ホーム > コラム

最近の投稿
「ヒット商品をつくった女性たち」掲載いただきました
大殺界の過ごし方
新春☆新進のポイント3「自分に尋ねる」
新春☆新進のポイント2「卒★漠然とした不安・心配」
新年☆新進のポイント1「変化より進化」
 
アーカイブ
2019年1 月 (5)
2018年12 月 (8)
2018年11 月 (6)
2018年10 月 (13)
2018年9 月 (8)
2018年8 月 (7)
2018年7 月 (8)
2018年6 月 (11)
2018年5 月 (6)
2018年4 月 (6)
2018年3 月 (11)
2018年2 月 (6)
2018年1 月 (14)
2017年12 月 (8)
2017年11 月 (13)
2017年10 月 (12)
2017年9 月 (15)
2017年8 月 (20)
2017年7 月 (11)
2017年6 月 (10)
2017年5 月 (12)
2017年4 月 (10)
2017年3 月 (9)
2017年2 月 (5)
2017年1 月 (12)
2016年12 月 (18)
2016年11 月 (11)
2016年10 月 (6)
2016年9 月 (15)
2016年8 月 (27)
2016年7 月 (7)
2016年6 月 (8)
2016年5 月 (11)
2016年4 月 (6)
2016年3 月 (19)
2016年2 月 (5)
2016年1 月 (7)
2015年12 月 (6)
2015年11 月 (4)
2015年10 月 (5)
2015年9 月 (7)
2015年8 月 (6)
2015年7 月 (13)
2015年6 月 (1)
2015年5 月 (1)
2015年4 月 (10)
2015年3 月 (21)
2015年2 月 (15)
2015年1 月 (16)
2014年12 月 (13)
2014年11 月 (10)
2014年10 月 (17)
2014年9 月 (16)
2014年8 月 (21)
2014年7 月 (8)
2014年6 月 (16)
2014年5 月 (13)
2014年4 月 (12)
2014年3 月 (12)
2014年2 月 (13)
2014年1 月 (11)
2013年12 月 (8)
2013年11 月 (16)
2013年10 月 (21)
2013年9 月 (19)
2013年8 月 (5)
2013年7 月 (5)
2013年6 月 (7)
2013年5 月 (10)
2013年4 月 (11)
2013年3 月 (21)
2013年2 月 (9)
2013年1 月 (9)
2012年12 月 (17)
2012年11 月 (19)
2012年10 月 (14)
2012年9 月 (8)
2012年8 月 (13)
2012年7 月 (10)
2012年6 月 (12)
2012年5 月 (18)
2012年4 月 (17)
2012年3 月 (11)
2012年2 月 (9)
2012年1 月 (15)
2011年12 月 (4)
2011年11 月 (9)
2011年10 月 (8)
2011年9 月 (6)
2011年8 月 (16)
2011年7 月 (13)
2011年6 月 (10)
2011年5 月 (12)
2011年4 月 (11)
2011年3 月 (19)
2011年2 月 (15)
2011年1 月 (8)
2010年12 月 (12)
2010年11 月 (7)
2010年10 月 (15)
2010年9 月 (11)
2010年8 月 (9)
2010年7 月 (10)
2010年6 月 (14)
2010年5 月 (20)
2010年4 月 (15)
2010年3 月 (19)
2010年2 月 (19)
2010年1 月 (20)
2009年12 月 (16)
2009年11 月 (13)
2009年10 月 (24)
2009年9 月 (9)
2009年8 月 (7)
2009年7 月 (13)
2009年6 月 (11)
2009年5 月 (9)
2009年4 月 (6)
2009年3 月 (5)
2009年2 月 (7)
2009年1 月 (7)
2008年12 月 (5)
2008年11 月 (6)
2008年10 月 (3)
2008年9 月 (4)
2008年8 月 (2)
2008年7 月 (3)
2008年6 月 (5)
 
