ホーム > コラム

コラム:column

自己肯定の法則 Law of Affirmation

自己否定が強いと、まわりにあなたのやる事為す事、否定的な景色が広がります。逆に自分をきちんと正当に評価すると、まわりはあなたを正当化する景色になります。
自分でよしと決めた冒険や決意について、意外に周囲は肯定してくれます。でも、やりたいと思いながら自信がなかったり準備が整っていないと、周囲も背中を押してくれません。
例えば、Sさんはエネルギーワークをやっているものの、周囲に理解されないのを懸念して、しばらく内緒で仕事にしておこうと思っていました。それは、まだ否定的な人を集めている時期です。
ところで、罪悪感や悪いことと知りつつ惰性で悪事を働いている人たちは、ちゃんと裁きに合います。しかし、究極の自己肯定で悪事を働いている人には、直接の裁きがおこりません。この人たちにとっては善行なのですから。守ろうとするものまで集まってきます。
しかし、善行も悪行も安定が続くわけではなく、いつか必ずカタチを変える時期がきます。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0128757ca464970c0128757ca4e6970c

Listed below are links to weblogs that reference 自己肯定の法則 Law of Affirmation:

コメント

まーや

こんにちは。

とても興味深く拝見しました。

少しだけ、スピリチュアルな法則がわかってきました。そういうことなんですね!

ここ2ヶ月でわたしの周りの風景ががらりと変わりました。環境が突然変わったのが原因となり、思いっきり「自己否定派」だったのが一瞬でも「自己肯定派」になれたのです(にわか・自己肯定)。

にわか・自己肯定で、肯定する根拠があるとは思えないのに・・・すばらしい人たちとの出会いが続いています。そして「自己否定派」がむくむくと頭をもたげてくると、やはり前の風景が戻ってくるみたいですね。

でも、究極の自己肯定で悪事を働く奴って、周りは究極の大迷惑ですね。テロリストとか、そうなのでしょうか?そうなのだろうなあ・・・

Shima

まーや さま
きっと、まーやさんご自身が自己肯定するようになったので、環境の変化を招いたのだと思いますよ!
バリバリ自己否定を語っている人は、意外と自己肯定の裏返しだったりしましね。そうですね・・・テロリスト系は洗脳もあるので何とも言えませんが。オモテの世界にも、自己肯定のあまり、外を否定する集団もいますね。
自己肯定でも否定でも、自由やゆとり、臨機応変などがなくなると、結果は似通っていくかもしれません。(=o=)

まーや

コメントありがとうございます!すみません、暫く留守にしていたので。。

尊敬している天才整体師・故野口晴哉氏も「自己肯定でも否定でも、自由やゆとり、臨機応変などがなくなると、結果は似通っていくかもしれません」という志麻さんの言葉と似たようなことをおっしゃっていました。

風のように自由であれ、ということですね。。。

コメントを投稿

« 結果志向 Consequence Wanderer | メイン | 幸せになる許可 Permission to be happy »