ホーム > コラム

最近の投稿
「母の日セラピー」というギフト
ローマを走る!Maratona di Rome 2018
いろいろなことを言うものです。
芯から安まること
無難さが大きな難に!
愛をパワーアップすると?
かわい子ぶりっこ
Info: サイキック講座〈上級〉日程変更のお知らせ
期間限定メニュー「ア・ラ・カルト」セッション
女子的に名古屋ウィメンズ
 
アーカイブ
2018年4 月 (4)
2018年3 月 (11)
2018年2 月 (6)
2018年1 月 (14)
2017年12 月 (8)
2017年11 月 (13)
2017年10 月 (12)
2017年9 月 (15)
2017年8 月 (20)
2017年7 月 (11)
2017年6 月 (10)
2017年5 月 (12)
2017年4 月 (10)
2017年3 月 (9)
2017年2 月 (5)
2017年1 月 (12)
2016年12 月 (18)
2016年11 月 (11)
2016年10 月 (6)
2016年9 月 (15)
2016年8 月 (27)
2016年7 月 (7)
2016年6 月 (8)
2016年5 月 (11)
2016年4 月 (6)
2016年3 月 (19)
2016年2 月 (5)
2016年1 月 (7)
2015年12 月 (6)
2015年11 月 (4)
2015年10 月 (5)
2015年9 月 (7)
2015年8 月 (6)
2015年7 月 (13)
2015年6 月 (1)
2015年5 月 (1)
2015年4 月 (10)
2015年3 月 (21)
2015年2 月 (15)
2015年1 月 (16)
2014年12 月 (13)
2014年11 月 (10)
2014年10 月 (17)
2014年9 月 (16)
2014年8 月 (21)
2014年7 月 (8)
2014年6 月 (16)
2014年5 月 (13)
2014年4 月 (12)
2014年3 月 (12)
2014年2 月 (13)
2014年1 月 (11)
2013年12 月 (8)
2013年11 月 (16)
2013年10 月 (21)
2013年9 月 (19)
2013年8 月 (5)
2013年7 月 (5)
2013年6 月 (7)
2013年5 月 (10)
2013年4 月 (11)
2013年3 月 (21)
2013年2 月 (9)
2013年1 月 (9)
2012年12 月 (17)
2012年11 月 (19)
2012年10 月 (14)
2012年9 月 (8)
2012年8 月 (13)
2012年7 月 (10)
2012年6 月 (12)
2012年5 月 (18)
2012年4 月 (17)
2012年3 月 (11)
2012年2 月 (9)
2012年1 月 (15)
2011年12 月 (4)
2011年11 月 (9)
2011年10 月 (8)
2011年9 月 (6)
2011年8 月 (16)
2011年7 月 (13)
2011年6 月 (10)
2011年5 月 (12)
2011年4 月 (11)
2011年3 月 (19)
2011年2 月 (15)
2011年1 月 (8)
2010年12 月 (12)
2010年11 月 (7)
2010年10 月 (15)
2010年9 月 (11)
2010年8 月 (9)
2010年7 月 (10)
2010年6 月 (14)
2010年5 月 (20)
2010年4 月 (15)
2010年3 月 (19)
2010年2 月 (19)
2010年1 月 (20)
2009年12 月 (16)
2009年11 月 (13)
2009年10 月 (24)
2009年9 月 (9)
2009年8 月 (7)
2009年7 月 (13)
2009年6 月 (11)
2009年5 月 (9)
2009年4 月 (6)
2009年3 月 (5)
2009年2 月 (7)
2009年1 月 (7)
2008年12 月 (5)
2008年11 月 (6)
2008年10 月 (3)
2008年9 月 (4)
2008年8 月 (2)
2008年7 月 (3)
2008年6 月 (5)
 
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)QRコード
MySpace Japan
facebook
電子書籍 幸運女子・強運女子になるためのライフマネジメント
オーディオセラピー 「アストラル銀行(宇宙銀行)」CD 販売
10分間瞑想シリーズ 新登場
オーディオセラピー 2枚組CD 販売中
オーディオセラピーCD化!
アマゾン HMV
TOWER RECORDS 山野楽器
新星堂 i Tunes Store
Jazzy Music

COLUMN

「母の日セラピー」というギフト

「母の日セラピー」

 

ご自分のお母様へのセラピーギフトとして、また「母」「ママ」をキーワードとした方のための、セラピーです。

義理のお母様

育ての母に当たる方

血縁関係は他人だが「母」代わりに慕っている方

「ママ」がご商売の方

母親として自信をもってもらいたい姉に

、、、など、なかなか独創的な贈り物として、セラピーギフトを活用いただいております。

「いつも何かと悩んでいる様子だから」「今後の人生の参考になれば」というきっかけがほどんどです。

GWから1ヶ月と短い期間ですが、ご縁のある方「お母様」にお届けください。

 

期間限的:4月28日(土)ー 5月31日(木)

 

母の日セラピーの内容

 

* 一般的に体験しやすい「オーラリーディング」です。自己の本質となるスピリチュアルな健康診断、現実レベルと内観世界のすり合わせなど、どなたにとっても「自分だけのための特別な体験」となるでしょう。

* 精神的に特別な体験をしてみたい、たとえば、前世療法や未来順行など、「タイムトラベルセラピー」をお選びいただいてもよいでしょう。

* 具体的なご相談内容がある場合は、透視カウンセリングで状況を紐解き、ご自身がの意志や行動がはかりやすいアドバイスやヒントをお伝えいたします。

 

60分セラピーギフト

   ¥32,400円(税込)特定のご相談について透視カウンセリング

90分セラピーギフト

   ¥43,200(税込)オーラリーディングまたはタイムトラベルセラピー

120分セラピーギフト

   ¥54,000(税込)オーラリーディングまたはタイムトラベルセラピー+透視カウンセリング

 

お問合せ・お申込み 03-5537-7554 (平日9-18時)

お問合せフォーム

 

近日、志麻ヒプノHPにアップいたします。

ローマを走る!Maratona di Rome 2018

 

初のフルマラソンは2016年11月26日の富士山マラソン!

 

 

今回は、初の海外マラソン、

ローママラソン〈Maratona di Roma〉

 

 

古代ローマの街、豊かな遺跡を存分に鑑賞しながら走り抜けてまいりました!

 

(海外サイトより)

 

 

コロッセオ〈Colosseo〉からスタート・・・フィニッシュもコロッセオ。

名だたる名所、観光地を42,195km 存分に巡ります!

