へ歩いていきます。

 

いつも練習で見慣れた皇居の景色にホッ。

 

フィニッシャータオルとメダルをかけていただき。

 

ゴールを背景に記念撮影。

 

水、ポカリスエット、ランチパック、乳酸菌飲料、強炭酸ゼロビールなどを受け取り。

 

そして、ここから今日一番の寒さを味わいつつ・・・ガーン

大手町の荷物受取場まで800mくらい歩いて、温かいビル内の更衣室に到着!

 

個人的にはここまで雨が降りっぱなしだった大会は初めてでしたが、走りにくいことは除き、東京マラソンならではの東京らしさを満喫できて本当に愉しかったです。

 

ふだん知っている東京をこんなふうに、しかも38,000人のランナーと走り抜けることはそうそうないですから。

シックスメジャーの1つとして、世界中からランナーが訪れる国際色も大変魅力だと思います。

 

あらためて、2016年10月からマラソンの練習を始めて、約2年半を振り返ると、ランニングからの好影響は計り知れません。

 

作家さんやプロ・セミプロランナーさんは別格として、私には言葉に置き換えることができない楽しさや難しさが満載です。

 

ということで感謝とリスペクトの想いを込めて・・・

 

ありがとう東京マラソン2019

 

P.S. 山中教授も京都マラソン→東京マラソンに出走されたとニュースで知りました。京都MでPBを更新され、東京Mも3.5切りと速いのですね。

私は東京Mのほうが3分ほど早かったですが(笑)

 

P.S.2 てるてる坊主は、雨が降ったので顔を描かずに処しますイヒ

(ちなみに晴れた場合は顔を描いてお酒をかけて処します)

東京マラソン・フレンドシップランでおもてなしRun〜♪

気持ちよい3月の晴天のもと、フレンドシップランに参加してきました。

東京マラソンの前日イベントです!

 

こちらは2000人参加のうち、1500人は海外からのランナーさんで、もちろん明日東京マラソンを走ったり、応援で一緒に来ている方々が多いです。

 

500人は日本人、東京マラソンに参加しない人もOK。

 

世界各国から・・・お台場に向かうゆりかもめも”世界”でしたキラキラ

 

英語、中国語、韓国語、スペイン語など、多言語でボランティアさんが案内していらっしゃいました。

 

9:30受付開始、10:40開会式までに、更衣テントで着替え、トイレ、荷物預けを済ませました。

 

広場に集まる前にラン友さんたちと!

おもてなしランで、日本のお祭り法被を着たり、参加賞でいただく「友情」手ぬぐいをハチマキにしてスタンバイ。

 

私は、世界で活躍しているキティちゃんで失礼します(笑)

 

BMWは東京マラソンのオフィシャルスポンサーですね。

 

スタート前のお約束。

 

広場にゾクゾクと集まっていますね!

 

お天気も爽やかです。

 

キティは自撮りにも活躍(笑)

 

マリオの仮装は外国人に人気。

 

イギリスから来たランナーさんたちと。

 

こちらは台湾から。キティーのせいで仮装勢と写真を撮る会になってますねー

 

開会式で盛り上がってきました。

 

ステージパフォーマンスがあり、この後ラジオ体操第一。

英語バージョンがあるとは知りませんでした。

英語版ラジオ体操もほのぼのして良い体操ですね。

 

ぞろぞろとスタートラインに並びます。

 

お台場3.5km ゆるゆるとのんびり走り、止まって写真を撮ったりハイタッチをしながら。

 

おもてなしと交流を楽しんでいる感じです。

 

おっと、キティちゃんに遭遇ウシシ

 

3.5kmでもちゃんと給水がありました。

 

応援の演奏も♪

 

そろそろフィニッシュが見えてきました。

 

もうゴールです(早っ)。

 

ゴール後は、カロリーメイト(メイプル味)とポカリスエットをいただき、和太鼓の演奏を聴きながら。

 

甘酒に並びます。

明日はお雛祭りだし・・・

 

すでに甘酒は無くなっており(涙)

ラン友さんが「いっぱい注ぎすぎたんじゃない?!」とガーン

 

11:50分に終了し、日差しを浴びながら・・・・

 

東京マラソンの受付会場は土曜日なので大混雑ですね!

 

明日は東京マラソン

その前にフレンドシップランでとても楽しくリラックスしましたラブラブ

 

フレンドシップランは、先着順申し込みですので、ファンランでゆるく走りたい方にはオススメかと思います!