ホーム > コラム

最近の投稿
過去の引力
お金という価値・報酬について
【ご案内】ハート・セラピー
開運のご縁〜開運フェスタvol9に御礼
官営八幡製鉄所〜歴史に足を運ぶ
呼吸7回×2セット 幸運な朝を迎えよう
進路は導かれている
波動が上がると人間関係は楽になる
背中に鉄板が入っている人
宝くじで夢を買う
 
アーカイブ
2017年2 月 (2)
2017年1 月 (12)
2016年12 月 (18)
2016年11 月 (11)
2016年10 月 (6)
2016年9 月 (15)
2016年8 月 (27)
2016年7 月 (7)
2016年6 月 (8)
2016年5 月 (11)
2016年4 月 (6)
2016年3 月 (19)
2016年2 月 (5)
2016年1 月 (7)
2015年12 月 (6)
2015年11 月 (4)
2015年10 月 (5)
2015年9 月 (7)
2015年8 月 (6)
2015年7 月 (13)
2015年6 月 (1)
2015年5 月 (1)
2015年4 月 (10)
2015年3 月 (21)
2015年2 月 (15)
2015年1 月 (16)
2014年12 月 (13)
2014年11 月 (10)
2014年10 月 (17)
2014年9 月 (16)
2014年8 月 (21)
2014年7 月 (8)
2014年6 月 (16)
2014年5 月 (13)
2014年4 月 (12)
2014年3 月 (12)
2014年2 月 (13)
2014年1 月 (11)
2013年12 月 (8)
2013年11 月 (16)
2013年10 月 (21)
2013年9 月 (19)
2013年8 月 (5)
2013年7 月 (5)
2013年6 月 (7)
2013年5 月 (10)
2013年4 月 (11)
2013年3 月 (21)
2013年2 月 (9)
2013年1 月 (9)
2012年12 月 (17)
2012年11 月 (19)
2012年10 月 (14)
2012年9 月 (8)
2012年8 月 (13)
2012年7 月 (10)
2012年6 月 (12)
2012年5 月 (18)
2012年4 月 (17)
2012年3 月 (11)
2012年2 月 (9)
2012年1 月 (15)
2011年12 月 (4)
2011年11 月 (9)
2011年10 月 (8)
2011年9 月 (6)
2011年8 月 (16)
2011年7 月 (13)
2011年6 月 (10)
2011年5 月 (12)
2011年4 月 (11)
2011年3 月 (19)
2011年2 月 (15)
2011年1 月 (8)
2010年12 月 (12)
2010年11 月 (7)
2010年10 月 (15)
2010年9 月 (11)
2010年8 月 (9)
2010年7 月 (10)
2010年6 月 (14)
2010年5 月 (20)
2010年4 月 (15)
2010年3 月 (19)
2010年2 月 (19)
2010年1 月 (20)
2009年12 月 (16)
2009年11 月 (13)
2009年10 月 (24)
2009年9 月 (9)
2009年8 月 (7)
2009年7 月 (13)
2009年6 月 (11)
2009年5 月 (9)
2009年4 月 (6)
2009年3 月 (5)
2009年2 月 (7)
2009年1 月 (7)
2008年12 月 (5)
2008年11 月 (6)
2008年10 月 (3)
2008年9 月 (4)
2008年8 月 (2)
2008年7 月 (3)
2008年6 月 (5)
 
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)QRコード
MySpace Japan
facebook
電子書籍 幸運女子・強運女子になるためのライフマネジメント
オーディオセラピー 「アストラル銀行(宇宙銀行)」CD 販売
10分間瞑想シリーズ 新登場
オーディオセラピー 2枚組CD 販売中
オーディオセラピーCD化!
アマゾン HMV
TOWER RECORDS 山野楽器
新星堂 i Tunes Store
Jazzy Music

COLUMN

過去の引力

地球・大地の引力は「重力」


この世に誕生してから去るまで、この惑星=地球にいる人間がほとんどですから(近い未来は宇宙旅行が可能でしょう・・・)、大地からの”引き”を意識する機会は、ほとんどありません。


でも、重力や引力に重きをおいている方たちは、少なからずいます。


力学に携わるか、運動など、体に重心を感じるようなトレーニングを心がけていると、引力や力に対する耐性を感じ、力の特性を活用することができます。

私たちは無意識に地球の重力を体感していますが、よその惑星環境は、知識で知る限り異なる重力です(重力に限らずあらゆる諸条件が異なる)。



また、地球では、地球レベルの重力諸々により、物質という概念が存在しています。


そして、重力ゆえの制約があります。


そんな「重力」に類似している「観念の重心」を支えているのが「時間」です。


重力のせい or おかげで、地面から足は浮かず「ニュートンの法則」どおり物が落下するように、「時間の引力」が強い世界観に生きていると、様々な時間・時のポイントに留まることになります。


様々な時間・時のポイントとは、個人レベルにおいては歳月や時刻よりも、年齢、経験や創造的体験(真実とは限らず、自己が認識した「事実」や記憶)です。

一考すると、そこに足跡があり、意識体が定まるわけですから、道理に叶っているような気がします。


それが、心望ましいものであるなら大いに結構です!




ところで、その時間・時のポイント、年齢、経験、創造的体験から、相応の力が作用すれば、動くことができます。

 
あるいは選択したり他の可能性がある、と言った方が良いでしょうか。


地球の重力より強い力のクレーンで引き上げれば、物は地面から離れます。

同様に、時間の引力に力加減ができれば、どうやら自在になれそうですね!



ところが、重力に特殊な磁力が働き、通常より強力な吸引力のある大地があるとします。

強力なだけではなく、他とは異なる性質のこともあります。


Dreamstime_16922520


時間・時・年齢・経験・創造的体験にも、特に強力で特殊な引力パワーが働いていることもあります。

そこは、周囲のものを飲み込んだり、調子を変えたり(変調・乱調・撹乱)します。

稀に、未来世や他の惑星から地球に訪れている人(というか宇宙人)が、そのような働きをすることがあります(注:革新的な意識の地球人)。


概ね地球にいる人間(とりわけ地球へ学びに訪れている段階)は、「過去」と名付けている「時間の引力」に、かなり規制を受けています。

大半は、ガリレオの時代の「地球はお盆のように平たい」説を信じているように、時間に依存し拠り所としています。


これは時代遅れとか、皮肉ではなく、相応の人類進化の前提があればこそ、世界は無駄なケオス(混乱)を起こさずに成立するからです。



こうしてだんだん地球全体の重力と、そこから起因した「時間の引力」に慣れてきた人類は、様々な力を会得し、新たな力を生み出し、革新的なモノを創造することにも成功してきています。

