ホーム > コラム

最近の投稿
正月の帰省あるある
戌年ってワンダフル!
ひとりひとりは違う、ひとりひとりはみんな・・・
スピリチュアルを使い分けないで
毎日を特別な1日に!
マルチでやろう、2018年!
 
アーカイブ
2018年1 月 (6)
2017年12 月 (8)
2017年11 月 (13)
2017年10 月 (12)
2017年9 月 (15)
2017年8 月 (20)
2017年7 月 (11)
2017年6 月 (10)
2017年5 月 (12)
2017年4 月 (10)
2017年3 月 (9)
2017年2 月 (5)
2017年1 月 (12)
2016年12 月 (18)
2016年11 月 (11)
2016年10 月 (6)
2016年9 月 (15)
2016年8 月 (27)
2016年7 月 (7)
2016年6 月 (8)
2016年5 月 (11)
2016年4 月 (6)
2016年3 月 (19)
2016年2 月 (5)
2016年1 月 (7)
2015年12 月 (6)
2015年11 月 (4)
2015年10 月 (5)
2015年9 月 (7)
2015年8 月 (6)
2015年7 月 (13)
2015年6 月 (1)
2015年5 月 (1)
2015年4 月 (10)
2015年3 月 (21)
2015年2 月 (15)
2015年1 月 (16)
2014年12 月 (13)
2014年11 月 (10)
2014年10 月 (17)
2014年9 月 (16)
2014年8 月 (21)
2014年7 月 (8)
2014年6 月 (16)
2014年5 月 (13)
2014年4 月 (12)
2014年3 月 (12)
2014年2 月 (13)
2014年1 月 (11)
2013年12 月 (8)
2013年11 月 (16)
2013年10 月 (21)
2013年9 月 (19)
2013年8 月 (5)
2013年7 月 (5)
2013年6 月 (7)
2013年5 月 (10)
2013年4 月 (11)
2013年3 月 (21)
2013年2 月 (9)
2013年1 月 (9)
2012年12 月 (17)
2012年11 月 (19)
2012年10 月 (14)
2012年9 月 (8)
2012年8 月 (13)
2012年7 月 (10)
2012年6 月 (12)
2012年5 月 (18)
2012年4 月 (17)
2012年3 月 (11)
2012年2 月 (9)
2012年1 月 (15)
2011年12 月 (4)
2011年11 月 (9)
2011年10 月 (8)
2011年9 月 (6)
2011年8 月 (16)
2011年7 月 (13)
2011年6 月 (10)
2011年5 月 (12)
2011年4 月 (11)
2011年3 月 (19)
2011年2 月 (15)
2011年1 月 (8)
2010年12 月 (12)
2010年11 月 (7)
2010年10 月 (15)
2010年9 月 (11)
2010年8 月 (9)
2010年7 月 (10)
2010年6 月 (14)
2010年5 月 (20)
2010年4 月 (15)
2010年3 月 (19)
2010年2 月 (19)
2010年1 月 (20)
2009年12 月 (16)
2009年11 月 (13)
2009年10 月 (24)
2009年9 月 (9)
2009年8 月 (7)
2009年7 月 (13)
2009年6 月 (11)
2009年5 月 (9)
2009年4 月 (6)
2009年3 月 (5)
2009年2 月 (7)
2009年1 月 (7)
2008年12 月 (5)
2008年11 月 (6)
2008年10 月 (3)
2008年9 月 (4)
2008年8 月 (2)
2008年7 月 (3)
2008年6 月 (5)
 
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)QRコード
MySpace Japan
facebook
電子書籍 幸運女子・強運女子になるためのライフマネジメント
オーディオセラピー 「アストラル銀行(宇宙銀行)」CD 販売
10分間瞑想シリーズ 新登場
オーディオセラピー 2枚組CD 販売中
オーディオセラピーCD化!
アマゾン HMV
TOWER RECORDS 山野楽器
新星堂 i Tunes Store
Jazzy Music

COLUMN

正月の帰省あるある

早くも1月半ばを過ぎました。年始からのご相談で恒例多いテーマが、年末からお正月に帰省したら、実家で感情や問題が勃発!という現象です。

 