 

観光のためにローマを訪れた観光客の歩道をかなり遮りましたが(笑)

 

 

 

ランナーも、ゴール直後には観光客気分!

 

 

今回は3泊5日と弾丸マラソントラベル。

 

記憶新鮮なうちに時系列で綴りますので、長文多画像・・・ご興味ある方はご笑覧くださいね!

 

 

 

さて、往路は、北京乗り継ぎ便を利用。

 

現地到着・出発も夜遅めなため、マラソン以外に観光や街を楽しめるスケジュールです。

 

機内はチャイニーズ&イタリアンの乗客が多く、違う文化のコミュニケーションでかなり賑やか。

 

なんとなくオサレな中国マダムが目立ち・・・銀座のブランドショップにいらっしゃる系(笑)

 

 

隣席のチャイナマダムは、堪能なイタリア語と中国語、私は英語と日本語で、噛み合わない会話を楽しみました。

 

 

 

インパクトのある会話に包まれ、北京空港でひとやすみ。

 

中国のパンダをみると、かわいい基準は世界さまざまと思ふ。

 

 

 

トランジット3時間ほどあり。

 

日本の空港は地図表示が正確ですが、北京空港はどこかアバウト。

 

4、5人の空港職員やラウンジの受付嬢に聞いてようやくマッサージを見つけました。

搭乗口E23あたりにあります(2018/4月)

 

 

イタリアに着く前に、東京の疲れを癒そう!

 

 

 

やっぱりスタバもあります。(注:イタリア・ローマにはないようです。以前あって、すぐ撤退したそうな。)

 

 

 

ブルーベリー味は日本にない?

 

 

私はCOSTAで。「アーモンドモカ」は杏仁豆腐の風味でした。

 

ほどよく時間経過して、

北京空港を飛び立ち、10時間後にローマ・フィウミチーノ空港着。

 

 

 

国際線ターミナル3です。

 

すぐにエスプレッソを飲んで、シャキッと。

 

 

espressoは、日本ではどうも苦く飲み難いと感じますが、本場では日本の抹茶感覚で、旨いですねーラブラブ

 

 

空港と市内のテルミニ駅を結ぶ特急列車。

 

 

その名も、レオナルド・エキスプレス!

30分ほどで到着(€14)

 

 

テルミニ駅は、イギリスでいうパディントン駅のイメージかな。

 

駅から徒歩1分と近すぎるホテルに宿泊。夜9時をまわっていましたが、駅近のトラットリア、Trattoria dell’Omo(トラットリア・デル・オモ)へ。

 

 

地元民ばかりでしたが、観光客にも人気らしい(トリップアドバイザーなどに掲載あり)。

 

満席でしたが、ひとつテーブルに空きあり、本場のカルボナーラをこの時間から注文!イタリアンの夕食は遅めなのです。

 

 

すでにワインでできあがっているのか、女性には挨拶するのが流儀なのか、日本人にはスキがあるのか、隣席のイタリアーノたちと会話が弾んでしまいゲラゲラ写真はあまり撮れず!

 

 

うわさどおり、生クリームではなく本場では卵だけを使うカルボナーラは家庭的な味でした。

 

私にはちょっと塩がキツく、麺は堅めに感じましたが、滞在中、ほかのお店も麺はバリカタでしたよ。

 

 

で、テキトーに談笑し、楽しいイタリアーノたちをかわし、安全にホテルに戻りました(笑)

 

 

翌朝は晴れ渡る青空。

 

ホテルの屋上からローマの市内を見渡しながら朝食を。

 

マラソン前日は、あまり足を使いたくないですが、今回はマラソン受付のEXPOと、それ以外にも街を楽しみたいです!

 

 

ホテルから歩ける距離にコロッセオ〈Colosseo〉があります。

 

 

造り物みたい(笑)

 

朝8:30からオープンですがすでに観光客と勧誘するガイドさんの声で賑わっていました。

 

 

ガイドさん付きツアーの熱烈な勧誘に「言葉わかりません」的にかわしながら、今回はフツウに窓口チケットを買って見学。

 

 

圧巻です。決死の決闘場ですが、歴史が名所に変える・・・

 

 

with 観光兵士 かなり厚みあるボディ(笑)

 

コロッセオまできたら、すぐお隣の フォロ・ロマーノ〈Foro Romano〉へ

 

 

 

Arco di Tito

 

 

アウトニヌスとファウスティーナの神殿やヴィスタ神殿、エミリアのバジリカなど一望できる絶景。

 

 

 

なに思ふ・・・

 

ヴェネチア広場方面へ抜けるため、インペリアリ通りに出ると、

 

 

街灯にローママラソンの告知

 

 

トレーニングでしょうか。足元をみると

 

 

3000年の・・・石畳ですねーうーん

 

 

すでに簡易トイレ設置の準備。オシャレ。イタリア(ローマ)では赤、オレンジ、黄色の国ですね。青、ピンク、あまり見かけません。

 

 

すでに、マラソン大会の受付を済ませてきた人たちをちらほら見かけました。

 

オレンジのリュック(NB)は参加賞です。当日の手荷物はこのリュックにいれて預けるシステムとのこと。

 

 

さて、私もそろそろ観光を引き上げて、マラソン受付のEXPOへ向かいました。

 

 

メトロのBラインに乗って(AとB、2020年にテルミニ駅まで開通するCラインがあります)、EXPO会場であるローマ・コンベンションセンター〈Roma Convention Center〉へ。

 

 

100分有効な、€1.5の切符を買って。

 

 

La Nuvola駅で下車。

 

地下鉄で堂々と日本のガイドブックを広げていたところ、隣席のイタリアーノが「コンベンションセンターは2,3年前にできたのだ」「ローマ市営のバラ園は非常に美しいから行ってみるべきだ」と教えてくれました。

 

駅を降りると、

 

 

この人たち、EXPOへ向かいそう、走りそう・・・後についていきました。

 

徒歩5、6分で、到着。

New Balanceスポンサーですね。

 

 

 

中に入ると長い廊下では番号ごとに受付窓口があり、日本と同様、ゼッケン番号のところで受付票をもらいます。

 

会場内に入って・・・

 

 

ランニングイベントをやっていたり、

 

 

メッセージや何やら大量に書かれてます!