その最中には、悲劇的な事象、惨事も起こりますが。


私たちの日常、身の回りに創り出されたモノのおかげで、私たちの意識も少しずつ「時間の引力」から自由になってきています。

新たな引力や力の特性が研究され、実用化に向けて創り出されている時代ですね。


そんな周りの変化に気づいていくなら(うっかり気づかないくらい使いこなしているはずですから!)、


自分が誕生して今日までの歳月は、特定の「過去の引力」を足場にしたり、足枷になっていることにも、自覚を覚えるようになるでしょう。


・・・と、なぜ重力や時間の引力の話題を引き合いに出したかといえば・・・ねー



この15年余り、私なりにセラピーやカウンセリングを通して、地球の惑星的な変化は、人の心や意識にも確実に作用しているように感じているからです。


地球の時間的特性や引力から適応するコツがわかるクライアントの皆さんは、ご本人の望む情況展開が早い、またはタイミングに乗るのが上手いです。


わかるというのは、動物的な自然のカンを働かせているのかもしれません。

むしろ、日常生活で自覚する意識としては、なかなか機能しないゾーンです(特殊な装置では計測可能でしょう)。


一方で、本来自然に発生してる地球の特性変化を察知し適応するのが遅れていたり、慣れない状態だと、時間がループした経験や価値観念の中で生きる(繰り返し、パターン化、変化したつもりが特定のポイント・過去に戻ってくる)ようになります。


ループ、とりわけ時間のサイクルに引力を取られたループは、なかなか厄介ですね。


そもそも生き物は、適応能力、潜在的な生存能力がありますから、遅かれ早かれ、調整や適応するものと思われます。


重力や引力(「時の引力」を含め)は、相対的な均衡バランスを保っているので、むやみに、よかれと判断できず、勝手にいじることができません。



過去や未来をテーマにした、様々な、SF物語、アニメ、ドラマなどでも、さらっと「過去を変える」ことはルール違反となっていますね。


あるいは、ヒーロが過去を変えたつもりが、望まない展開になったり、未来を望むように変えて現代に戻ってきたら、結局、未来と現代が錯誤している、という物語もあります。



人の心の中(意識体、脳内とも)で創り出している、あるいは記憶している「過去の出来事」、今に影響し繋がりを与えている「過去」、「過去」に関わりのあった事件や人間関係で強烈なもの・・・それらに囚われているなら、その「過去」はかなりの引力を発揮し、今現在を形成します。
 

「過去」の時間のループから抜けられないケースもあります。
(今世だけでなく、過去世からのループも!)


現代では、時の引力に対して講じるなら、ある種の特殊能力(機能)や、訓練(修行)を要します。


しかし、すでに、世の中に少しずつ、誰もが「時の引力」から解放されたり、調整する方法を示す情報が流れはじめていますね。
 
 
時間をベースにするなら、はるか過去から伝わる叡智の一つですが、時間の概念を超越するなら、はるか過去ー今ー遥か未来は同期している訳で(パラレルライフとか、並行宇宙)それを認識するかどうか?だけなのかもしれません。



なんだか壮大な話?と思う方でも、「宇宙は極小と極大を兼ねます」
 
だから、ご自身の日常、一日においても同じお話!



過去」や時の引力から抜け出す、未来への不安や危惧する力を手加減するなら
 
    「常に、今を生きる意識であること。」
      「今の意識でいる。」
 
言うは易しですが・・・今を生きる意識には、
集中力、修行(練習)、愛が必須でしょうか・・・。
 
 
 
見渡してみると、時間のループに入ることで「過去」などの時間の概念、記憶を失う場合もあります。
 
生き育った世代によっては、そちらに呼応するケースは増えているようです。
 
共に生きてきた周りの人々と通じ合うには困難ですが、よく似た愛の世界もあります。


あいにく移行期を生きている私たちは、大なり小なりのギャップがあり、それなりにご苦労様な人類世代かもしれません。
 


最近のマーベリックスタジオあたりのハリウッド映画「ドクターストレンジ」やティム・バートン監督の「ミス・ペリグリンと奇妙な子供たち」などは、時間という次元構造を存分に超えた作品です。個人的は、教材っぽいエンターテイメントかなとー笑


どちらの映画も、「時間のループ」のテーマが出てきますよ。

「ドクターストレンジ」は闇の力が、「ミス・ペリグリンと奇妙な子供たち」は大戦中や差別すると闇の力が、時間のループを生み出しているように観て取れます。
 
 
と言うわけで今日もつらつらと・・・
どこかのTV番組のようですが「ホンマでっか?!」的なお話でした ウシシ
 
 
 
 
P.S. これまで「時間の加速」は、科学技術が成功し、意識の観点からも浸透しています(歳月が早く感じたり、アンチエイジングなど)。
 
今後は、ワープやトランスポート・・・・ドラえもんの「どこでもドア」的な革新。
必ず意識の変化が先行し、相応の意識量に至ると、モノとして現実化するのですニコ

お金という価値・報酬について

「お金について、スピリチュアル的にはどう捉えたらいいのか?」
 
「『引き寄せの法則』や、感謝と豊かさの関係の話を聞くけど、イマイチうまく回っている実感がない」
 
 
 
お金について、釈然としないポイントを知りたい、というクライアントさんのお声がチラチラと届きます。
 
 
お金の働き、役割は、今後の人類意識の中で諸説変動するでしょうから、今日は、クライアントの皆さんの事例を挙げながら、いくつかご紹介したいと思います。
(現代の資本主義社会を踏まえて)
 
  Dreamstime_xs_14813270
 

一般的に会社勤務や雇用元のある人は、その働きや能力を給与や報酬で確認します。

 
給与や報酬があってこそ、働きのインセンティブになるし、逆に給与や報酬がなければ、働きを正当に評価されていないことになります。
 
 
実際の現場では、多少曖昧なところはありますが、経済社会の基本ルールでは、様々な仕事やサービス、物質の対価として、お金が価値を定め、人々の生活や経済の流れをスムーズに執り行っています。
 
商店や生産者を営む人々など、基本的に納税する立場であれば、相応の経路をたどって報酬価値を受け取ります。
 
 
さて、このように便利なはずの慣習は、他の事象同様に、ときとして私たちの心や生き方を複雑にします。
 
例えば、あらゆる価値を、まずはお金や数字で測る思考のくせがついてしまったようです。
 
 
時期を問わず(しかし、景気低迷の野田内閣の頃は増えましたですねショック)お金や収入に関するご相談は通年トピックです。
 
ほぼ核心は、お金が問題ではありません(さすればご相談場所が違うはず)。
 
 
だいたい、ご本人が熱意や志を抱く対象を見失っているとき、その不安な常態を、お金や将来を想定した収入の不安に結びつける特徴があります。
 
時には、見過ごしていた潜在的な問題が表層化し、金銭トラブルやお金が絡んだ人間関係に発展するケースもあります。
 
お金は、私たちのさまざまな本質を代弁し、社会や個々人の景気を示す指標役ですね。
 
 
 