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)QRコード
MySpace Japan
facebook
電子書籍 幸運女子・強運女子になるためのライフマネジメント
オーディオセラピー 「アストラル銀行(宇宙銀行)」CD 販売
10分間瞑想シリーズ 新登場
オーディオセラピー 2枚組CD 販売中
オーディオセラピーCD化!
アマゾン HMV
TOWER RECORDS 山野楽器
新星堂 i Tunes Store
Jazzy Music

COLUMN

「ヒット商品をつくった女性たち」掲載いただきました

 

「ストレスエイジングケア」と「インナービューティ」をメインにオーディオセラピー、瞑想コンテンツをご紹介いただきました。

 

一般社団法人はたらく未来研究所さんでは、未来の働き方を総合的に研究され、女性の活躍、働き方のスタイル、商品開発、労働健康、諸外国の仕事情勢など多岐にわたり、わかりやすく紹介しています。

 

そのなかで「ヒット商品を作った女性たち」のコーナーがあり、昨年秋に取材のコンタクトをいただきました。

 

この2点は、夏のビューティーフェア出展をターゲットに、ソルフェジオ周波数とアファメーションを導入した(当時)初試みのビューティ系コンテンツです。

本来は女性限定というわけではないのですが、内側の健康や、ストレスケアという意味では、老若男女、ペットもお使いになれますよ。

 

ヒット商品の認定はともかく(笑)なにか当たっている感じが心地よく、取材を受けさせていただきました。

志麻ヒプノ・ソリューション掲載ページ

↑いきなり画像が大きく出ます、ご注意ください(^^;
 

こういう機会があると、10年ほど前、ネットでコンテンツを販売し始めた経緯を思い出します。

 

2006年末に2冊本を出版していただいた後は、セラピーのご予約が3ヶ月待ちの状態でしたから、3ヶ月は死ねないなぁ、というタイト感がありました。

それはそれでやりがいがありつつも、本来は問題や悩みを抱えている人自身は、潜在的に応えや対処方法を知っているわけで、それならご自分で体験しながら小さな問題なら解決できるのはないか?癒しやストレス解消は一時的なものでなく、習慣的なことでは?と考え始めました。

 

折しも、Appleが世の中にiPodを輩出し、iTunes Storeがオープンした頃です。

自分は音楽を聴くには、すぐにAppe教に染まりましたので(笑)当時ジャンルとしては小規模だったオーディオブックのように、セラピーをコンテンツにできると思いました。

 

しかし、まだOSはWindowsのほうが圧倒的にシェアが高く、AppleのMacはシェアが低い分、データの互換性が難しい、などなど難問あり。

ともあれ、どうやったら制作したものを売れるのか?銀座のアップルストアに直接尋ねに行ったのが、実際のスタートとなりました。

 

制作では、今の音楽担当Yさん、ジャケットデザインのKさんは、お二人とも制作陣2代目ですが、もう9-10年のチームになります。

 

ここ2、3年前から、すっかりスマホやダブレットが普及し、通信環境が大幅によくなり、また音楽業界・コンテンツマーケットの法的な事情が変わり月額制や聴き放題サービスが可能になりました。

ヒーリングや瞑想、スピリチュアルは自然な文化や習慣になり、ますます活況です。

 

趣向、好みはあるでしょうが、おかげさまで、当初から「おうちでセラピー」「オーディオセラピー」をご活用くださっている皆様がとても多くなりました。

ありがとうございます。

 

ちなみに、「ヒット商品」は、さまざまな業界の商品開発を扱っています。

それぞれに経緯や工夫、エピソードがあり、面白いですよ。

ぜひご覧ください!