 

 

会場の奥でTシャツやリュックなど参加賞を受け取り。他に魚由来のサプリ、衣類洗剤のサンプルも入ってました。

 

 

Tシャツ、女子は赤、男子はオレンジ。

 

 

フードコートは、ビュッフェ風

 

 

本場のペンネ、パスタでカーボローディング

 

 

カフェスタンドが2、3箇所あり、イタリアンコーヒー各種、パニーニやサンドイッチ各種・・・

 

パニーニといっても、パンの厚いものからクレープで巻いたものまで何種類もあり、覚えきれません(笑)

 

 

 

ちゃんとバリスタがいてカプチーノを淹れてくれます。

 

 

お約束の、参加者全員の名前ボード。

 

イタリア、ヨーロッパが多いですね。アジア圏、日本、ほとんど見つからず。

 

EXPO会場を後にして、ホテルに戻ろうと思いつつ、

 

旅先は東京にいるより時間がたっぷりがある気がします。よって、スペイン広場へジェラートを食べに行こう!

 

 

(昼前にもヴェネチア広場でピスタチオを食した記憶が)

 

 

ローマの地下鉄は、ニューヨークの地下鉄の落書き系のものや、

 

 

アート調にデコされた車両がありますね。

 

 

土曜日夕方のスペイン広場は、やはり人で賑わい

 

 

ショッピングやカフェを楽しむ人たちが集まっています

 

 

個人的には、チャンピーニのジェラートが手作り感と新鮮な味わいがして一番のお気に入りになりました。

 

さっぱり系のレモーネ(レモン)と、名前が覚えられないほのかなリキュール味の2種。

 

ざっくりとスペイン広場を巡り

 

今朝見つけておいた・・・

 

 

テルミニ駅近くのトリノ通り〈Via Torino〉のマッサージ店へ。

 

 

ローマでは、タイ系のマッサージが多いみたい。

 

 

地味な入り口のわりに中はとても広く、ペアでも受けられるよう2ベットのお部屋が複数あるようでした。

 

30分足と足裏、30分上半身マッサージ。

 

すっかりほぐれて、いい感じに・・・

 

マッサージはタイ人の方々で、加減もちょうどよし。

いろいろメニューがありましたが、だいたい1時間€50程度。

 

 

簡単にパスタで夕食を!

 

 

カウンター越しの調理場。ほかの人のオーダーしたパスタについて尋ねたら、フォークにパスタをさして味見をさせてくれましたウシシ

 

チーズたまりません!

 

前のトラットリアでも、お目当のドルチェ(デザート)がなかったところ、ほかのドルチェを一口スプーンにのせて持ってきてくれたり・・・おうち感覚なのですねねー

 

早めに寝て・・・いよいよ当日を迎えます!

 

 

当日はコロッセオ駅は閉鎖のため、ひとつ先のCirco Massimo駅で下車。

 

 

車内も駅前も、会場まで向かうランナーについていけばOK

 

 

フランス語がしばしば飛び交っていたので、フランス勢はエントリー多いようです。

 

 

早朝のコロッセオ見えてきました

 

 

朝は10℃程度か少し寒めでした(日中は23℃くらいまで上がりました)

 

男性用の荷物預けカーゴは15,6台、女性用は4台程度、ということは女性参加2割ですね。

 

女子の更衣室であったイタリアーナ・ランナーはローママラソン5回目とのこと!

 

目「私は世界の5大マラソンに出たわよ(ボストン、シカゴ、ニューヨーク、ロンドン、ベルリン・・・次はTOKYOに出たいわ!」と。東京マラソン、すっかり世界的に人気ですね。

 

 

 

ランニングのタイム通りに走るペーサーさんたちも風船の準備。

 

 

3:15/3:30/3:45・・・・5:30 くらいまで15分ごとにペーサーさんがいるので、相当カラフルなことに。

 

 

 

リュックを預ける方法、とてもいいと思う!

日本の大会でも、スポンサーさん採用してほしいわ(笑)

 

と、トイレも済ませ、スタートのセクションに並び、イタリア語の開会式はまったくわからず、ですがゲラゲラ

 

 

8:40スタート!!

 

ウェーブスタート(タイムごとにスタートを遅らせる)採用で、私は8:45のゾーン。

 

コースは、ゆるく適度に下り、上りがありつつ、傾斜としては走りやすいです。

 

街づくりとして、くねくね道を曲がるところがあったり、美しい高木の街路樹を見上げながら、広い道をひたすら前進したり、石造りのローマの建物を眺め、ヴァチカンやサン・ピエトロ寺院、トレビの泉など名だたる観光名所を走り抜け、終始贅沢な観光ランニングですよ!

 

街中の応援は、Bravoooo!!!(ブラボォーーーー)や、フランス人ランナーを応援してるのか?Allez!!(アレー)Allez!!の声援、劇場の拍手のように少しドッシリした手拍子、さらにたびたび教会の鐘がギンゴン・ガンゴン♪鳴り響きわたり、きわめて賑やかでした!

 

 

給水は5kmごとに、Aqua(水)とエナジードリンク。

 

エナジードリンクは、(日本だとポカリスエットやバームが多い)ブルーレット色のPOWERADE。

 

味や成分が濃い目な感じでしたね。

1度だけのんで、あとは水にしました(汗)

 

 

 

 

石畳は覚悟していましたので、それほど足の痛みや重さを実感しなかったのですが、結構きてたと思います。

 

フィニッシュ後、上半身、腕やおなかの表面を押すと、登山の下山後のような種類の筋肉痛がありましたので、上体に振動が起こっていたのかもしれません。

 

美しい景観のおかげで、km表示はあっという間に感じられ、特に40kmから最後の2.195kmの表示は市内の観光客に埋もれて、目に止まらぬまま・・・

 

 

東京マラソンでいうところの東京駅のような存在感を確認したら、すぐにフィニッシュラインでした。

 

 

メダルをかけてもらうと、

その勢いで、ローマ騎士と全員、写真撮影。

 

名古屋ウィメンズでいうティファニーのタキシード隊といったところでしょうか(笑)

 

 

丸ごとのりんご、オレンジ、ペットボトルの水、ブルーレット色のエナジードリンクを受け取りました。

 

 

熱いレモン紅茶をカップで受けとり、これが意外に汗をかいた身体に効く感じでした。

 

 

ぞくぞくとコロッセオに沿って移動。

 

 

メダルのデザイン、ローマっぽい!かなりずっしり重たいです。

 

 

いわゆる屋台(笑)

 

コロッセオから30分程度で、徒歩と地下鉄に乗り、ホテルに戻ってこれました。

 

この暑さで、相当ジョリジョリ(塩)、シャワーをあびてさっぱりしたのち、夕方少しローマをお散歩。

 

10時間爆睡して、翌日はヴァチカン市国、世界最大級の博物館に感動した最終日でした。

 

 

 

ヴァチカンは6歳頃に家族旅行で訪れたことがありますが、写真の記憶しかなく・・・

 

 

今だから、感じる、わかる感動は大きいものですね。

 

 

ドキュメンタリーや美術鑑賞のTVでおなじみの名画ですが、目の前でみると、ぐわんぐわんエネルギーが動きました。

 

なんというトリック画!