結婚して家庭に入るまで、金融やファイナンス系の仕事をバリバリされていたMさん。今は、ある意味とても落ち着いた暮らしをご主人の家族や子供と過ごしています。
 
もちろん多少の・・・時には感情的に膨れ上がるストレスもあるようです。
 
そういうときは、子育てがひと段落する少し前から、前職を活かして、何か仕事や活動をしたいと思っていらっしゃいます。
 
キャリアを経験している主婦の方は、少なからず、主婦業や子育てに専念していると、自分の働きや価値がわかりにくく、正当に評価されていないような不安を感じがちです。
 
早く会社や仕事のある生活に復帰して「価値」を発揮しなければ、という焦りもあるようです。
 
 
「自由に使えるお金は欲しい」とか「もっと暮らしを豊かにしたいし、将来に備えておきたいから」という言い分はあるものの、やりがいが目に見えて実感できる給与のようなカタチで確認したいようです。
 
 
贅沢と思われるかもしれませんが、経済的、物質的に恵まれた常態をご本人の努力も含め送っている奥さま方は(先週末の開運フェスタではそのようなケースが4、5人いらっしゃいました)「ソコに何かが足りない」「このままじゃいけないような気がする」とおっしゃいます。
 
恵まれていることに、感謝する気持ちもお持ちです。
 
しかし、自らがイキイキするような、生きている実感(挑戦や危うさを含め)が感じられなくなると、エネルギーが弱くなり、徐々に不安定になってきます。
 
もしかすると、自己の存在感や意義、やりがい、生きがいを求めるのは、生命力を備えるあらゆる生き物の本能からでしょうか。
 
(世代や、地域、育ってきた環境、教育文化により、個人差はあります)
 
 
 
 
音楽家として技術、実績とも積んできたIさん。これから益々活躍の場が広がっていきそうです。
 
年始のリーディングで金運のテーマを拝見すると、少しおかしな(笑)画像が出てきました。
 
Iさんは、ギャラ・つまり報酬として、黄金色に輝くエネルギーを差し出されています。
 
差し出す方も「お金ではないのですが、こんなものですが、こういうカタチでした渡せないのです」と申し訳なさそう・・・しかし、黄金色に輝く、豊かで非常に価値があるもののようです。
 
現に、Iさんにもギャラには思えていないご様子。
 
その画像の様子をお伝えすると、さすがに活動歴の長いIさんですから、
 
「以前はギャラが少ないと正直なところガッカリというか、仕方なさを感じましたが、今はそれが人のご紹介やご縁、次のお仕事へと繋がっているとわかるようになりました」と。
 
しかし、まだ画像の状況から判断するに、ご自覚されていないモノがありそうです。
 
これが、大学入試などの数学の自由回答問題なら、途中式まで部分的に正解!な感じでしょうか(笑)
 
 
この正解のヒントとして、シャーロックホームズの名言が似合うかもしれません。
 
「私にとって(探偵の)依頼そのものが報酬だ!」
 
 
本質の報酬を受け取っている(自覚している)なら、それに適う努めを続けるなら、やがて相応に適う他の報酬も受けとるでしょう
 
 
・・・これ、広く言えば、バイトやパート、派遣、社員、経営者、家事手伝い、主婦、研究者、奉仕活動者・・・全て繋がります。
 
 
 
さて、すでにお金、蓄財というカタチが整っている場合、次に求める価値測定基準は、社会貢献や周囲に還元するサポートを求めていきます。
 
「誰か、人のお役に立ちたい」という志です。
 
 
お金、蓄財に限らず、すでに相応の能力や、社会的・特定の分野において評価を受け、地位や立場が安定している方々は、「何かこれから○○について貢献していきたい」というビジョンを描き始めます。
 
このような時は、貢献活動を通して、報酬に値する豊かさを求めています。
 
仕事から給与をいただくように、貢献活動から何らかの豊かさをいただくことになりますが、どちらも世の中の循環の説に叶っています。
 
 
だいたい自分のハートからやりたいこと、情熱を帯びた活動は、何かしらの自然の循環サイクルに沿っています。
 
 
 
昔から人が集まるところにはお金が動くと言われますが、人の動きが活発なほど、そこはエネルギーも大きく動いています。
 
ということは、動く=行動することで、お金やお金に匹敵するエネルギーが呼応します。
 
 
 
「人間生きているうちはお金が必要だが、亡くなったら、お金はいらない」と言いますもの・・・(お墓や法要などにかけるお金は、遺った家族の所望)
 
 
経済社会の中で、お金は多役をこなしています。
 
人々を喜ばせたり、怒らせたり、救ったり、戦い・争ったり、生み出したり、殺しの立役者であったり・・・大変売れっ子ですね。
 
 
心や魂のポイントから観察すると、ハート・心持ちが豊かな常態であるかどうかを示す役割もあるようです。
 
(C.ディッケンズの「クリスマス・キャロル」など、超自然現象も描かれた教訓でしょうか・・・)
 
 
 
「お金があれば、自由になる、豊かになる、幸せになる」
 
「お金が万能でないのはわかるけれど、お金は欲しい」
 
「お金がたくさんあると、災があるんじゃないか」
 
  Dreamstimefree_497067
 
いろいろな考えがあるかと思いますが、↑いずれの捉え方も同じ常態にあります(似たり寄ったりという意味で)。
 
なぜなら、お金があなたの価値を与えているからです。
 
あなたが価値を創造し発揮するにつれて、お金が一つのわかりやすい豊かさを証明します(注:戦後お金が紙くずになった時代、バブル、インフレ、デフレなどは、価値観をシャッフルしますから、半永久的な価値の手形ではありません!)
 
 
満月にお財布をふる、金運アップ方法、お財布をきれいにする・・・・それらはお金やお財布そのものというより、使う側の心を磨く=心を清らかに豊かに高めるための方法と言えるでしょう。
 
願わくば心が磨かれ、高まっていくと、何よりご自分自身が価値の源泉(創造主の子としても由!宇宙ワンネス論でもOK!)ということが腑に落ちてくるでしょうおねがい
 
 
 
・・・とまとまりませぬが(まとめる必要もないがー)お金、豊かさについてさまざまな常識や観念がありますので、納得する、好きな、得意で、幸せ感に通ずるものを日々の人生に採用なさると良いでしょうウインク
 
何かしらのヒントとして、お金や経済に対する精神意識が少し広がれば幸いですニコニコ
 
 
 
 

流れ星[志麻ひぷのTIMES]流れ星

    よりお知らせをお届けいたします
<精神宇宙の世界・心理・人生・愛・人間関係・セラピー・WS情報 etc>

スマホ B7k24P_qrPC

 

【ご案内】ハート・セラピー

年末から2017年始にかけて、今年もたくさんの皆さまがイヤー・リーディングを受けられました。

 
似ているようなセッションはほとんど皆無です。私自身も愉しい時間を共有させていただき、ありがとうございました。
 
さて、明日から2月。
 
そして、2月から3月にかけての期間限定メニューをご案内させていただきます!
 