それも家族や身内のありがたいところであり、しかし、年始から台無しな気持ちになりますよね。

敏感な方だと、それが元で体調を崩したり、激しく落ち込んだりします。

 

個々人ケースバイケースなのですから、大方共通しているのは、実家に帰り、昔の家族や親族に会うことで、過去へタイムトラベルすること。

過去の思い出話も出ます。

再会してしばらくは、お互いに気を遣ったり、心の余裕があり、温和な空気でしょうが、寛いだり、ひょんな話題から昔をリフレインするわけですね。

 

この対策や心構えとして、今日は4つご紹介します。

 

1)予め家族のメンバーに対して、あなた自身が「きっとこうに違いない」と認定していることが多々あるとします。

それらは性格、態度、口調、自分に対して思っているだろう意見など。

 

そのパッケージを自分の心に持ったままでいると、実家で不愉快なスイッチは入りやすくなります。

 

 

2)家族には、特有の翻訳辞書が必要です。

自分が親や家族に対して、あぁ言われたら、こういう意味だ!と解釈するのは、必ずしも言葉どおりの思いから発せられているとは限りません。

 

真逆なことを言われることのほうが、むしろ多いかもしれませんね。

完全否定されたと思った言葉は、かけがえのない愛情を示していたり、叱咤激励し非難するような言葉や態度は、しっかりしてほしいという切なる願いかもしれません。

 

この翻訳辞書については、別トピックでご紹介したいと思います。

 

 

3)それはそれでいい。

これは諦めたり、投げやりになるのとは、レベルが異なる観点です。

 

自分と意見や態度が合わない家族や身内がいること、時には自分を攻撃したり邪魔するようなこともあるでしょうが、それはそれでいいとして、否定しないわけです。

嫌がったり怖がったりせず、そのうえで対策、対処するといったらわかりやすいでしょうか。

これには、ユーモアと相応の知恵や工夫がいるでしょう。

 

昔、志麻ヒプノでwebの仕事をしていたAさんは、

「うちでは、隣の夫婦のことを『熊』って呼んでますよ。クマ夫とクマ子(笑)そうしたら腹が立たなくなりました」と

 

相性が合わなかったり、嫌いでもよいものですが、苦手とか恐るを感じるのは、相手の存在を否定しているとき。

つまり自我発信での人間関係になり、自分の心の中に、相手を住まわせているため、こちらが苦しくなります。

 

 

4)そもそも実家に帰るのは疲れる。

一年の中で、特に年末は慌ただしく心身とも疲れているもの。

それでも、恒例行事で帰省したり(逆に家族や親族を迎える)するにも、身体的に疲れます。

 

運転やら、乗り物での移動やら、お土産の荷物もあるでしょう。

疲れるとだれでも余裕がなくなります。

また疲れた自覚が薄いときほど、余裕はありませんね。

 

サイキックは疲れてやってくる人に敏感ですが(私もとても疲れたクライアントさんやお取引先の方には、すぐさま反応しますよ)、人でも動物でも植物でも電子機器でも、疲労や消耗は結構なレベルで感受します。

 

それを自覚するか、しないかは別ですが、不愉快さ、喧嘩、文句などになるのは、その表れです(ある意味、自然現象)。

 

 

家族を連れて、奥様の実家でお正月を楽しく過ごしたTさん。

子供や自分は先に自宅に戻り、少し遅れて奥様が家に帰ってきたとのこと。

すると、お子さんのひょんなことから、奥様が急に不機嫌になったり情緒穏やかではなくなりました。

 

電話カウンセリングで拝見すると、どうやら奥様はひとり実家に残ってしばらくご両親と過ごしたことにより、感情や記憶がタイムトリップしたようです。

 

しかし、Tさんやお子さんたちは、どう対応したら・・・と、なだめるスベにお困りでした。

 

過去や過去の現象に重点を置いて不穏になっている人に対しては、相手の言動を否定したり、意見をすると、地雷を踏んだり、火に油を注ぐことになります。

相手の言動や意見に対して、否定も肯定もせず、そのまま見守っていると、やがて我に戻るでしょう。

 

もっとも、こちらを挑発してくるような言動に感じて、反論したり、なだめようとしたくなるでしょうが(笑)

これは、家族や身内に限らず、知人や他人でも同じです。

 