 

左から絵を眺めたときのテーブルに注目・・・目

 

 

右側から絵を撮りますよ目

 

 

またいつかゆっくり2、3日かけて博物館を眺めたいです。

 

・・・と、ローマ・フェルミチーノ空港へ戻る前に、またジェラート(笑)

 

 

できたよ!

 

 

テルミニ駅内でいつも混んでいるGROM

 

 

・・・帰路は、乗り継ぎの北京空港で、スーツケースを積み忘れられるという珍事がありました。

 

翌日にはカーゴで自宅に届き、まぁ、羽田空港から自分で重たい荷物を運ばずに済んだわけです(笑)

 

必要なものを手持ちしておいてよかったですがねイヒ

 

 

お台場、東京タワーを眺めながら離陸。夜景の東京は美しい。

 

 

というわけで、

古代ローマにタイムトリップして今のローマを快走ランニング

 

ラブラブローママラソン、Grazie!!ラブラブ

 

いろいろなことを言うものです。

知識や情報に価値がある時代は、知識や情報がふんだんに溢れています。

「ネット」は、知識や情報のメッカです。

知識や情報より以前は、「物」「食料」「力」の時代などありました。

 

「初心者的でへんなことかもしれませんが・・・」と、Rさん。

 

精神世界の奥義や、愛・魂について、ご自身の体験から想うこと。

スピリチュアルのティーチャー方から言われたこと、本で学ばれたこと、知識や情報は豊かにある方です。

 

「頭の中心にいると言いますよね。○○さんとか・・・」

「魂を腑に落とすとおっしゃいました」(←今年の私のコラム)

「頭の中心か、腑の中か、どちらに意識を落とせばいいのでしょうか?」

「自分を愛しなさいと、誰もが仰いますよね。私も自分を愛しているんだけど(中略)愛し方が足りないのか?」

 

Rさんのご質問、疑問は、スピリチュアルに限らず、何かをある程度一生懸命学んだり、気楽ながらも長年学んでいると、ぶちあたります。

本、人の話、情報源にはいろいろな説が飛んでいます。

Aさんはこうアドバイスするが、

Bさんは、別の方法を勧める。

Cさんは、Aさんの方法は間違っているという。

Dさんは、奇抜な説を紹介している。

 

 

いずれも、役立つところを会得し、参考程度にすればよろしい・・・というのが、どの分野でも、スピリチュアルについても妥当な応えになるでしょう。

 

Rさんは「初心者」以上ですが、初心者から上級者まで、いろいろ試して、うまくいったり、自分には合わなかったり、最初はうまくいっていたのにだんだん使えなくなったり、という状態や時期を経験するものです。

 

それは、技術、スポーツ、仕事、人間関係、あらゆる自然科学に通じる学問に共通する変遷かと思われます。

特に今は、知識や情報が多岐にわたり(異なるようにみえて実は表現を変えているだけのことが多い)、サイクルが速く感じられます(特にこちらが取捨選択の主導権を持っていない場合)。

 

では、最初から、参考程度に流して受け止めればいいのか、というとそうでもない(笑)

 

ある程度ハマってみて、違いや違和感があるなどして、異なるものを求めたり、新しいやり方に出会うというプロセスがあるのも、また自然な流れのようです。

 

うまくいかないのも、うまくいっているうち・・・

 

ただ、あまりうまくいかないのを続けているのは負荷がかかりますね。

でも、そのぶん、どこかで、いつか軽減される機会もあるでしょう。

 

初心者だからこそわからないことがありながら、上級者のような疑問はなく、上級者は初心者なものをクリアしていても、初心者らしきものは限りなくあるでしょう。

 

知りたい、だから学ぶ、そして知る(会得する)、わからない、だから知りたい、そして学ぶ、理解する、混乱する、脱線する、ふっとわかる、知らないことがあるのを発見する・・・

ざっくりしていますが、人の求める知識、知恵、叡智が、今であるならコンピュータや人工知能への憧れにつながっているのかもしれません。

 

「愛」については、

 

「真実の愛は幽霊のようなものだ。みんなそれにについて語るのに、見たことがある人はほとんどいない」

(フランソワ・ド・ラ・ロシュフコー)

という名言もありますね。

 

不思議な国のアリスに出てくる、

「この世を動かしているものは愛である」も名言ですね。

 

スピリチュアルでも、ほかの知識や情報でも、たくさん取り込むと疲れます。

疲れるとわけがわからなくなります(笑)

 

息抜きしながら楽しく、時には集中して情報を取り込むなら、有益に適度に活用できるでしょう。

・・・ご参考まで。

芯から安まること

「芯」は花の中心にある雄しべや雌しべ、木や草の「一番のびるところ部分」という意味。

草冠に「心」ですね。

 

人間の場合も、一番のびるところがあります。

メタフィジカル(形而上)としては、人格、本質、心の成長などと言われるものです。

 

人からの評価や、指摘されて気づくこともありますが、自分自身を内観したり、自己成長・自己啓発に意識の高い方は、自らの成長具合を感じ取るものです。

 

それが、作品、仕事、能力、体力などに現れて、自己の伸び具合や、逆に伸び悩みと受け取るかもしれません。

 

さて、成長や伸びる!ためには、努力したり、効率よく切磋琢磨したり、鍛錬やがんばるイメージがありますね。

それらの試みが成果を出したり、心地よいときはやり方が合っています。

 

しかし、どうも頑張っているわりには、ストレスやイヤイヤ感が強いなら、他の伸び方、成長のやり方があるかもしれません。

 

そう・・・意外にも、頑張りと対局にありそうな、

 

休む/安む/寝む/憩む/

です。

 

そっとしておくことが成長や進化作用を促すのは、発酵食品の仕組みや、スポーツや体力づくりのプロセスに見てとれますね。

 