 
 
ハート・セラピー Heart Therapy

期間限定:2月3日ー3月31日

Dreamstimefree_1892706


早春は、まだ時に厳しい寒風を感じながら、春の兆しを迎えます。

少し不安定な季節です。


小春日和の温かさに希望を感じる人がいる一方で、まだまだ厳しい状況を耐えていると思う人もいるでしょう。


新しい息吹きが宿り、新芽を育むような下支えの頃は、それだけデリケートであり、現実にどんな春を迎えるかを左右します。


自然界の季節のように(日本には四季がありますので)、私たち人間にも準ずる「生き方の季節感」があります。



そこで、この早春は、例年の春よりも良き種(希望・目標・やる気=イキイキ)を蒔いていただけるようなセラピーをご用意しました。


セラピーとくくっていますが、ヒーリング(癒し)やセルフヘルプ(自己啓発)、エンパワーメント(自己改革)、スピリチュアルの活性(精神的な目覚め、本質を生きる)、コーチング(コミット、具体的なアクション)などの要素を贅沢に盛り込みました。



ポイントは、ハート(心臓・胸部・ハート)のエネルギーセンター

チャクラでは、第4番目のチャクラとなります。

ここは肉体を伴って生きる部分と、魂の部分をつなぐ大切な要です。


日常生活やキャリアなどに重きをおく社会的なご自身と、魂や本質を尊重して生きる魂のご自身を結びつけるところです。


どなたにもわかりやすい「ハート・セラピー」と、シンプルな名称をつけました。




「ハート・セラピー」フルセット(DX版)は、5つのテーマがあります。

あなたの特定の状況・問題について、5つのテーマに沿って行ないます。
もし、漠然とした状態、なんとなくハート全体をセラピーしたい、という場合でもOKです。




1)「愛」(恋愛、他者との信頼、コミュニケーション)

2月はバレンタインの行事もあります。恋愛や、他者との信頼コミュニケーションの課題です。
愛情、恋愛のテーマがうまくゆかないとき、そのほとんどが自分のハート次第で状況を変えることができます。ハートが乾いて硬くなっているときほど、相手や周りのせいにしてしまいがちですね。それだけ、愛はすべてを可能にする源泉です。

Couple_heart



2)「癒し」(ヒーリング、感情の癒しと理解、インナーチャイルド)

早春は雪解けです。心のわだかまりを解いたり、執着や歳月をいとわぬ癒しのテーマを解放すると良いでしょう。
「春眠暁を覚えず」というように、小春日和にいくらでも寝ていられるときは、安らぎや独特の休養・休息を必要としています。


Girl_heart


3)「デトックス」(不安や心配、否定、葛藤などの解消。安心や感謝につながる)

早春の植物や野菜には特別な成分が含まれています。味や風味にひと癖あるのは、毒出しや滋養成分の特徴です。冬眠明けの熊はそのような植物を好むと言いますから、不要物をデトックスするにはうってつけの季節です。



4)「パワーアップ」(コミットメント、感性・感覚を信じる、情熱と信頼を持って取り組む)

温度や気圧の変化が大きいため、体調、感覚、感性が不安定になりがちです。花粉症や情緒不安定な人が町中にも顕著になりますね。普段は気づかぬコンディションが表に出てきます。芽をだし始めます。感性や感覚を研いだり、やる気や取り組む目標が見えてくる場合もあります。春からの習い事や勉強のテキストが人気なのもこの時期です。

Girl_heartonhand


5)「自己評価を高める」(志や初心の自覚、自己の価値を高める、豊かさを受け取る許可)


日本の場合、卒業式、修了式、企業の年度末が多いという慣習的な影響を受けています。
 
せわしい中で、気持ちを切り替え、新たな初心や志を備えるタイミング。
 
春を目前にする時期は、自己評価も新たに設定できる貴重な時です。
自己を正当に尊重し評価することは、感謝を伴う豊かさを受け取る許可となります。
 
自己評価が、周りからのあなたに対する評価の指針になります。

Lady_sawayaka


読むとボリューミーに思えるかもしれませんが、ワークそのものは愉しいでしょう!
 
ヒプノ誘導、ミニ・タイムトラベルセラピー、NLPワーク、透視リーディングなどで5つのテーマを豊かにしていきます。


何より、自分のハートにご自身が積極的に向き合い、関心やエネルギーを注ぐことは、何よりハートを元気に感性化します。

何をすべきか、しないべきかなど、善悪や是非の価値観に疲れてしまっている方にも、自分のハートにエネルギーを満たす良いセッションとなるでしょう。




「ハート・セラピー3」フルセット(DX版)の簡易バージョンです。

上記1)ー5)の中から、3つのテーマをお選びいただきます。

ご自身で必要な課題が明確な場合には、お手軽にセラピーを受けることができます。



セッション料:
「ハート・セラピー」フルセット(DX版) 54,000円(税込) 120分

「ハート・セラピー3」43,200 円(税込) 90分


※ ハート・セラピーで扱う内容のほかに、特定のご相談に関する透視カウンセリングを含みますカナヘイうさぎ
 
ご予約・お問合せ:TEL 03-5537-7554(平日9-18時)お問合せフォーム
近日、志麻ヒプノHPにアップいたします。

開運のご縁〜開運フェスタvol9に御礼

北九州では恒例となっている「開運フェスタvol9」

 
ご来場された皆さま、ブースでセッションを受けたり、28日の講演ステージを体験してくださった皆々さま、どうもありがとうございました。
 
両日とも会場内、大盛況だったようです。
 
初日開場前にササッと見てまわりました。
 
 
IMG_0484
 
準備を終えた出店者さんたち
 
 
 
 IMG_0482
 
IMG_0490
 
宴会場外には、ハンドメイド商品の小ブースで、親しみある雰囲気。
 
 
IMG_0481
 
講演ステージの一角。
 
 
  IMG_0485
 
もう数年稼働しているバナー(笑)
東京や大阪の某フェアと違い、スペースにゆとりがあるのはありがたく、いろいろな装飾物はあるだけ活用。
 
 
初日は、お天気もよく、朝イチから終了時間まで30分セッションが続きました。
 
これまで西日本、九州でのフェアでお越しくださった方々(気づけば何年か?!)、ご友人や知人を同伴してくださったり、東京のクライアントさんのご紹介で来てくださったり・・・と何かのご縁を引き継いでお会いできたのは、大変ありがたいことです。
 