 

 

 

娘夫婦がクリスマスの後にはお正月でやってくると、本当に疲れるんですよ、とKさん。

家族や身内仲は、稀に見る仲のよい一族なのですが、Kさんも年齢や人生の大事によるお疲れがだいぶ蓄積しています。

 

「あの子たちがくると、いっぱい食べるし、味にもうるさいから、手作りじゃないとダメだし・・・」と。

一方、娘さんのほうでも、こちらの忙しい生活をちゃっちゃと片付けてから実家に戻るという習慣に、わずかな義務感と疲れを感じているように視えました。

 

もとは、娘さんが子供だった頃に、家族でお正月を大切に過ごすような習慣があり、それに倣っているのでしょう。

 

Kさんのほうから、

「今年はいろいろあったしお正月はちょっと簡単にしよう」

 

と娘さんに言葉で伝えると、うまく加減がいくようでした。

このとき、相手にわかってもらおうと伝えると疲れのエネルギーや不満などが伝わりますので、そのまま事実を伝えましょう。

 

というわけで、お正月に限りませんが、お盆や帰省が年中行事のときは、お気に留めておくとよろしいでしょう。

真のありがたみと、煩わしさは、表裏一体なときがありますほっこり

 

 

 

戌年ってワンダフル!

イヤーリーディング2018年、昨年12月と1月中盤のセッションでは、エネルギーの違いがあります。

幸い今年は、ご自身で年内に諸々を「片付け」後に、セッションにいらっしゃる方が多いです。

 

「昨年はどんな年でした?」

 

カウンセリングの冒頭でお聞きすると、苦労や学びがあった方のお話は、その部分だけで疲労感が伝わってきますね!

 

「2018年はどんな年になさりたいですか?」とお聞きすると、明確でもあり、曖昧でもあり・・・

 

「だからイヤーリーディングに来たのよ」かもしれません(笑)

 

今週末いらしたMさんは、まさに戌年を象徴するような年。

そう、犬に関する情報が85%くらいを占めていました。

 

長年、ご自身も犬を飼っていらっしゃいますが、一気に犬に関わる活動が押し寄せてきます。

犬を通して、ご自身の創造的な活動やビジネスに発展するでしょうし、豊かな人間関係は犬たちが連れてきます。

 

Mさんの創造能力、自己実現は、もともと相性のよい犬(動物)のおかげで、自然に開花していくようです。

 

セッションの項目には、「ミッション(使命)」のリーディングがあります。

 

「ノアの箱舟の画像が出てきて、ノアのように上(神様)から啓示がおりてきているようですよ、トム・クルーズのミッションインポッシブル系ではなく、ノア系の使命です」

 

かなり手堅い使命ですね(笑)

 

Mさんの「エゴの声」「スーパーエゴ(超自我)の声」は、なかなかユニーク。

エゴの声とは、自我の価値観による言動を象徴しています。

だいたいは狭い了見で、よかれと思ってのエゴなのですが、エゴが強い本人はそのことで苦しみます。

 

 

Mさんの場合・・・不憫な犬に対して、「この子をどうやって楽にしてあげたら」

注射にするか?などと安楽死の方法を考えています。

人間社会が作ってきたペット、飼い犬に対する責任をエゴの領分で担ってしまい、と自暴自棄になる様です。

 

スーパーエゴの声とは、さらにエゴの極みとなります。

破壊的なことにつながりやすいのです。

 

Mさんのスーパーエゴではこんな画像が視えます。

 

飼い主に捨てられた犬などがたくさん保管されている場所に対して、松明で燃やしてしまいます。


先のエゴの声と違い、さらに怒りや憤りがあるので、炎で燃やすとう行動に出ています。


ところで、このような犬たちも非常に不憫ですが、そうせざるを得なかった背景、飼い主などの事情があるはずです。

生き物に対して責任をもたず、あるいはまったく情もなく捨てたとしても、そういう心にある者たちには、相応の背景があるものです。

狭い領分で責任の所在に怒りをぶつけているところがスーパーエゴといえそうですね。

 

Mさんは、今年のテーマがまんま「犬」ですから、どちらも事例としてわかりやすいと思います。

しかし、似たような類のエゴ、スーパーエゴは、他の方のセッションでもしばしば登場していますよ。

 