ヒット商品をつくった女性たちTOP
 

 

大殺界の過ごし方

六星占星術の「大殺界」・・・占いの世界にとどまらず広く浸透しているワードですね。

平成の終盤を迎え、昭和時代を象徴するワードのひとつにも感じられます。

 

ところで、年始のセッションでは、今年2019年も

 

「実は今年、大殺界なんです。気にしないようにしてはいますが、やっぱり静かにしていたほうがいいんですかね?」

「一応、大殺界の年なので、心配です」

「大殺界なので、イヤーリーディングはどうしようかなぁと思ったのですが(一応来ました)」

 

と、セッションのどこかで吐露するクライアントさん方がいらっしゃいます。

 

それほど、細木先生のインパクトは強い!とリスペクトしつつ、きちんと六星占星術のセオリーを学ぶなら、怖がるより適切な過ごし方があるのだろう、と推察します。

 

 

また、大殺界問題の相談があるのは、この業界でよくあるあるでしょうから、少し検索すれば、気が安まるような記事や情報が見つかりそうですよ。

そもそも、元気なときは、占いや鑑定、はたまた人のアドバイスや情報にそれほど影響されません。

 

多少は感化を受けても、イイところだけ活用したり、好ましい解釈を選択するでしょう。

元気がない、気が落ちているところに、ネガティブなイメージの占いや情報を聞くと、かなり引っ張られます。

 

さて、毎度、ケースバイケースが前提ですが、いつもは対面セッションが多いSさんが、めずらしく電話カウンセリング(セラピー)でご相談されました。

 

Sさん自身の人生の中で、古い時代から新しい時代へ移行するタイミングにあり、それはまさに平成から新元号の今とダブります。

元号が変わるという一大行事は、既に進行している流れを体現する節目を表していると感じます。

 

Sさんは、セッションの終わりがけに、

 

「・・・だいたいわかりました、大丈夫です。

ところで、いろいろお話しをした後にくだれらない質問かもしれませんが・・・

 

実は今年、大殺界で。

母親が大殺界を信じていて、自分の刷り込みになっているのか、今こういうことは起こすのはよくないと考えがちです。

何か注意することはありますか?もしあれば・・・」

 

そうそう、だいたい大殺界のご相談は、みなさま最後に質問なさるんですよ(大殺界あるある・・・笑)

 

Sさんの場合は、

 

「いつもどおりでいい」

という明るい背景とメッセージが出てきました。

 

つまり、ふだん気をつけるようにいつもどおりということです。

 

日常遣いで、私たちが「気をつける」というと、たとえば、

 

「気をつけなかったら、指を切った」

「気をつけなかったから、お皿を落として割った」

 

などという、否定的は感覚かと思います。

 

しかし、ここでいう「気をつける」は、指を切ってり、皿を割ってしまったことは、「気をつけるが始まっている」というニュアンスです。

注意を促すことが起こっているから、プチアクシデントとして現れています。

 

類似の波動の例を挙げると、

 

「病気になったところから、癒し始まっている」

という東洋医学的な思想、捉え方がありますね。

 

また、Sさんのセッションに関連して多くの方に共有できる大殺界対策!を少し書かせていただきますね。

 

・大殺界の次元より高いところに意識を持って生活すれば、さして影響は受けないし、受けていても関連性を感じない。

 


・高い意識は低い意識を調整や操縦しやすいし、理解や解釈に自由がきく(高い場所から地上が見えるように)。

 


・自然界には、法則性、摂理、周期などが意味や価値をもつ次元があり、占星術も代表的なもので、人間がより生きやすくなるための方法。

 

・「種子ー緑生ー立花ー健弱ー達成ー乱気ー再会ー財成ー安定ー陰影ー停止ー減退」のサイクルの中で、大殺界はひとつのシーズン。

 


・大殺界を警戒するのは、理想的な世界とそうではない世界があるため、人の心にある恐れを刺激することで、指針にも制約にもなる。

 


・恐れに影響されていないとき、つまり魂(本質)が自由であるときは、大殺界の摂理にも限定されない。

 

メッセージ的な浮き出しだったため、箇条書きになりました。

 

 

まとめると、日々の生活でとかく身体を伴う活動が減っていたり、行動が制約されている時間が長いと、法則、摂理、理論、迷信、風評の影響を受けやすくなります。

頭でっかちになり、気の巡り、血の巡りがよろしくないのです。

 

すると、非現実的なことが現実に感じられ、真の現実がわからなくなっていきます。

直感を鈍くする価値観に、直感が負けてしまうようです。

 