「開運フェスタ」だけあって「開運リーディング」が一番人気でしたが、賑やかな会場で前世療法を体験したり、趣向を変えてコーヒー豆でのリーディングもご要望があり・・・色々メニューをご用意してよかったかもしれません。
 
予約受付表が置いてあるだけという無秩序状態でしたが、適宜予約時間にお名前を書いてくださり、ありがとうございました。
 
 
 
 
「開運のコツ」などをご紹介する講演ステージは、開演時間トラブルはありつつ(笑)しかし、アナウンスでいつの間にか全席に集まりいただき、ありがとうございました。
 
毎度ながら、皆さま自身の意識下で体験をしていただきたく、最後の10分弱でシンプルにエネルギー波動をクリアにし、「開運の扉」を超えるという誘導体験。
 
感性の反応が早い方は、感情が出たり、すっきり感があったり、心地よく寝落ちるような意識ゾーンを体験されたようです。
 
 
2日目は、朝から温かい雨。近郊の方は車でお越しになるお客様が多いので、あまり来場者数に障らないのかもしれません。
 
 
面白いことに、2枠(2種類)を受けるというお客様が続きました。
 
ゆったりし、もう一越え納得したいテーマをお持ちだったり、のようです。
 
九州内、近県から少し遠出ながら、お声をかけてくださった方も、また両日会場を楽しんでいかれたお客様もいらっしゃいましたね。
 
 
いつもながら、このようなお手軽なフェア・イベントでも、長年の、あるいは半生のディープな課題をお持ちになる方はいらっしゃいます。
 
こんな賑やかな場所で、サクッとやっていいのかしら?!と思いつつ、むしろそのくらいのノリがちょうどタイミングよく作用することもありますね。
 
 
子供の頃からの傷害のために、不自由な思いをされてきたMさん。
 
さすがにこれまでいろいろと内観し昇華しているものの、タイムトラベルセラピーでインナーチャイルドに会って見ると、どうしてもチャイルドの傷や苦しみは癒せない、変わらないというトラップに入りました。
 
しかし、ほんのわずかでも、Mさんならでは希望、安らぎ、自由な要素が加わるだけでも、これまでの苦しみが緩むようですね。
 
 
両日とも「特に今、困っていることや悩みはないのですが・・・」という奥さまたちが多かったのも特徴です。
 
ハタから、世間的な女性の生き方の幸せを生きており、不自由なく恵まれている、と彼女たちは感謝もしています・・・しかし、何かが足りていないような、それは何だろう?という主訴です。
 
 
そうそう、2日目は、ゆるキャラ(宮若追い出し猫)さくらちゃんが会場を巡ってくれました。
 
IMG_0488
 
一人、二役です(顔側と頭側)から、撮影のときは2フェイス。
 
  IMG_0489
 
一緒に撮ったのは、出展者でもある「やよい窯」の大熊やよいさん。
 
温かい手触りと素材感を醸し出す陶器、作品をたくさんお創りになっています。
 
我が家にも、やよいさんのお茶碗や、アボカドやトマトがよく似合う蒼いお皿があります。
福岡県古賀市の古民家で工房や作品展示をなさっているので、お近い方にはぜひ訪ねていただきたいですね。
 
 
他の出店者さんも、おなじみ方々が増えましたから、東京からはるばる?来ても懐かしい感じが、勝手にしています(笑)
 
連続セッションのせいだけではなく、やはり土地のエネルギーの違いがあり、久しぶりに時間が歪曲する感覚です。
 
 
 
会場の八幡ロイヤルホテルは、温泉浴場があり、滞在中は朝に晩にと浸り、リフレッシュさせてもらいました。
 
  IMG_0475
 
ホテル周りのスペースワールド〜AEONコース(ぐるっと周回する車通り)は3km程度と、朝夕の軽ジョグにも恵まれていました。
 
 
今回はフェスタの後は、超特急で東京へ戻る日程でしたが、万事スムーズ。
ただ、日曜夜のフライトは混雑必至ですね。
 
 
さすがに疲れを感じながら、帰宅後に深夜TVをつけると、NHK地球ドラマチック「空の旅 知られざる舞台裏」を見ることに・・・秒単位の空路のナビゲーションと安全に感謝しました(させられましたー笑)。
 
 
 
追伸:毎度、主催のビガーライフさん、土井さん、今回もたくさんのご縁と、前日深夜ー明け方までの会場常設に御礼申し上げます!
 

官営八幡製鉄所〜歴史に足を運ぶ

明日1月28日から週末は、北九州にて開運フェスタです!

 
会場の八幡ロイヤルホテルから徒歩10分圏に、世界文化遺産登録の「官営八幡製鉄所」跡があるらしい・・・
 
チェックイン後、先着した展示用荷物を確認し、夕日が傾く前には軽装に着替えて足を運んできました。
 
出張にしろ、旅先は速戦的な体力・気力・脚力が湧き上がるから不思議。
 
 
日本の明治時代の産業革命の象徴ですね。
 
  IMG_0470
 
IMG_0469
 
もはや高炉はありませんが、旧日本事務所は健在。
 
IMG_0465
 
私が訪れたことで、敷地内のプレハブ事務所から、係員の女性が美術館の展示監視員のように距離をとって夕寒の風の中を立つ格好になりました。
 
旧日本事務所について尋ねると・・・
 
「一応耐震補強工事はしていますが、なにかに使われているわけではありません。土曜日だけ、JTBのツアー見学で中に入ることはできます」とヘルメットを着用した見学者たちを写した掲示物を見せてくれました。
 
 
概ねフェンス越しに眺望を鑑賞するようです。
 
夕暮れ時が、歴史鑑賞を引き立ててるような?!
 
  IMG_0471
 
 
 
  IMG_0462
 
高炉の前で当時の関係者一同の記念撮影ですね。
 
 
IMG_0472
 
世界文化遺産登録は、意外に最近。
 
  IMG_0461
 
記念の写真ハガキをいただきました。
 
徒歩10分で明治産業革命にタイムスリップするのは、少々近すぎる感覚です。
 
ココを訪れる前に、時間を超越する瞑想をやってきた影響かもしれません(笑)
 
そして、八幡ロイヤルホテルに戻ってきました。
 
明日1月28日(土)29日(日)10:30-17:00 開運フェスタvol9の会場はこちらです。
界隈の皆さま、see you soon!!
 