発酵時期(パン生地、納豆、酒、味噌・・)はいじると失敗します(発酵の菌がダメージをうける)。

怪我や活動停止期間の休養で、めざましくパフォーマンスが向上することはよくあります。

 

これらは、表面上では停滞や不活発な状態にみえますが、深部(芯)はふつふつと調整し活性しているのです。

 

 

「自分では年齢は気にしないでいようと思いますが、さすがに衰えというか、年を感じるようになって。

5年前、10年前にくらべて、時間や体力が要るし、すぐスタミナが切れて続かないんですよね。

まぁ、そういうのも受け入れているつもりですが、なにかココにあるんじゃないかって、思いまして」

 

と、Nさんの含みのあるご相談から、

「ア・ラ・カルト」セッションは始まりました。

「ア・ラ・カルト」セッションは、春の限定、3部構成のゴージャスセッションですほっこり

 

「デトックス&アンチエイジング」の部で、Nさんが感じている潜在的な理由と、包括的な解決方法を解いていきました。

 

Nさんは、潜在意識下のイメージの中で、学生時代からの友人や職場の後輩たちが、自分を能力的に追い越していく体験を視ました。

 

Nさん「でも、これは現実にはそんなふうに比較したことも、考えたこともないし競争相手じゃないですよ。それに、正直いって、優劣じゃないけど、自分のほうがかなり前を進んでいる感じがしてますし」

 

さらに、この体験を深めていくと・・・

 

Nさん「たぶん、さっき出てきた友人や後輩たちは、自分のことかもしれない・・・他人に対して競争意識をもったことがないのは、いつも、ずっと自分と競争してきているから。

それが当たり前で気持ちいいんだけど、自分と競争するように生きることを、何か変えたほうがいいんだなぁ・・・」

かつては、Nさんの成長になっていた自己成長が、新たに進化するフェイズにあるようでした。

 

「ア・ラ・カルト」セッションの後半で投資(透視)リーディングをしていくと、Nさんの「自分と競争する」やり方については

 

時間を止める、時間のない世界で行うなら、消耗も無駄も起こらない

というメッセージが出てきました。

 

時間は因果関係を作ります。

時間から自由になった自己成長や切磋琢磨には、一時的な結果や成果にとらわれない、愉しさや悟りが起こります。

 

時間を忘れて集中したり、没頭して疲れず、むしろハイになるといった次元ですね。

活発なのに安んでいる・・・といった具合です。

 

 

 

ア・ラ・カルト セッション

 3部構成で開花していきます!

無難さが大きな難に!

すべての人、あらゆる時期に当てはまるわけではありません。

 

が、近年からこの先、ざっくり2020年頃までは、無難さは大きな難になる可能性があります。

難が無いのに、一体どうやって大きくなるのだ?(笑)

 

 

「難」は「難しい」とか、「苦難」などと使われるため、避けたい状況かもしれません。

 

しかし、難しさや苦難と思われる経験や時期は、概ね、新しい変化=進化に通じるポイントを示しています

 

ポイントの切り替え方や、その後の状況などがわからない段階のため難しいと感じるものです。

 

特に無駄な抵抗をしたり、何かに固執してしまっていると、難しさや苦難が増幅しますが、これも難易度が高いほど、大きな変化=進化につながっています。

自力でどうのこうのではなく、時代様式のレベルで発生することもあります。

 

無難さを目指すにせよ、自然に無難にやってきたにせよ、まとまって動き出すときは、大きな難に感じます。

 

ざっくりここ2年、細かく難が起こったとしても、まったく自然な営みですし、むしろ難をしかける意味でのチャレンジ、冒険心はとても理にかなっていることでしょう!

 

そういう意味でも、自分に投資する(金銭の枠を超えたレベルでも)価値は上がりそうです。

 

4月からの「ア・ラ・カルト」セッションでは、投資リーディング or 透視カウンセリングウインク

coming soon!!

 

愛をパワーアップすると?

今、あなたがパワーアップしたいことは?

 

元気がなかったり、うまくいってないとき・・・

それらを補うようなパワーが欲しくなるでしょう。

 

3月になり温かい日が増えたせいか、春のパワーアップコーチングで「そろそろ、パワーしておこうか」という感覚のクライアントさんが、さまざまなテーマをパワーアップし、面白い発見や変化をみせてくださいます。

 

健康や体力、仕事関係、お金、クリエイティビティ、意識波動、人間関係、愛、パートナーシップ、etc

もっと具体的なものが挙がるかもしれませんが、「愛」や「生命力」をパワーアップすると、いずれのテーマもチャージできます。

 

パワーアップコーチングを受けておらずとも、「今日はパワーアップしたい」「○○○をパワーアップしたい」と思ったら、あなたにとっての「愛」「生命力」となる源を明確にしてパワーアップする方法をとってみてくださいね。

 

さて、コーチングセッションでは、「人間関係に疲れやすい」「もっと体力や気力がほしい」というSさん。

本質を高めてークリアにしー拡大拡張しーブーストすると、Sさんのこれらのパワー源は、自分に集中すること、でした。

疲れる原因、体力や気力が消耗するのは、意識・氣が周りに分散したり、流れてしまっているときですね。

 

自分に意識を関心を注ぐというのも、愛!です。

 

この関心を注ぐ愛!はわかる人にはわかり、ピンとこない人もいるかもしれません。

 

わかりやすいのは、ママやパパの関心をひきたい年頃の子供たち。

自分に関心(愛情)を注いでほしいためには、容赦しないところがあります。

フツウのやり方では、こちらを向いてくれないと、泣いたり騒いだり、病気になってみたり、問題を起こしたり、子供たちは独創的なアイディアをもっていますね(まぁオトナもやりますが)。

 

家族・夫婦関係のパートナーシップをパワーアップしたいというYさん。

 

コーチングの工程でパワーアップをレベル1から5まで高めたり、本質を高めてブーストしていくと、

 

「家族ひとりひとりが自由になってます。お互いがいい感じで気になってないし、影響しすぎていない」

「お互いいろいろなことがあって、今なんだという、実際には私は経験ないけれど、いろいろ乗り越えた先に思いやれる夫婦の感覚です」

「(柴又の)寅さん!が出てきてます。寅さんがいるところに家族ができる、人が集まってくる・・・」

 

確かに、寅さんはふらっとやってきて、実家に帰ってくることでトラブルやドラマが起こりながら家族や人が集まりますね。

 

Dreamstimefree_1892706


愛がパワーアップすると、同じ現象にもあらゆる可能性やその後の現実的な展開が用意されます。

いつも愛や生命力が満タンなことは難しいし、むしろ不自然でもあります。

しかし、愛や生命力のサインや常態を知っておけると、かなり違います。

 

ちなみに、ホンモノの愛や生命力を増す方法は?