また、熱中したり、活力が上がること、ワクワクすること、しごかれること!人生を賭けること、仲間がいること、愛や愛情をそそぐものがある、よく眠る、などなど、習慣的に心得ておくと、殺界期の緩衝材になります。

 

一方で法則、摂理、理論、迷信、風評は、思考を組み立て管理したり、楽しませたり、かりそめの救い等といった働きもあります。

ちなみに、体質や気質のように、大殺界、自然説、磁場説などにやたらと影響を受ける性質の方もいらっしゃいますよ。

 

 

 

ある程度、ご自分の意志やポリシーをしっかりお持ちであるなら、Sさんのケースに近いメッセージがご参考になればと思います。

 

(注)本文は、六世占星術の専門鑑定について肯定・否定をするものではありません。

 

 

少し気になる問題がある、セラピーを受けに行けないとき

電話・Skypeセラピー

 

新春☆新進のポイント3「自分に尋ねる」

ポイント1「変化より進化」

ポイント2「漠然とした不安、心配を卒業する」

 

に続き、ポイント3を解説して、新春シリーズをまとめたいと思います。

 

3)自分に尋ねる

 

内観、内省と言ってもよいかもしれません。

ご自分自身のダイレクトな問題や課題だけでなく、第三者が関わっていたり、物理的に外側で起こっている出来事についても、実用的な解決方法です。

 

一番身近な自分自身のことが一番疎いこともあれば、

やはり、自分自身が応えを知っている、

ということがあります。

 

意識をしっかり自分の軸・核に向けるなら、自分自身が応えを知っているものです。

しかし、無意識にも意識的にも自分から目を背けていたり、思い込みで理解していると、知っているはずの応えは出てこないでしょう。

 

イヤーリーディングのセッションには

 

「ハイヤーセルフとコンタクトしやすくなる方法は?」という問いがあります。

この応えは、皆さん、実にさまざまです。

 

ハイヤーセルフとコンタクト、繋がりが良いときは、きっと皆様にもあると思います。

 

繋がりがよいときは、理由がなくても「わかる」ような感覚が働きます。

直感やインスピレーションが活発です。

よって、周りの影響に左右されるより、自分エネルギーを発することで人間関係や物事がスムーズに運びます。

意志や意思がクリアで明晰です。

思ったとおりに動ける、という具合です。

 

ハイヤーセルフは「高次元の自己」と訳されます。

 

ある程度高い次元での意識は、肉体や物質レベルでの分離した意識ではなく、一体感や集合性の無意識が強くなります。

言わずとも、わかる、感じることが自然になります。

 

本音や実態がわかったり感じとっても、それに対してネガティブに感じたり、受け取ることはありません。

ネガティブに解釈する意識は、意識が分離している性質上、判断、批判、優劣、善悪、上下などを得意とします。

 

Uさんは、昨年後半から職場の人間模様や体制に気を遣うことが多くなり、ご自分がリーダーシップを発揮してよい役割でありながら、周りの状況を伺いみて「どうしたらいいか?」「どうすべきか?」という考え方になっていました。

リーダーでありながら、本末転倒な流れになってしまうと、なかなか舵取りが難しくなりますね。

 

このUさんの「ハイヤーセルフと繋がりやすくなる方法」は、Uさんのハイヤーセルフによれば・・・

 

「自分に尋ねて」(質問して)

 

というもの。

 

リーディングをしているときの意識では、「はい、それはご尤もですよね」

という感じがしました。

 

ハイヤーセルフは、余計なこと、頼まれもしないことはしないので(それは本人の自主性・自由意志を尊重しているのですが)尋ねないと、わかるようには応えてこないのが特徴です。

もしかすると、Uさんが尋ねなくても、Uさんがわかにくいような応えやサインは教えてきた可能性はあります。

 

ハイヤーセルフはもはや達観しているので、「何事も経験」といった具合ですし、言葉やメッセージより、「気づき」という知らせ方が多いようですね。

 

 