 
  IMG_0457
 
とびだすうさぎ2
 
スムーズな歴史探訪前に、東京→福岡→博多→小倉→光枝 多少の波乱あり。
 
羽田空港あたりの横風が強く、遅延と離陸の順番待ち・・・
 
離陸前に機長が落ち着いた信頼すべくお声で「本日はかなり揺れることが想定されますが、全く飛行上の安全には問題ありません」
 
とアナウンスしてくださったので、誰もパニックにはなりませんでした・・・というほどの揺れ具合(笑)横窓に頭を軽打しましたからね あんぐりうさぎ
 
 
IMG_0448
 
しかし、水平飛行に入ると、美しい富士山。
 
 
  IMG_0452
 
 
IMG_0456
 
毎度、濃いめのタリーズコーヒーとチョコレートでひと息。
 
 
 
福岡空港から先・・鹿児島線のシステム障害でさらに長旅は続きました。
 
もっとも、おかげさまで道中の雨は上がり、晴れた時分に到着できたのは、お約束の「災いなき恵」です。
 

呼吸7回×2セット 幸運な朝を迎えよう

長年のクライアントのみなさまから、時々つぶやきのような、近況報告のような、何気にアドバイスをお求めのような・・・メールが届きます。

 

私宛の名前が書いているとき、いきなり本題から始まるときとあります。

  

心配や不安の9割以上は、実際に起こりませんので、感覚的に対応しており、返信をお返しすることもあれば、コラム・ブログで関連のあるお応えをしています。 

 

ちなみに文字化けや返信しても未達になるときは、エネルギー障害(気の滞り)ですから、自然に任せます。

 

さて、このようなお便りは、夜遅い時間帯の送信が多く、また近日のお疲れを溜めている様も伺えます。

疲れは意外に厄介です。

もっと頑張らなければ!と、健全に休むことを忘れさせてしまうこともあります。

 

ぜひ、夜おやすみ前のひと時や、就寝時間を大切にしましょう。

  

私たちの魂が安らぎ、波動が回復して高まるのは、質の良い睡眠を取っている間なのです。

  

夜ふかしが慢性化している

一日のリセットがうまくゆかない

布団やベッドに入ってもすぐに眠れない

 

そんな方のために、わずか3分で、今日一日の氣を整え、気持ちよく、願わくば幸運な一日に通じる朝を迎えるための、クイックワークをやってみましょう!

 

   Dreamstime_xs_12433499

 

寝るしたくを終えて、まさに眠る前にやります。

このワークのあと、携帯やパソコンなどのブルーライトを見ないように!)

  

☆呼吸7回×1セット目

チャクラがわかる方は、第1チャクラ→第7チャクラの順番で、行います。

 

1)息を完全に吐ききります。

 

2)第1チャクラ(背骨の基底部)に意識を向けながら、ただ無心に・・・鼻から息を吸い・・・吸いきったら・・・口をすぼめてゆっくり丁寧に息を吐き出し、吐ききります。

 

3)同じ要領で、第2チャクラ(丹田)第3・・・(太陽神経叢)第4・・・(ハート)第5・・・(喉)第6・・・(眉間)第7・・・(頭頂部)と、1回ずつ丁寧に呼吸を流します。

  

*こちらがチャクラの参考図。

 

  Dreamstime_7740932

 

*チャクラのことをご存知なかったり、面倒であれば、7回・・・ゆっくり大切に深呼吸をしましょう。

 

 

☆呼吸7回×2セット目

続けてやれそうでしたら、オススメです。

  

1)あなたが心地よく感じるピンク色をイメージしながら、息を完全に吐ききります。

   

2)第1チャクラ(背骨の基底部)に意識を向けながら、今度はそのピンク色をイメージしながら・・・鼻から息を吸い・・・吸いきったら・・・口をすぼめてゆっくり丁寧に息を吐き出し、吐ききります。

   

3)同じ要領で、第2チャクラ(丹田)第3・・・(太陽神経叢)第4・・・(ハート)第5・・・(喉)第6・・・(眉間)第7・・・(頭頂部)と、1回ずつ丁寧に、ピンク色のイメージを心の目で見ながら、呼吸を流します。

 

*こちらも、チャクラのことをご存知なかったり、面倒であれば、7回・・・ピンク色をイメージしながら、ゆっくり大切に深呼吸をしましょう。

 

やってみようかなぁ・・・と思われたなら、

 

心にゆとりを持ち、気持ちの良く幸運な朝を迎えるよう、「今日」をおやすみ前に整えてみてくださいね!  

ベッドに入ってしまってから、全身の力を抜き、仰向けになって行ってもできますよ!

(しかし、終わる前に寝落ちてしまうかもしれません)

  

進路は導かれている

先週末のセンター試験(私の受験時代は「共通一次」でした)を受けた受験生の皆さんは、目下、受験という進路の明暗を決める真剣な時期ですね。

受験生を持つ親御さん、とりわけ母親にとって、ヘタをすると子供たちよりも合否待ちが怖い時期です。

 

試験ではありませんが、会社勤めの社会人にとって、春の辞令が近く、そろそろ内示を受ける職場もあるようです。

 

先ほどクライアントのSさんから

「明日異動の内命日。落ち着きません!良いところに異動したい、という思い出いっぱいです。心の持ちようを教えてください!」という切なるメールが届きました。

 

特に深刻な画像はなく、淡々と構えていてよろしいようですが(笑)

あえて、Sさんのメッセージから、似たような事態を迎えている社会人、受験の結果待ちをする学生・生徒さんに向けて、ヒントを受け取ってみましょう。

 

究極の人生の進路は、うまく導かれています。

選択肢が自分に与えられているときも、周りによって決められるようなときも、人生を俯瞰してみると、結局うまく導かれているようです。

 

あいにく、不安や心配、ストレスなど調子が悪いときは、目線や意識は下を向いていますから、うまく導かれていることに気づけず、進路をどうにかしなければ!と苦闘するかもしれません。

 

進路が導かれていることを実感するには、自らの意志で進路を選んで、動いてみる実体験を増やすのがコツです。

いずれの道もパラレルライフのように、繋がっています。

だから、どの道を選んでも、それは人生を生きる者の特権です。

 

Dreamstimefree_3807359
 

年齢や人生の時期にもよりますが、とかく周りから進路、異動先を決めてもらえるときには(勝手に決められた!と思う方もところでしょうが)、冒険・チャレンジコースをもらっている可能性があります。

 

決まった進路・異動先に不服を感じ、意見をすることが可能であれば、やってみましょう。

その結果がどうであれ、それも導かれた進路です。

 

自主的に動ける人生は、結局、後悔や不満の少ない、納得した人生になります。

不安や不満足、恐れが多いと感じる人生は、他力に生きていることが多い人生のようです。

 

この春に卒業式を控えたOさんから、電話カウンセリングでご相談がありました。

お声が若いので、もしや学生さん?と思いきや、Oさんのお母様からの勧めだったようです。

 

「今・・・楽しくないんです。進路や就職は決めていません。バイトをしています。これから自分が何をしたいのかわからないし、自分の顔を鏡みると、気持ちが悪いというか・・・・」

 

どのように自分の状態を言葉で伝えたらいいのか、Oさんがなかなか言葉を見つけられないことは、うっすらと涙声になったことでもわかりました。

 

これまでの事情や学校での進路指導はともかくとして、そんなOさんに必要な情報を読み取ることにしました。

 

すると、すぐに「ソコにいるからだよ」という言葉が、シンプルに応えてきました。

Oさんのハイヤーセルフの声と思われました。

 

ソコとは、高校生でありながら、日頃の学校生活、バイト、友達関係、行動パターンが、マンネリ化して単調な常態であること。

安定、習慣化は、少し長引くと、、、退屈し、つまらなくなり、とても恵まれていることがあるのに気づかなくなります。

 

また、本来元気な魂や気質を持つ人ほど、病んでいくようです。

 

実年齢問わず、いつでも、人生の進路や分岐点に思えるときがきます。

元気なとき、選び進みたい道があるなら、夢や可能性を大いに信じてGO!!

