ホーム > コラム

最近の投稿
インナーチャイルドからオトナになる
運氣を拓く準備
四万十川ウルトラマラソン100K 旅RUNしてきました!
人生の物語から自由になる
電気製品や所持品が壊れるとき
LisBoで ★オーディオセラピー★配信!
体調をエネルギーフィールドで整える
【ご案内】善進する2020年に向けて
人生のパラダイムシフト度数は?Vol.2
【期間限定】パラダイムシフト映像公開
 
アーカイブ
2019年11 月 (2)
2019年10 月 (4)
2019年9 月 (10)
2019年8 月 (9)
2019年7 月 (5)
2019年6 月 (8)
2019年5 月 (16)
2019年4 月 (15)
2019年3 月 (11)
2019年2 月 (12)
2019年1 月 (8)
2018年12 月 (8)
2018年11 月 (6)
2018年10 月 (13)
2018年9 月 (8)
2018年8 月 (7)
2018年7 月 (8)
2018年6 月 (11)
2018年5 月 (6)
2018年4 月 (6)
2018年3 月 (11)
2018年2 月 (6)
2018年1 月 (14)
2017年12 月 (8)
2017年11 月 (13)
2017年10 月 (12)
2017年9 月 (15)
2017年8 月 (20)
2017年7 月 (11)
2017年6 月 (10)
2017年5 月 (12)
2017年4 月 (10)
2017年3 月 (9)
2017年2 月 (5)
2017年1 月 (12)
2016年12 月 (18)
2016年11 月 (11)
2016年10 月 (6)
2016年9 月 (15)
2016年8 月 (27)
2016年7 月 (7)
2016年6 月 (8)
2016年5 月 (11)
2016年4 月 (6)
2016年3 月 (19)
2016年2 月 (5)
2016年1 月 (7)
2015年12 月 (6)
2015年11 月 (4)
2015年10 月 (5)
2015年9 月 (7)
2015年8 月 (6)
2015年7 月 (13)
2015年6 月 (1)
2015年5 月 (1)
2015年4 月 (10)
2015年3 月 (21)
2015年2 月 (15)
2015年1 月 (16)
2014年12 月 (13)
2014年11 月 (10)
2014年10 月 (17)
2014年9 月 (16)
2014年8 月 (21)
2014年7 月 (8)
2014年6 月 (16)
2014年5 月 (13)
2014年4 月 (12)
2014年3 月 (12)
2014年2 月 (13)
2014年1 月 (11)
2013年12 月 (8)
2013年11 月 (16)
2013年10 月 (21)
2013年9 月 (19)
2013年8 月 (5)
2013年7 月 (5)
2013年6 月 (7)
2013年5 月 (10)
2013年4 月 (11)
2013年3 月 (21)
2013年2 月 (9)
2013年1 月 (9)
2012年12 月 (17)
2012年11 月 (19)
2012年10 月 (14)
2012年9 月 (8)
2012年8 月 (13)
2012年7 月 (10)
2012年6 月 (12)
2012年5 月 (18)
2012年4 月 (17)
2012年3 月 (11)
2012年2 月 (9)
2012年1 月 (15)
2011年12 月 (4)
2011年11 月 (9)
2011年10 月 (8)
2011年9 月 (6)
2011年8 月 (16)
2011年7 月 (13)
2011年6 月 (10)
2011年5 月 (12)
2011年4 月 (11)
2011年3 月 (19)
2011年2 月 (15)
2011年1 月 (8)
2010年12 月 (12)
2010年11 月 (7)
2010年10 月 (15)
2010年9 月 (11)
2010年8 月 (9)
2010年7 月 (10)
2010年6 月 (14)
2010年5 月 (20)
2010年4 月 (15)
2010年3 月 (19)
2010年2 月 (19)
2010年1 月 (20)
2009年12 月 (16)
2009年11 月 (13)
2009年10 月 (24)
2009年9 月 (9)
2009年8 月 (7)
2009年7 月 (13)
2009年6 月 (11)
2009年5 月 (9)
2009年4 月 (6)
2009年3 月 (5)
2009年2 月 (7)
2009年1 月 (7)
2008年12 月 (5)
2008年11 月 (6)
2008年10 月 (3)
2008年9 月 (4)
2008年8 月 (2)
2008年7 月 (3)
2008年6 月 (5)
 