イヤーリーディングは、毎年同じ項目と、部分的に内容を変えてもいます。

「心願成就」についてのワンダフル(戌年ですから)な私

のリーディングでは

 

「戌年、サイコー!」とのこと。

 

 

 

あらためて、今年は戌年だと想起しました。

 

イヤーリーディング2018間もなく終了です

(1月末まで)

 

ひとりひとりは違う、ひとりひとりはみんな・・・

イヤーリーディングのセッションの始めに、

 

「2018年はどんな年になさりたいですか」とお尋ねします。

 

そのときの会話のトーンと、実際にセッションをスタートしてお名前を言っていただいたとき、意外な景色が変わることがしばしばあります。

 

明るい口調であったのに、お名前を言っていただいたら、随分渋い落ち着いたテーマが浮上したり、

ご本人が予想打もしていない空気に2018年が動き始めることもあります。

 

けしてこわいことではありませんよ(笑)

むしろ意外性があって、おもしろいものです。

 

そんな渋いテーマを持っていらしたNさん。

スーパーエゴ(超自我)のテーマについて、リーディングをしていくと、

 

「恋人や、未来の夫や子供がいたなら、彼らの首を絞めている!」

という画像が視えます。

凄惨な事件とまではいきませんが、首に手をかけるとはいかがなものか!アセアセ

この画像から、状況やオチを読み進めました。

 

首を絞めるとは、自分の思い通りになるものだと思っている象徴を示しています。

 

相手だって、その人として生きており、考えがあり、自分の知らない経験がたくさんあり・・という当たり前の?ことをまるで忘れており、自分の思うとおりの人、反応をするものだと、超身勝手に思っている、ということです。

 

だから、彼はこういう人、夫、家族なら、こういう役割の人であるはず、あるべきだと、Nさんの超エゴが思っている、という絵面です。

これは、Nさんに限らず、狭い人間関係や、思い込みの中で育んだ関係の中には、珍しくないエゴでもあります。

 

恋愛鑑定や恋愛占いに訪れる”お客さん”の中には、相手を思うあまり(かなり自己中な思いなのですが)相手を思い通りにコントロールする、あるある心理です おーっ!

 

ちなみに、相手や状況に対するコントロールが強くなると、相手だけでなく自分のほうも苦しくなり、結果的に自分で壊すこともあります。

 

Nさんの場合は、恋人との関係は温厚に進んでいましたが、次のステップへと関係が進んできた段階で、自分の価値観で相手の状況をジャッジする考えが浮かんできていました。

自分の価値観が誤っているとか、そういうことではありません。

 

ただ、コントロールに通じる心のあり方や、言動は、愛を失いかけますし、不自然な言動につながりやすいのです。

 

ところで、最近の某CMで「ひとりひとりは違う。ひとりひとりはみんなだ」というコピーがあります(正確な文言は少し違うかも)。

 

CMの中では、国や民族の違い、身体の障害を持つ人との違いを描写しています。

 

 

違いを認める、受け入れると、「違うものだよねー」と気がつく一方で、でも、みんなは一緒だよね、と共鳴する意識になることを語っています。



みんなそれぞれだよね・・・と感じ入ることで、みんながひとつになり、それが違いはあるうえでの相手とわかり合えるエネルギーになります。

 

 

 

 

身近なところで普段の感じ方やあり方に当て込むなら、

相手と心や魂がつながると(みんな一緒だよね)、価値観や考え方や意見の違い(ひとりひとりは違う)を尊重し、同期します。

同期すると、さまざまな違いに思えたことは、決定的な物事ではないとわかりどうでもよくなるか、新しい創造的なところへと繋がっていきます。

 

そこは恐れではなく、愛があります。

 

同じ人、同じ場所に、恐れも愛も存ります。

どちらで関わるかは、自分の心が選びます。

  

 

 

イヤーリーディング

1月末日までのセッションです。

 

スピリチュアルを使い分けないで

スピリチュアル(魂・本質)を使い分ける?