 

人やまわりにあげることです、無償でねラブラブほっこり

 ケチケチしたくなってるときは、すでに弱まっていますねー

 

春のパワーアップコーチング

3月31日迄です!

 
 

かわい子ぶりっこ

昭和を一世風靡したアイドル時代

「かわい子ぶりっこ」流行りましたね!

 

今どきの中高生ー20代の方々も、当時のカルチャーを動画で見たり、親御さん世代の会話からフツウに知っているワードのようです。

 

「かわい子ぶりっこ」は、文字どおり可愛い子ぶる、「いい子ぶりっこ」は、よい子ぶる演出がはいっているわけです。

 

ネガティブに解釈すると、かわい子ぶりっこは、同性ウケがよろしくないとなりますが、実は、かわい子ぶりっこはなかなか奥が深いのです(笑)

 

今どき、男性の中にかわい子ぶりっこはいますし、年齢層も広がっています。

 

さて、懐かしい「かわい子ぶりっこ」の意識レベルにおける情報は、Mさんのセッションで透聴したワードです。

 

ご本人もさながら、リーディングした私自身も、Skypeカウンセリングの冒頭で「かわい子ぶりっこ」情報が出てきたときはチンプンカンプンでした。

(コラムをお読みなら)Mさんへの補足も含めご紹介します。

 

Mさんは、職場の体制がよくない中、最後まで頑張ってお仕事を続けていました。

周りがどんどん離職するなか、最後まで居残っている形です。

 

転職を心にほぼ決めていながらのご相談です。

 

転職や離職のご相談は年中ありますので、少なからず私もだいたいの先入観があります。

ところが、Mさんのお名前を言っていただき、エネルギーに集中すると、

 

「かわい子ぶりっをやめたら(適した仕事・職場が)わかる」

というもの。

 

今の職場に限らず、今後の転職先であれ、Mさん自身の天職や活動にも影響するワードです。

 

かわい子ぶりっこが、なんとなく煙たがられるのは、何かを隠しているからでしょう。

隠しているものは、ある種の強み、パワー、本音など、本領を発揮する可能性があるものです。

 

かつて、特にかわい子ぶりっこがブームになった時代は、それが妥当に通用し、世渡り上手、人ウケをよくする方法でもありました。

 

現にMさんは、周りの人たちの仕事などに関する相談を受けると、とてもよくアドバイスができる方です。

不満や文句を感じながらも、大きな問題をおこさず仕事をしてきています。

 

意識的にかわい子ぶりっこをやっている人はともかく、Mさんのように自覚なく(あるいはいつの間にか忘れてしまったのか)かわい子ぶりっこ・いい子ぶりっこで過ごしており、それが自分の力を弱めていたり可能性を閉じていることがあります。

 

そのことに気づくと、何をどうしたらいいのか?よいかわるいか?という基準ではなく、自分自身の誠実な判断によって、内在する選択肢から行動を決めていけるでしょう。

Info: サイキック講座〈上級〉日程変更のお知らせ

昨年下半期から入門ー基礎ー初級ー中級・・・と進まれ方は、いよいよ上級クラスとなります!

当初の日程と、一部変更あり、こちらのブログ(コラム)にも連絡事項アップしておきますね。

 

サイキック講座上級 8日間 

2018年

4月1日(日)・14日(土)・15日(日)・21日(土)・22日(日)・28日(土)・5月3日(木祝)・4日(金祝)

13:00-17:00

 

〈変更日〉

4月7日(土)・8日(日)→ 5月3日(木祝)・4日(金祝)

 

上級生による「サイキックリーディング体験」は5月3日・4日の予定です。

体験を受けてみたいという方は、詳細決まりましたら4月上旬にお知らせいたします!

上級は2年に1回開催する程度ですので、体験の機会も愉しみかと思いますほっこり

 

サイキック講座上級 

期間限定メニュー「ア・ラ・カルト」セッション

期間限定メニュー

「ア・ラ・カルト」セッション

4月1日(日)ー 5月31日(木)



いよいよ春のエネルギーが、あなたに内在する可能性やパワーを開花していきます。

心の準備は整っていますか。


春から初夏にかけて、多くの花木が鮮やかに賑わうように、「ア・ラ・カルト」セッションでは、複数の手法を用いながら、あなた自身が鮮やかで元気に過ごし、活動(静と動ともに)していけるような体験をしていただきます。


大きくわけて、3つの構成です。



(1)デトックス&アンチエイジング

女性のテーマに思えますが、男女とわず、より深部の意識におけるデトックスとアンチエイジングです。


私たちは日々の生活、経験を介して、エネルギーレベルのメタボになっています。

体型の痩せ型・太め型とわず、不要なもの、劣化や不健康な老いに通じる要因を溜め込んできています。

意識的に、習慣的に気をつけていても、これらのことは付着しますし、ある程度まとめて処理することで、健やかに若々しくなります。


セッションの最初で落とせるもの、外せるものをデトックスしましょう。

デトックステーマの一例として、たとえば・・・



・   思考・メンタル浄化(特定の考え方、マインドの状態など)

・   感情のデトックス

・   習慣改善

・   慢性症状の緩和アプローチ

・   セルフイメージのデトックス

・   固定観念・特定の価値観のデトックス

・   人間関係・特定の人物におけるデトックス(過去・現在)

・   特定のデトックスしたいモノ

などがあります。

 

アンチエイジングは、2015年の「アラカルトセラピー」ではおこないませんでした。

今回新しい試みです。

「時代」がエイジングの概念に自由を与えてきた今だからやりやすいテーマになりました。

 

時間や歳月の経過という時間軸をベースにした価値観や観念が、表層の老化・老化現象に大きな一役をかっており、それらは真の意味で、とある信念や信仰にすぎないものです。

あなたを無駄に劣化、衰えさせている潜在的なアンチエイジングを発見し、新しい時の概念にギアチェンジしていきます。

これは多くの方にとって、興味深い発見があることでしょう。

いかんせん、現実の日常生活に、時間のサイクルの違いを体験するはずですから!