 

身をもてあますような結果や進路を待ち構えるときは、導かれた進路を信じて明るく受け入れていくと、本当に素晴らしい進路に繋がっていくものです。

 

ちなみに、世界中にはむしろスリリングで冒険や探検がないと味気ない!」「生きている気がしない!」「道なき道を行く!」という人々がたくさんいますよ!

 

 

その他、心理・精神的には一般的な方法ですが、

深呼吸をして、背伸びをして体を広げるように伸ばす

落ち着く温かい飲み物を飲む(お酒はNG・・・オトナはアルコールが覚めるときに気持ちが落ちます)

体を動かす

お風呂などでリラックスする

これらは、物理的に体の代謝を上げることで、気・血行をよくします。

試験結果、辞令など、落ち着かない心を、身体が調整してくれるでしょう。

 

関連して、「All is Well きっとうまくいく」精神は大切。

インド・ボリウッドの名画が教えてくれます。

3idiots 邦題「きっと、うまくいく」 youtube, DVDで観れます。

波動が上がると人間関係は楽になる

 

「人間関係が煩わしく、面倒だ」となると、それなりに賢い方は距離や付き合い方を調整するようになります。

すると、全体的に人づきあいは消極的になり、あえてこちらから関わろうと控えていきます。 

イヤイヤなおつきあいに応じるよりも、自分の身を守るのは基本的な方法ですね。

 

 個人セッション電話・Skypeセラピーなど、内観(自己を見つめる)の時間を持ちたい時のクライアントさんは、現代社会のオフライン・オンラインの人間関係から、自分のテリトリーを安全にしておきたいようです。

 

あるエネルギー波動(気質やエネルギー)の領域では、それがうまくやるための手段になります。

特徴として、周りに対して受け身な生き方をしており、多少は自分の裁量や判断が働くときです。

 

イヤー・リーディング「魂の時計」*で示すなら、6時ー9時に時刻があるときです。

 

  Dreamstime_9372497

だんだん、魂の時刻が進み、9時ー12時の時間帯になると、生き方がより創造的、クリエイティブに進化します。

すると、周りに対して積極的な生き方に代わり、「望む現実を、望むように創り出せる」時期になります。

この時間帯の生き方は、それこそ自分の考え、思い一つで、現実が創られます。

  

エネルギー波動が高くなるほど、現実化が早くなります。

人間関係においても、どのような相手なのか、どう相手と関わるのか、関係を豊かに有益にするかなどなど、自らが具現化できるというわけです。

波動が上がると、ストレスや問題などを含めた制限や制約、無駄や無理などがなくなります。

人間関係においては、しがらみや契約がなくなります。

 

そのため、一方では不確実、不安定ではありますが、「そのとき」「今」における、あらゆる人間関係のタイミングが絶妙かつ精妙に機能していきます。

そもそも、短略的に「良い・悪い」に決めつける関係や相手が存在しなくなります。

 

エネルギーが上がり精妙になると、波動を実感するようになりますから、エネルギーの流れがわかり、自在に使え(筋肉などと同じように)リアルな人間関係でも応用が利きます。

 

Dreamstime_13164941

意図的にそうしようとしなくても、自然な働きが起こります。

 

エネルギー波動が低く重たかったり、エネルギーの実感がない段階では、人間関係など様々な物理的現象に対して、受け身になります。

波動の原理はともかく、人間関係について、波動を意識した実践できる3つのポイントをサクッとご紹介します。

 

1)自分自身の全般的な調子・コンディションをよくしておく!

 

心身の健康はじめ、コンディション諸々ですね。 

そして、調子が悪い状態(風邪なども)でも、それも自然に起こった体験の一つとして、中立及び肯定的に捉えましょう。

あるいは、深く考えず、気にしない。

とかく、自分の調子・コンディションで、周りの人間関係に接しています。

  

2)自然の中、青空、夜空の下でリラックス!

 

自然の中で生きていることを思い出す、自然と繋がると、あらゆる存在・人と繋がっていることを、無意識にも思い出します。 

社会など、自然界から切り出された幻想の世界観に生きていると、不自然な常態になっており(そのことにさえ気づきにくい)、本来全てはうまくいっていることを忘却してしまうのです。

 

多少の歪な関係も、自然のうちです

 

3)脱・分離思考!

 

エネルギー波動が高い方が良い、低い・重たいからダメ(悪い)などという分離的な思考は、ある一定の低波動領域にあります。

善悪・優劣などの分離した人への判断は、さまざまな可能性を限定してしまうため、思うような関係を創り出せなくなるのですね。

  

・・サクッと、エネルギー波動に絡めて、人間関係についてのテーマでした。

  

人間関係に問題やストレスがあるときは、ある通過点です。

何度かチャンスやヒントがあるのが世の常ですから、問題やストレスの本質を見極めると、もっと楽で有益なものになるでしょう。

 

「魂の時計」*

 12時間の時計で、何時に時刻があるかによって、自分の生き方の目安を計ります。

 

「肉体の時計(現実の生活を営んでいる時刻」

「魂の時計(魂・本質・精神面の常態を示す時刻)」

 

0-3時に時刻がある時は、サバイバルに勤しんでいる

3-6時に時刻がある時は、外からの情報を元に生きている

6-9時に時刻がある時は、自己の内側と繋がりを持って生きている

9-12時に時刻がある時は、望む現実を創り出して生きている

 

時刻が進んでいるから優秀!というわけではなく、遅いから劣っているわけでもありません。

12時の創造の時刻が進むと、また新たに0-3時のサバイバル期に入ります。

一個人に限らず、歴史、文明、文化を観察すると参考になります。

  Dreamstime_7765579

つながるうさぎ肉体の時計・魂の時計については、15,6年前に、Levanah Shell Bdolakさんより教えていただいた面白いスキルですカナヘイきらきら

背中に鉄板が入っている人

背中に鉄板が入っている人(比喩)は、背中に痛みがあるほど凝っていたり、肩から腰にかけて慢性的に堅くなっています。 

「まるで鉄板みたいに凝ってるなぁ」と、痛みの感覚を置き換えられるなら、背中鉄板タイプかも?!