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)QRコード
MySpace Japan
facebook
電子書籍 幸運女子・強運女子になるためのライフマネジメント
オーディオセラピー 「アストラル銀行(宇宙銀行)」CD 販売
10分間瞑想シリーズ 新登場
オーディオセラピー 2枚組CD 販売中
オーディオセラピーCD化!
アマゾン HMV
TOWER RECORDS 山野楽器
新星堂 i Tunes Store
Jazzy Music

COLUMN

審判・審議をやめてみる

「いろいろ考えて、結局動けなくなる」、「変化したいと言いながらパッとした変化が起こらない」そんな方たちは、マインドで審判・審議する傾向があります。
 
 
概ね、真面目で、言われたことはきちんとこなす、周囲からの人当たりもよいタイプです。
 
しかし、いざ、自分がやりたいはずのことには、なかなか着手できなかったり、条件が揃っていても、頭が忙しく働き、動きを止めてしまいます。
 
 
似た現象に、「ジャッジ(批判)が強い」タイプがいます。表立って、相手を批判するというより、むしろ、心の中で無意識のうちに、批判的なモノの見方・考え方をします。
 
ジャッジ・タイプは、ジャッジする事で、他ならぬ自分の視野や考えの領域が狭くなります。
 
 
 「審判・審議」タイプは、人の行動や態度を厳しく見ています。仕事等で管理する立場ならともかく、そうではないのに、常に特定の人たちの言動を、審判しています。
 
ご本人が一番休まらず、自分のプライベートの領域に構うことが難しくなります。審判・審議することがメインの仕事になるからです。
 
だから、特定の人たちが望ましい態度を取っていないと審判するかぎり、その仕事を放って、他のことに氣をそらすことはできません。
しばし忘れても、また審判・審議の我にかえります。
 
「気になって仕方ない」「問題を見つけて気がかりになる」といった具合です。
 
 
勤務年数の長いNさんは、職場の上司たちの勤務態度や業績に対する姿勢が、必要以上に気になります。
 
こんなんじゃいけないはずだ・・・と。
 
Nさんの立場は、そこに関心をもったところで、仕事のうちにはなりません。
むしろ、ご自分の領分をこなしていれば十分といった職場です。
 
Nさんは、カウンセリングのたびに、まずはご自分自身のことより、職場の人たちのご相談から始まるという特徴があります。
 
 
一見すると、無気力な職場に対して熱心な態度は感心されるべきもの。しかし、Nさんがかねてから気にかけている、ご自分の私生活の充実を進めたほうが、Nさんにとって、充実する職場や仕事に巡り合う流れを作るものです
 
自分の本来やるべきことに集中する、という意味で、Nさんと、職場の上司たちの態度は、どこかリンクしているのかもしれませんね
 
 
 
ちなみに、Nさんには、この審判・審議の習慣をやめる、強烈な方法をお伝えいたしました。
 
 
それは、勝手に審議・審判が頭の中で始まっていることに気づいたら、すぐに自分の首を切り落とすこと
 
西洋の死神が、大きな三日月のカマを持っていますね。そのカマをゴールドの立派な仕様にイメージで変えてもらいました。
そして、日常、マインドが忙しく審議・審判を始めたら、イメージで首を落とす・・・しかし、この使用期間は7日間のみ。
 
 
Dreamstime_xs_37991167
 
こんな感じなら怖くないかな・・・斧はゴールドやダイヤモンド仕様など、エネルギー的に氣が合うものでshine
 
ただし、これは、ある程度セラピー経験があり、審議・審判が強烈に働く方には、有効な方法です。さもなくば、エネルギーやオーラに支障が出る場合がありますので、くれぐれもご注意くださいdanger
 

コメント

こんにちは。

これ、わたしもあてはまるような気がするのですが。

やってみても大丈夫でしょうか?
(使用期限は開始後、7日間、ですね?)

投稿情報:まーや | 2014年5 月31日 (土) 20:59


まーやさま

こんばんは。

>これ、わたしもあてはまるような気がするのですが。

・・・ハイ(^^;


>やってみても大丈夫でしょうか?
>(使用期限は開始後、7日間、ですね?)

大丈夫だと思います。
1、2回やってみて、頭が軽くなったり、スッキリしたり、そのとき囚われていた考えが消えたらOKです。

驚嘆に違和感や怖さを感じられたらNGです

OKなときは、7日間だけ使用くださいね。

投稿情報:shima | 2014年5 月31日 (土) 21:33


コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。