 

(2)投資リーディング または 透視カウンセリング(どちらか選択ください)

 

「投資リーディング」(誤字ではありませんよ)は、あなたにとって今現在ー将来の可能性にむけて利得になる得る情報をリーディングして、お伝えいたします。

ほとんどの方は(精神世界に造詣の深いと思われる方も含め)人生を損得や善悪の基準ではかるものです。

それはわかりやすい指針でもあります。

 

「投資リーディング」では、あえて、利得(プラス)や物理的にも魂レベルでも豊かさに通じるものを見つけていきます。

単純な事例をあげれば、運動や栄養のある食は、健康であるための投資でしょう。

投資リーディングは、利得と理解できるものが読んで取れるときもあれば、「絶対これは損失だ!」という幻影の中にサプライズな利得を発見することがあります。

 

ご自身が自覚していない、潜在的な「投資情報」を今後の利得につなげていただきたいものです。

または、当座お困りのこと、ご相談なさりたい案件がある場合は「透視カウンセリング」を選択なさってくださいね。

 

(3)タイムトラベルセラピー・ショート版

今回も一例と以下の「旅先」を用意しています。

 

・   インナーチャイルト

・   特定の過去

・   前世療法

・   未来順行

・   ハイヤーセルフとの対面・対話

・   スピリッツガイドとの対面・対話

 

ご自分自身で「わかる」感覚、気づきやアイディア閃きとつながるスイッチを開拓するには、潜在意識モードを体験することです。

 

過去や前世、未来のテーマに関心がある方は時間軸ベースで、ご自身の意識覚醒にご興味あるなら、ハイヤーセルフやスピリッツガイドとコンタクトしてみましょう。

体験した潜在意識モードを日常的にキープするコツも、ぜひハイヤーセルフやガイドに教えてもらいましょう。

 

内容十二分なセッションですが、バランスよく構成された「ア・ラ・カルト」セッションは、春のエネルギーとの相乗効果を期待するため、シーズン限定となります

 

今年2018年からこれまでの調子や動向、これからのご自身の計画プランにあわせて、ぜひ本セッションをご活用ください!

期間限定メニュー

「ア・ラ・カルト」セッション

4月1日(日)ー5月31日(木)

 

 

〈こんな方におすすめ〉

・日々、バランスよく過ごしたい

・周りに流されず、意志や自主性を持っていきたいが、臨機応変でもありたい

・新しい時代がどんどん拓かれていくのを感じており、一役担いたい

・これまではこれまで。これからの出発点や分岐点にいると思う

・ホンモノとニセモノを自分で見極めたい

・身体や心に痛みや違和感がある

・本当の自分、自分らしさとはなんだろう、と思うことがある

・既成のスピリチュアルや精神論ではない、自分らしさのスピリッツを感じたい

・自分には何か可能性や潜在的なチャンスがあるかもしれないと思う

・心や魂の洗濯をしてスッキリしたい

・愛や生命力を豊かにしたい

 

 

〈セッションの内容・流れ〉上記参考

 

(1)デトックス&アンチエイジング

(2)投資リーディング または 透視カウンセリング(どちらか選択)

(3)タイムトラベルセラピー・ショート版

 

セッション料:64,800円(税込)120分

 

お申込・お問合せ:

03-5537-7554 (平日9-18時)

info@hypno-solution.com

お問合せフォーム

近日、志麻ヒプノHPにアップいたします。

女子的に名古屋ウィメンズ

数あるマラソン大会の中で、女子なら一度は出走してみたいとおぼろげ〜な候補にあった名古屋ウィメンブマラソン

 ↑オフィシャルサイトより画像転載

 

今年2018年3月11日(日)出走してまいりました!

 

思えば、昨年10月1日の東北みやぎ復興マラソンから帰宅後、その日が抽選締切り間近だったことから、勢いで名古屋ウィメンブマラソンクリック。

3倍強の倍率でしょうか・・・めでたく当選!

 

新春になり毎週光陰矢の如しのため、あまり十分なランニング準備ではありませんでしたが、楽しみな出走でした。

前日は受付のため、早々に名古屋入りし会場のナゴヤドームヘ向かいました。

ドラゴンズの本拠地!

 

勝田マラソンの雪やおきなわマラソンの夏日を経て、もはや大会の天候はあまり気にしなくなっていますが(笑)今回はとても走りやすい天気に恵まれました。

朝の気温はひんやり。

 

名古屋駅前のマリオットアソシエホテルから地下鉄で20分、ナゴヤドーム前矢田駅で降り、予想範囲内の混雑程度でスムーズに到着。

女子だけの特権は、ソコで着替えられること(笑)

 

スタートまでに体が冷えるのは、走り出してからしばらく影響しますから、なるべくギリギリまでフリーズを着ており、貼るカイロも中のシャツに装着しておきました。

さらに、前日のEXPOでゲットした、塗っておくと温かいジェルを首まわり、腕など肌の出ている部分ゴシゴシ。

トウガラシ成分が少々入っており、本当に寒くありませんでした。おまけに代謝も少し上がるのか、スタート後は走り出しもよかったですね。

 

ドームの構造をうまく利用した流れで、番号ごとに荷物袋を預けて、自分の出走レーンに向かい、途中320基用意されたトイレに並ぶこと30分、上空には撮影ヘリコプターが旋回する中、DJMCのノリを楽しみながら、整列。

なんせ22000人の女子ランナーですから、招待選手が出走して、おそらく最後の人たちがスタートラインを超えるには30分は要したでしょう。

私も、ネットとグロスタイムに15分差がありました。

 

今回はスマホを持たずに出走したため、途中の撮影はないので・・実は正月休みにコース下見試走した場面を少々ご紹介したいと思います!

 

名古屋市内を巡る、比較的平坦なコースなので走りやすいのと、大会は終始応援してくださる地元の方々で賑わうロケーションです。

ナゴヤドームを出発して、すぐに環状線にかかる歩道橋「ごまたまご〜」歩道橋、名前の由来が気になります。

 

10kmまでの名所といえば、名古屋市博物館でしょうか。

 

地下鉄堤田駅の近く、名古屋から世界発信したミシン界の大御所ブラザー(現在はプリンタ複合機や燃料電池も取扱)

 

11-12kmあたりに、絶対立ち寄りたいのは山田餅本店

大福、ほっぺよりやわらかいお餅にくるまれ〜美味しいのです

 

軒先きでプチ給食、何個でも食べれそうですウシシ

 

山田餅本店から1km少々で、特別なマクドナルド・・・何が?