Sさんが会社の問題に直面したとき、電車の中で意識を集中し、質問を投げかけたものの、

「応えが返ってこないです。。。でもとりあえず会社の問題として妥当な行動をします」

 

ということになりました。

 

客観的に伺っていると、Sさんの期待しているようなメッセージやわかりやすい応えではなかったようですが、「妥当な行動」を思い出し起こさせてくれたところがハイヤーセルフの計らいだったようですね。

 

ふだんから、日課的に「自分に意識を向ける」という習慣を持っていると、無意識に何か問題らしきことが発生したときに、気づきやメッセージや周囲の「状況」として、応えが起こります。

 

自分に意識を向けるのと、独りよがりな言動は、言葉のレベルでは見極めが難しいですが、言葉のカタチを超えたところからすると、否なる質です。

 

自分に上質に意識を向けている方は、他者や物に対しても自然に関心を向けています。

 

瞑想などに限らず、ご自分が没頭したりゾーンに入るようなこと、集中すること、楽しくて好きなこと、辛いけれど実はハマってしまうこと、などなどはご自分に意識を向けて、繋がっているモードです。

没頭系の人は、結構さりげなく、察しがよかったりしますね。

その察しの良さを、言動で表すとは限りませんが。

 

気遣いのつもりで周りに世話を焼きすぎてしまう方は、ご自分への意識や注力がかすれてしまい、かえってお節介であることに気づきにくいようです。

 

「自分に尋ねる」はコツは、雑念がない状態で、ある程度意識がクリアなコンディションがベターです。

また、尋ね方、質問の仕方にもコツがあります。

 

たとえば、ある出来事でイライラしているなら・・・・

 

「その出来事をどうしたらイライラしないですむか」

「イライラを消すには?」

 

などのように、問題の出来事やイライラの感じ方を変えないような質問をしても、あまりうまくいきません。

一時的にうまくいったとしても、しばらくすると似たような事態になったり、どこかで聞いたようなやり方をなぞらえます。

 

たとえば、

「気持ちが落ち着くには?」

「私は本当はどうしたいの?」

などと質問を変えるとハイヤーセルフは応えやすいようです。

イライラや出来事にエネルギーを注いでいるから、そもそもイライラするのですから うーん

 

 

「お金がない!どうしたらお金が稼げる?」

「私が豊かにあるものは?」

(その豊かに気づいて自覚し、行動化すると、お金や稼ぎに相当するものになることが多いでしょう)

 

「仕事を辞めたい、転職できる?」

→「私は何にやりがいを感じる?」

(今の仕事や役割に、ご自身のエネルギーを注いでいないことが多いようです。同じお仕事でもエネルギーを注ぐようなことになったり、やりがいやエネルギーを注ぐような仕事に移行することを示唆されるかもしれませんね)

 

コーチングやセラピーのセッションでは、コーチやセラピストがナイスな質問や問いかけをすることで、応えや気づきが起こる運びになります。

 

だから、応えや気づきはご自身の中にあるというわけで(笑)

 

何事も練習や慣れですから、ぜひご自身に尋ねる、というアプローチを試して、自信をつけていきましょう。

 

または、応えやどうしたらいいかわからないときは、「いろいろ試してあれこれやってみる!」という元気な!方法もおススメです。

 

 

イヤー・リーディング2019

新春☆新進のポイント2「卒★漠然とした不安・心配」

新進のポイント1に続いて、2をご紹介させていただきます。

 

2といえば、1月2日のまだ薄暗い明け方の南東の空には、月と金星が並んで輝いていました。

肉眼でも、大変明るく見えました。

IMG_3284

IMG_3286  

右上が金星

輝く星や、流れ星などを眺めると、不思議と不安や心配など薄らぐのではないでしょうか?