賢明なみなさまは、ちょっと変だとお気づきと思います。

 

ご自分をあれこれ使い分けることが、器用で要領のいい、賢いやり方だと信じている方は、とても多いのですが・・・

 

2018年を進みやすくするには、使いわけは、いちいち切り替えをしなければならず、あまりうまいやり方では、もはやありません.。

 

「いやいや、周りがそうだし、使い分けるのがフツウでしょう!」とおっしゃる方は、まだまだ旧バージョンのソフトが使えるPCをお使いなのだと思います(←隠喩です、念のため)。

 

 

新年そうそう、昨年の話になりますが、12月のサイキック講座中級でのこと。

 

6日間のレッスンをこなしてくださった生徒さんたちは、すっかりリーディングのコツ、要領をつかんでおり、毎週ごとに著しいサイキックレベルの成長が起こっていました。

 

最後のリーディング課題になった頃、生徒さんたちが、ここで学ばれたサイキックスキルや感性をどのように実生活で応用なさるのか?を拝見しました。

 

家族(夫婦関係)がオープンなコミュニケーションになったり、

職場の人間関係がもっと信頼できるものになったり、

ご自分の本意に近い活動が拓かれていったり

 

・・・と楽しみな様相でした。

 

 

一方で、これまでのところは、サイキックなどの霊的な感性やスピリチュアルなあり方は、特別な場に限定してこられているのも顕著でした。

 

それは、これまでの場で関わる相手や場所では波動が違う、話が通じない、価値観が異なる、居心地が合わない、などごもっともな背景があるからでしょう。

すると、結局、本質や魂を尊んでいながら、そうするときとそうしないときがあるという、パラドックスがおこりま

 

それは、本質よりも目に見える表面的なものに価値を優先させているのと同じになってしまいます。

 

残念ながら、そうする限り、カリソメのスピリチュアルを営んでいるわけです。

かえってややこしいですね。

 

使い分けの価値観から脱却するまでは、少しばかり勇気がいりますが、脱却すればそれが自然であると納得するでしょう。

自然であることを恐れるのは、不自然だからです。

 

そんなシビアな?話でしめくくった中級講座でしたが、生徒さんたちにとって、2017年を大きな一区切りとなる体験にしていただけたようです。

 

  

 

【サイキック講座 基礎 1Day】

2018年 1月6日(土)/  2月10日(土) 10:00-17:00

新しい年から、新しい意識でスタート!

 

 

【サイキック講座 初級 2日間】

2018年
◆1月7日(日)・8日(月祝) 
◆2月11日(日)・12日(月祝) 10:00-17:00

新しい意識を使い始めよう!

毎日を特別な1日に!

2018年のスタートにあたり・・・

 

今年は陽のエネルギーが強い方は、「マルチでやろう」をご紹介しました。

 

しかし、新年そうそう、昨年から近年の残務や、エネルギー財務整理がある方は?

陰(負)からプラスに切り替えたいでしょうね。

 

簡単にできて成果の高い方法があります。

 

毎日、なにかしら特別な日にしましょう。

 

特別に何かをやってもいいし、それ以上に肝心なのは、何をやるかよりも、どう特別に感じるかのほうです。

同じことに思えても、好奇心や知恵を働かせて、違いや面白さを発見することです。

 

それが、陰のエネルギーを好転化と動かしていきます。

たいそうなことにとらわれず、あなた自身が特別な何かを感じて、認めればOKです。

 

さらにもうひとつ肝心なのは、それらを習慣にして続けていくこと。

 

 

「特別」は、あなた自身を動かす燃料になり、習慣にすることであり方を形成します。

これをしばらく続けるうちに、かつてはマイナスに思っていた、ネガティブな経験は、そうではないことを発見するでしょう。

 

 

一方、陰の時期まっただな中の場合、それなりに強い力を養うときです。

後々のたくましい底力になる可能性が高いのです。

 

陰の最中は、強く内側に向くことで、自分の原石や本質を見出します。

 

これまで目を背けていたことを直視すると、一気に流れが変わり始めます。

しかし、肝心なことに目を背けたままだと、手を替え品を替え、うまくゆかないようなことが続きます。

 

そうやって、本来の潮流へと促しています。

 

「マルチにやろう」「毎日を特別な日に」「直視する」いずれも共通しているのは、あなた自身がやること、ですね。

というか、そもそも呼吸と同じく、他の人はどうやっても替わりはできないのです。

マルチでやろう、2018年!