 

こちら1000号店目

 

大きな通りをわかりやすくコースに取っていますね。

久屋大通には、テレビ塔がそびえ立っています。

 

もうひとつ聳え経つ名所といえば。

名古屋城と加藤清正の銅像。

大会中は、名古屋城も金のシャチホコも見た記憶がありませんイヒ

市内どまんなかですから、県庁・市役所や日銀もありました。

 

日本橋の日銀より地味と申しましょうか、あっという間に走り抜けてしまいます(そりゃ、走ってますからほっこり

 

名古屋ウィメンズMが他の大会と違うフィニッシュとすれば、ラストはドーム外周のコースを走り、フィニッシュラインそのものはドームの中となります。

(前日EXPOで撮影)

ゴール前1kmあたりから一層大きな応援が増えて、背中と少し重たくなった足を押してもらえます。

500m手前あたりには、スポンサーの大きな電光掲示板がコピーメッセージを投影。

 

「あんなに遠かった42.195kmがあともう少し」↑(フィニッシュ後撮影)

 

・・・個人的には、今回はとにかく「今」に集中して走ることに専念。今まではフィニッシュやタイムのことをチラチラ考えて走行していましたが、「ただ、今ココを走る」瞑想状態にトライしてみたのです。

すると、姿勢がほぼ最後まで崩れることなく、足の痛みもほとんどなく集中できたと感じます。

 

途中の給水は、最後のテーブルのものを取る方策をとりましたウインク

つまり走って行く先の給水テーブルには、たとえば、【3/7】は「7個給水テーブルがあるうちの3個目のテーブル」という意味の表記があるのです。

「走りきったチカラがこれからのタカラになる!」

確かに確実なエネルギーになっていると思います!!

 

「君の強さは、君だ」

走っているときは意味がわかったような気がします(笑)

完走メダルは、ティファニーのペンダント!

 

今年は菊のモチーフでちょっと地味な感じ?

後日、Tiffanyの店舗に行くとタイムを刻印してくれます(郵送も可能とのこと)。

Tシャツはなかなか可愛く、タオルは使いやすいサイズ。

スポンサーのメナードからこれまた女子にありがたい基礎化粧品一式(ポーチ付き)と美容液ミスト。

 

あるラン友さんお父さんが「ROLEXとか男子用の大会やらないかなぁ」とつぶやいていました(闘志炎上しそうなメラメラ

 

名古屋なら本来日帰りの距離ですが、東京から遠方の大会で前日受付制度の場合は、前泊しなければいけません。

名古屋ウィメンズに絶対エントリーをめざすなら「宿泊券付き」の申し込み(先着順)やスポンサー枠もあるのが有名ですね。

私の周りのラン友女子たちも、スポンサー枠で応募し、NBの靴で出走したり、早々に宿泊付きプランでエントリーしたそうです。

 

確かに抽選で当選した場合、その後はホテルはすでにほとんど埋まっていますあせる

そこで、私は新幹線とホテルのセットプランにしました。

 

余談ですが、かなりお得な料金で優良ホテルに泊まれる確率高く、運良ければおすすめだと思います。

なにげにスペーリア、大会じゃないとき泊まりたかったです。

前日エントリーとともにEXPOがありますので、足が疲れすぎないよう注意は必要ですが、結構収穫もあると思います。

 

前方は座席で休めますし、中央には当日走り込んでくるはずの?!フィニッシュやEXPOブース。

ご当地フーズ、全国的に人気な牛タン・スタミナ系の飲食ブースが充実。

 

Tiffanyのボックスをデザインしたゲートで、当日はタキシード隊がフィニッシャーにペンダントを渡してからの、写真撮影タイムという流れ。

 

個人的にEXPOでの収穫1は、モルテン。

欧州あたりでは人気あるらしい、おなかが重たくならないカーボローディングなんですが、まだ日本では店舗展開していないようですから。

320と160があります。320のミックスを500mlの水でシェイク(あらかじめ少し水を飲んでミックス分を減らす必要ありますが)。

なかなか溶けにくいですから、シェーカーのほうがよいかもしれません。

味は、EXPOで喉が乾いていたので、あっさり飲めました。

ちなみに、大会当日朝は160を500mlの水で溶かし飲みましたが、こちらは味のないおしるこのような?でんぷんテイスト。

私は飲める味でした。

320はより糖質重視、160のほうは水分重視。いずれもおなかに負荷少なく効率よく摂れるのと、後半まで糖質エネルギーが持ってくれるそうです。

今回、ランの集中力が途切れなかった恩恵かもしれない?!

もう少し研究したい逸材ですねー

収穫2は、名古屋名物の青柳ういろう「アスリートういろう」

ほんのり塩味が効いています。

 

「ういろう!走ろう!がんばろう!」

「バナナなんて食べたら、皮で滑るじゃないですか?」

「ういろうの語源は、ウィメンズマラソンがんばろうです」

 

という上記コピー(笑)

大会では、30kmあたりのエイドでいただきました!

 

美味しかったですよーまったく塩味を感じなかったので、それだけ塩分摂取にひと役アリでしょう。

ちなみに、薄いフィルムを中央から剥く構造なのですが、エイドでは途中までめくりやすく剥かれており、ボランティアさんが2万以上のういろうをめくったのか?感嘆してしまいました。

 

広いEXPO会場で、偶然ラン友のGさんにばったり!

ランの波動でしょう(笑)

 

ところで、名古屋めしはバリエーション豊富、ひつまぶし、宮きしめん、手羽先、味噌カツなどなど多数あります。

 

今回はモーニング系(サンドイッチ)に重点をおきました。

コーヒー代にプラス200円程度で、トーストやサンドイッチ、場所によってはサラダや卵もつくという喫茶店文化in名古屋です。

名古屋駅新幹線降りてすぐのジャンシアーヌで小倉トースト。

 

エビフライサンドイッチでおなじみのコンパル

昭和22年創業の老舗店です。

 

ただスモーカー御用達でもあるので、私はテイクアウトでウシシ

15分ほど待っていると出来立てをいただけます。

手作りの安心感と、ボリューミー見えて、パン、エビフライ、キャベツのバランス絶妙で腹持ちと消化の加減がとてもいいです。

 

 

・・・・大会後2週間経ってしまい、名古屋ウィメンズ・レポは、試走会コース、EXPO、フードと蛇行しました(汗)

さすがはギネス記録大会とあって、華やかで安定感のある花マル大会ですね!

 

女子力もアップしたかはともかく・・・・

名古屋ウィメンブマラソン ありがとうぅラブラブ