 

というわけでポイント2は、

 

2)漠然とした不安、心配から卒業する。 

 

不安や心配によって学び、経験し、修行をする時期は私たちの多くが経験します。

そのエネルギーレベルでは、物質世界を安定させる多くの価値観があります。

何かしらご自身で気づきがあるなら、恐れによる不安や心配を卒業し、ご自分も周りもハッピーである方向へ意識を向けましょう。

 

と、心理的、メンタル的にはまとめさせていただこうと思いますニコ

 

しかし、ケースバイケースということで、メンタルや精神論の着眼点ではないサインが、不安や心配に現れることがあります。

 

 

① 体調不良

体調不良も幅広いのですが、身体症状として放置しておくと「危」レベルから、イエローカード(要注意)、慢性的に放置され無自覚になっている症状、疲労などなどが挙げられます。

 

アタマはこれまでの経験や周りの情報を集めて、さも不安や心配の要因が違うものにすり替えていても、それに全く気づかないときがあります。

 

周りが気がついてくれたなら、

「疲れているんじゃないの?」

「考えすぎだよ」

「そんなに(本人が心配や不安に感じていることを)心配ないのでは?」

 

と言った反応をするでしょう。

 

体調不良を起こしている部位や症状は、とかくご本人にわかりやすいようには伝えてくれないので、発見が遅れることはしばしばあります。

いや、一生懸命、症状としてサインを出しても、時すでに・・・まったく本人が鈍くなっており、伝わらなかったのかも!

 

結果的に、人生は何回か(結構な回数)トライアルがあるので、予兆や脅かし?があり、自覚するようにはなっています。

不思議と症状や体調不良の元が判明すると、まだ症状は治っていなくても、当初のような不安や心配の感じ方が違うものです。

 

 

② ストレス、不眠(良質ではない睡眠)

 

これらは、特に「問題」化するのが特徴です。

解決したり、具体的に取り組むことはしません。

 

言葉では、あるいはアタマの中では、解決し取り組もうとしているようですが、問題化するのが仕事のようなのです。

①と変わり、こちらは精神的なところがやられている可能性があります。

現代人にはとてもよくある現象なので、病んでいるとか、劣っているという括りではないように感じますうーん

 

長くこの状態が続くこともあれば、だいたいはひょんなことで(問題を解決しようとしないところで)なんとか抜け出すことが多いのです。

 

魂(無意識レベル)が調整する、導くといった感覚的な解釈さえ自然です。

一応、意図的にこの「問題」化する不安や心配の状況から抜け出す王道な取り組みとして、魂を元気にする4法をご紹介したいと思います。

 

 

(1)感謝、感謝にあたいする、恵に意識を向ける。

朝や寝る前に、胸に手を当てて感じるとよいでしょう。

 

具体的に行動化するなら、やはりそれらを書き出すと、なお由。

 

(2)こだわったり、自らが執着しとらわれていることを許す(手放す)。

 

これらは大変魂を消耗させて、不安や心配という方法で、ご自身の行く手を阻むでしょう。

または遅延させてます。

 

(3)やりたいこと、やりたいと感じる感情や気持ちを優先し、直感で惹かれるものをやる、関心を注ぐ。

 

これは、魂の元気をキープし、進む方向を示す羅針盤です。

不安や心配の有無に限らず、むしろ日常的にそのような取り組みがあると、ハッピーといえそうですし、周囲にも無償でパワーをシェアすることになります。

 

(4)貢献、何か・誰かの役に立つことを心がけ務める。

 

これは不安や心配に多少なり陥っているときに、自らが救われることになります。

ボランティアなども王道です。元気や感謝を頂きますね。

 

また調子がよいときにこそ、人生のポリシーのひとつに据えておくと、大切なものごとを見失わず、軌道を進めてくれるでしょう。

 

 

③  エネルギー波動が落ちている

今は漠然とした不安や心配はないよ、という方はこちらがわかりやすいと思います。

 

本当に注力すべき物事、事情であれば、確認したり手段を講じるなどして、解消できるものが多いでしょう。

エネルギー波動が落ち始めると、日頃の元気な感覚や思考との違和感があるかと思います。

消耗するようなことでエネルギーを使い切っていたり、はたまた周囲の重たい波動の影響を受けている、などが考えられます。

 