2018年は活動的にやる!という陽(プラス)のエネルギーの方は、マルチがキーワードです。

 

1年のあり方を自分で決めている方、

「2018年はいろいろできそうな気がする」と予見している方、

すでに、あれこれ計画や予定が入っている方、

 

などは、陽の展望になります。

 

 

ざっくり言うと、このような方々は、やればうまくいきます!

やりながら、修正や変更や工夫をすればよろしいでしょう。

 

ちょっと雑に感じるかもしれませんが(笑)基本的には、そのぐらい大雑把でいるくらいが、波に乗れます。

しいていえば、契約など重要なときは、ダブルチェックや協力者が必要でしょう。

 

 

イヤーリーディングのセッションでは、可能な限り、クライアントご本人の中でスペックを高めたものを読ませてもらっています(それが不自然なときはやれませんが)。

すると、2018年の傾向はマルチにやることが、ひとつのポイントです。

 

マルチとは、多数の、多様な、複数の、といった意味ですね。

マルチタスク、マルチタレント(←妙に懐かしい響き)、マルチトラック(音楽のトラック数)など。

 

一般的にはポジティブな機能ですが、逆に「モノ」(ひとつ)に集中して賢明なときもありますよ。

 

 

ジュエリーのデザインや創作をするTさん。

これまでは作品を創ることに、集中しきれないきらいがありました。

 

近年の問題がひと段落し、いよいよ2018年は集中するほどに、成果の高い流れの様相です。

したがって、ひとつの作品をしあげてから、次へと手がけるよりも、複数のテーマや複数の目的にそって、作品創りを進めるほうが、創作パワーに相乗効果が起こるようです。

この相乗効果とは、創作の体力や、ひらめきや発想でもあります

 

 

2018年は、大人の語学留学を決めたWさん。

決めるまでは迷われていましたが、自分の志が明確になると、チャンスを掴むことが楽になりました。

 

イヤーリーディングには「魂が覚醒するとどうなりますか?」という情報があります。

 

Wさんの場合は、

「複数の言語を話すようになる。日本語と英語以外にー3つか4つ、完璧でなくてもある程度わかるレベルでOKみたい」

 

と、コミュニケーションや理解が拡張する画像が視えてきました。

これは、言葉による理解や交流を超えたところで、意識そのものが他者を理解し、交流が広がるという印象です。

 

Wさんの英語の先生は6ヶ国語をお話になるそうで、確かにWさんに留学のきっかけをくださった方ですね。

 

 

「これをやったら、あれができなくなるし、忙しくなりますよねー」と、Kさん。

活動期に入るのは嬉しい反面、やることが増えれば忙しくなり大変だとお考えのようです。

ごもっともですが、それは、私たちが慣れ親しんでいる、物質界(3次元ベース)の時間の枠にとらわれているから?かもしれませんよ。

 

今後ますます、多次元同期の構造になっていきますから(私たちが生きている同じ世界ですが)、そこが腑に落ちると、Kさんは活動が増えるほど、効率的になり、短時間でこなせるでしょう。

 

実際、Kさんが、いつもより早く退社し、しかも仕事が終わっても元気そうな姿の画像が視えました。

 

たとえるなら、すっかり浸透したスマートフォンは、たくさんのアプリが入っていますね。

今や多くの方が、当たり前のように、アプリをあれこれ使いこなしていると思います。

LINEでやりとりをしていて、交通網を調べたり、ニュースをチェックしたり、天気を確認したり、そこで電話が入ったり・・・

 

 

もうすっかり、マルチなディバイスを使いこなしている世の中(個人差や慣れる進度はあるにせよ)、ざっくり多次元同期のサンプルのようなツールです。

 

「なんだか楽しそう!マルチにやりまーす!」と、すっかりKさんは腑に落ちて、楽しそうでした。

 

そう、楽しくて、簡単で、効率よくつながるのも、マルチの特徴。

 

実生活ベースでいうなら、オンとオフの連動をスムーズに、自分の役割や行動を分断せず、家事、仕事、趣味、スポーツ、その他諸々をやる「あなた」は、同期しているものです。

 

陽の兆しの方、活動期になりそうな方は、どうぞご参考に!