 わかっちゃいるけれど運動不足、整体やマッサージに行けていないのかもしれません。

 

Dreamstime_xs_21381238

 

例年、年明けになってからリーディングを受けるSさん。

 

昨年後半になって、転職が予想以上にうまくいったことを話してくださいました。 

「処待遇が良すぎるほどで、ちょっと給料ドロボウみたいですよ(笑)」と。 

  

さて、Sさんの「スーパーエゴ(超エゴ)」について。 

何度かコラムでご紹介していますが、スーパーエゴとは、超自己中心な状態です。

 

本人は無意識なことが多く、しかし、特定の絶対的な価値観のために、それに従って生きています。

その価値観の外側にいる人たちからすれば、その価値観は絶対ではないとわかります。

  

昨今挙げる、スーパーエゴの事例としては、働きすぎによる過労死です。

ある絶対的な価値観が、自分の命や存在を危ぶむほどです。

  

Sさんのスーパーエゴとして、背中に大きく厚い鉄板が入っていました(画像)。

実は、私は、セッション当日の朝から、強烈な背中と肩甲骨周りの凝りを感じていました(エネルギー受信)あんぐりうさぎ

 

Sさんに鉄板の画像についてお伝えすると、

「私、背泳ぎみたいに背中を水につけて浮こうとしても、沈んじゃうんですよ(笑)」 

とのこと。鉄板はカナヅチになりますよね。。。

 

そこで、鉄板がどういう意味なのか?Sさんの気質、習慣として読み解いてみました。

 

鉄板は、自分のパワー(能力)に自信があり、それが長所や利点になっている一方で、本来適正のないところで頑張りすぎてしまうことを象徴しています。

 

この自信によって、自分の力量を試したり、頑張れるところまでやり切るなどは、周りから正当に評価されたり、他者から見ると、「すごいなぁ」と憧れや尊敬の対象になります。

 

この強みは、拡張・発展させたいり、挑戦するようなことに適しています。

改革的なことに挑むに適した自信、パワーです。

自己を高めたり、精度や能力を開発するために使うと功をそうします。

 

ところが、ルーティンな作業(仕事)や、他者の期待に応えるために使う質のところでは、自分のパワーによって沈んでいきます。

 

自分のいけす(能力やテリトリー)が狭く制限されていると、能力を十分に発揮できないことによる力身(力み)=ストレス、鉄板になり、堅くなっていきます。

 

どうやら、この鉄板は、以前までお仕事をしていた頃のSさんの残留物ですね。

 

Sさんに限らず、人類意識や社会の意識変化から遅延した働き方、生き方に勤めていると、背中に痛みや堅さとなって教えてくれるものです。

 

お仕事をしている方は、とかく仕事によって疲れるのは当たり前と考えがちです。

それが古い時代の当然。

 

あいにく、強度な疲労症状が蓄積するとすれば、過去の時代の働き方・生き方をしているサインです。

意識の新時代は、徐々に、そして確実に、ムリや無駄を取り壊し、より効率を高める時期に移行しています。

 

今、Sさんのケースのように背中が凝っているようなら、ほぐして労ってあげると、無駄なムリや、不要なはずの「懲りの原因」に気付けるかもしれません。

ちなみに、受信した鉄板凝りは、セッションの中盤でかなり消滅。夕方、軽く区内をランしてすっかり解消しましたよてへぺろうさぎ

  

流れ星[志麻ひぷのTIMES]流れ星

    よりお知らせをお届けいたします
<精神宇宙の世界・心理・人生・愛・人間関係・セラピー・WS情報 etc>

スマホ B7k24P_qrPC

宝くじで夢を買う

「セッションを受けてしばらく後に宝くじを買ったら、お小遣いが当たりましたよ!」

久しぶりにお会いするクライアントの皆さまからご報告を受けることがあります。

額に関わらず、やはり当たるととても嬉しそうな表情をされていますね!

 

セラピーに限らず、気が晴れてスッキリした調子のとき「そうだ、宝くじを買おう!」という閃きは、くじ運をキャッチしていることが多いようです。

 

「宝くじあるある」の諸説がありますね。 

有名なところでは、高額当選者の8割は5年以内に不幸になる(→不幸の基準が曖昧ですが)

一方で、高額当選のリピーターでありながら、仕事も生活も常々変わらず営んでいるツワモノさんもいます。

年末の西銀座・チャンスセンターは、1番窓口だけ驚異的な長蛇の列でした。

 

  112064031701

さて、イヤー・リーディングでは、今年の金運・豊かさに関する情報も視ます。

「自分で調子がいいときは、当たりそうだとわかるんです。なんだか気乗りしないのに一粒万倍日や大安だからと買っても、当たらないもんですね」とおっしゃるKさん。

少額でも当選するとやる気が出るし、外れても、それほど悔やまないようですから、宝くじがお好きなのですね。

 そんなKさんには

「宝くじで黄金色に輝く宝物を手に入れる」想像画が視えました。

 

  その輝く宝物とは・・・希望や夢  

まさに宝くじのキャッチコピー「宝くじで夢を買う」です。

チャンスセンターで行列に並んでいる多くの方々も、「希望や夢」を買いにいらっしゃいます。

 

当選に越したことはありませんが、アタリ・ハズレよりももっと価値のある「希望や夢」をお買い求めです。 

実は「夢や希望」は大変重要な生命源なのです。

 

日常の生活に「夢や希望」はすっかり埋没しているかもしれませんが、この種の「夢・希望」とは、「明日生きている」「夜が明けて朝がくる」「また日は昇る」という絶対的なエネルギーです。

 

うっすら「夢・希望」がなくなると、だんだんつまらなくなり、不満が募ってきます。

かなり「夢・希望」が不足すると、恐れ不安が強くなってきます。 

重度に「夢・希望」が欠乏すると、生きているのが面倒になったり、生活力や生命力(健康)が失せていきます。

 

そういう意味で、宝くじの売上が財源になるだけでなく、ハズレた人たちにも十分「夢・希望」を売っています。

  

その「夢・希望」で、きちんと働き生活をして、希望に叶うものを自ら手にするよう促されているのかもしれません。

  

黄金、お金、夢、希望などは、本質的によく似ており、現代人にはそれが価値ある目標物と解釈されがちですが・・・食べ物と同様、生きる原動力「(社会的)動力」となるパワーです。

 

 

[金運の開運瞑想】Amazon audible

[金運の開運瞑想】iTunes Store

5117Qjb4nAL._AA300_

 

流れ星[志麻ひぷのTIMES]流れ星

    よりお知らせをお届けいたします
<精神宇宙の世界・心理・人生・愛・人間関係・セラピー・WS情報 etc>

スマホ B7k24P_qrPC