重たい波動の影響を受けたとき、まだそこそこ元気があれば、むやみに影響力のせいにしませんが、引きずられるとさらに同調します。

元気なうちであれば、リフレッシュしたり、気分転換で容易にリセットできます。

 

 

と、師走から新年にかけてのクライアントの皆様方のケースから、”あるある”をまとめて解説させていただきました。

 

不安や心配そのものは、実態はないものの、何モノかが変化(へんげ)しているという特徴があります。

よって、不安や心配を無下に否定するのは筋が違うようです。

 

適宜ご参考にされ、金星のごとく!明るい新春を過ごして参りましょう星

新年☆新進のポイント1「変化より進化」

2019年は元号が新しくなる年、というインパクトのせいか、昨今、干支の印象が薄らいでいるようですねー

亥年です。

 

勢いよく進む、猪突猛進、という猪のエネルギーにあやかり、2019年は勢いよく新進するポイントの解説を3つお届けします。

1月メッセージの解説でもあります)

 

1)変化より進化 

 

「変化をしたい」「変わりたい」と多くの方がおっしゃいます。

もちろん安定、落ち着きたいという方もいらっしゃるのですが、自己成長やスピリチュアルに関心の高い方は、前者が目立ちます。

 

「変わらないままがよい」という方々の中には、そこで熟成や発酵のような成長や進化をされていることがあります。

静かで穏やかな印象を与えるので、変化していないようで、成長、成熟されていくことがしばしばです。

 

さて、「変化」の観念には、ほぼ「無意識」に、現状の問題点や変われないさまざまな理由、言い訳、無理などに関心が向いています。

 

進化は、望む方向に関心をフォーカスします。

現状であれ、問題点あれ、失敗であれ、進化の糧としています。

 

変化には具体的な方法が必要だと思い込んでおり、進化する方法は無限にあり委ねるものだと理解しているはず。 

「2019年は変わりたい!」と無意識に発言していたら、「2019年は進化する!」と表現を入れ替えてみましょう!

 

安定して変化せず落ち着きたい、という常態も、進化のプロセスです。

 

イヤーリーディングにいらしたクライアントの皆さまには、恒例の質問があり、

 

「2018年はどんな年でしたか?」

「2019年はどんな年にしたいですか?」

 

と、まるで学校の先生が尋ねるような(笑)ことからスタートします。

ご自身に意識を向けるという目的ですので、どんなお答えも有りですし、ご自身のプロセスだと思います。

 

「なかなか変わりたいと思うところが変われなくて・・・」とおっしゃるKさん。

ついつい自己反省モードになるようです。

 

Kさんに意識を合わせると、「まぁそうかもしれませんね」となりますが。

 

エネルギーの波動を上げていくと、同じ状態にしか認識していないことに、さまざまな見解や感覚が現れます。

 

「相応に日々変化している。行きつ戻りつしながら動きがあり、同じ状況にはむしろなっていない。変わっていないと思っているのは、同じ点から眺めているから」

 

「大きな変化も、わずかな変化も、進展や進化」

 

「変化についてワンパターンな捉え方がある」

 

「変わりたくないこと、変わってはむしろイヤなこともあるだろう」

 

と視点を変えるようなメッセージや画像が出てくるものです。

 

このテーマは、個々人の状況によりますが、今年のKさんの落とし処は、

「今の現状もそれなりに愉しめば、もっとスムーズに進む(進化)」

 

といった具合でした。

現状をそれなりに愉しむというのは、受容れるとか、それはそれでOKと尊重することでもあるでしょう。

すると、むしろ課題(問題)の核心に向き合うようなことが起こり、進化を由とするようです。

 

ちなみに、変化はよりエゴ(自我)に近いところで調整やコントロールをする域ですが、進化は宇宙の為せる技です。

自主的に為すこと、宇宙が導くこととには、感覚の違いはありますが。

 

たとえば、「変わりたい〜」「なんで変わらないんだろう〜」と言う方ほど、変わらないよう何かにしがみついていたり、かたや、周りから「変わったね」といつの間にか言われるようになっていますニコ