ホーム > コラム

最近の投稿
イヴァナ・チャパック初来日セミナー「ハリウッド流、人生に勝つためのテクニック
富士登山・今季ファイナルの御来光
登り納め?富士登山富士宮口ルート
マット・デイモンが霊能者役「ヒア・アフター」セラピーナVol4より
「ママがいちばん癒されたい?」セラピーナvol4より
人の目・相手の気持ちが気になるとき
生き方のベクトルを変えるとき
 
アーカイブ
2017年5 月 (10)
2017年4 月 (10)
2017年3 月 (9)
2017年2 月 (5)
2017年1 月 (12)
2016年12 月 (18)
2016年11 月 (11)
2016年10 月 (6)
2016年9 月 (15)
2016年8 月 (27)
2016年7 月 (7)
2016年6 月 (8)
2016年5 月 (11)
2016年4 月 (6)
2016年3 月 (19)
2016年2 月 (5)
2016年1 月 (7)
2015年12 月 (6)
2015年11 月 (4)
2015年10 月 (5)
2015年9 月 (7)
2015年8 月 (6)
2015年7 月 (13)
2015年6 月 (1)
2015年5 月 (1)
2015年4 月 (10)
2015年3 月 (21)
2015年2 月 (15)
2015年1 月 (16)
2014年12 月 (13)
2014年11 月 (10)
2014年10 月 (17)
2014年9 月 (16)
2014年8 月 (21)
2014年7 月 (8)
2014年6 月 (16)
2014年5 月 (13)
2014年4 月 (12)
2014年3 月 (12)
2014年2 月 (13)
2014年1 月 (11)
2013年12 月 (8)
2013年11 月 (16)
2013年10 月 (21)
2013年9 月 (19)
2013年8 月 (5)
2013年7 月 (5)
2013年6 月 (7)
2013年5 月 (10)
2013年4 月 (11)
2013年3 月 (21)
2013年2 月 (9)
2013年1 月 (9)
2012年12 月 (17)
2012年11 月 (19)
2012年10 月 (14)
2012年9 月 (8)
2012年8 月 (13)
2012年7 月 (10)
2012年6 月 (12)
2012年5 月 (18)
2012年4 月 (17)
2012年3 月 (11)
2012年2 月 (9)
2012年1 月 (15)
2011年12 月 (4)
2011年11 月 (9)
2011年10 月 (8)
2011年9 月 (6)
2011年8 月 (16)
2011年7 月 (13)
2011年6 月 (10)
2011年5 月 (12)
2011年4 月 (11)
2011年3 月 (19)
2011年2 月 (15)
2011年1 月 (8)
2010年12 月 (12)
2010年11 月 (7)
2010年10 月 (15)
2010年9 月 (11)
2010年8 月 (9)
2010年7 月 (10)
2010年6 月 (14)
2010年5 月 (20)
2010年4 月 (15)
2010年3 月 (19)
2010年2 月 (19)
2010年1 月 (20)
2009年12 月 (16)
2009年11 月 (13)
2009年10 月 (24)
2009年9 月 (9)
2009年8 月 (7)
2009年7 月 (13)
2009年6 月 (11)
2009年5 月 (9)
2009年4 月 (6)
2009年3 月 (5)
2009年2 月 (7)
2009年1 月 (7)
2008年12 月 (5)
2008年11 月 (6)
2008年10 月 (3)
2008年9 月 (4)
2008年8 月 (2)
2008年7 月 (3)
2008年6 月 (5)
 
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)QRコード
MySpace Japan
facebook
電子書籍 幸運女子・強運女子になるためのライフマネジメント
オーディオセラピー 「アストラル銀行(宇宙銀行)」CD 販売
10分間瞑想シリーズ 新登場
オーディオセラピー 2枚組CD 販売中
オーディオセラピーCD化!
アマゾン HMV
TOWER RECORDS 山野楽器
新星堂 i Tunes Store
Jazzy Music

COLUMN

イヴァナ・チャパック初来日セミナー「ハリウッド流、人生に勝つためのテクニック

少し急な日取りですが、
ハリウッドから初来日する演技トレーナー「イヴァナ・チャパック」さんのセミナーのお知らせです。

ご興味、ご都合合いましたら、なかなか貴重な機会ですので、どうぞお運びくださいませ!


◎ハリウッド流、人生に勝つためのテクニック◎

【『イヴァナ・チャバックの演技術』出版記念セミナー】



世界を目指すプロの俳優と映画・舞台関係者のための演技ワークショップの一環で、唯一、一般の参加者を歓迎しているイベントとなっています。著者は世界各国で俳優や映画・舞台関係者向けの演技ワークショップを開催していますが、一般公開セミナーは初訪問のさいに1度しか行なわない方針ゆえ、今回のセミナーは日本では最初で最後のイベントとなります。
このチャンスをお見逃しなく!
著書のテクニックは、演技のみならず人生においても応用ができるため、次のような方々にも役立つ内容となっています。

恋愛や対人関係をもっと充実させたい方
ビジネスやキャリアでもっと成功したい方
世界レベルの成功者から成功の秘訣を学びたい方
自己啓発に興味のある方
コーチ、セラピスト業界の方


 開催日時: 2015年9月27日(日) 会場12:00~ 開演13:00~17:00
 開催場所: 東京総合美術専門学校内マルチホール 東京都豊島区南池袋2-8-7
 入場料: 一般10000円(税込)

 内容:
 ・チャバック女史がハリウッド・スターを生み出す秘密
 ・12段階式メソッドの解説
 ・チャバック女史が演技指導をした映画シーンの解説
 ・演技だけでなく人生で成功するためのテクニック
 ・日本の俳優が世界で活躍するために
 ・メソッドの実践応用エクササイズ
 ・ハル・ベリーらのアカデミー賞獲得秘話
 ・質疑応答・サイン会など



以下、白水社さんのHP・ジャパンウッドさんのHP ヨリ



……………………………………………

イヴァナ・チャバックさんは、有名なハリウッドの演技トレーナー(Acting Coachアクティングコーチ)です。


先日フロリダでNLPコーチングトレーナーのコースでも、米国在住のコーチたちは彼女をよく知っていました。


ブラッド・ピット
シャーリーズ・セロン
メグ・ライアン
ジム・キャリー
ジェームズ・フランコ
ハル・ベリー
ジェシカ・アルバ
ビヨンセなどなどそうそうたるメンバーをスターにした方です。


俳優、女優の方々、目指してる方、ハリウッド映画が大好きな方、興味ある、人生、コーチやメンタルに興味ある方など!是非お越しください。


イヴァナ・チャバックのyoutube 動画


☆ご参加希望の方は、メッセージくださいませ。お問い合わせフォームより

富士登山・今季ファイナルの御来光

富士宮口登山が登り納めか?と思いきや。御来光で今季のファイナル登山としたいところ(笑)

全国的な台風がおさまり、ほぼ晴天を確信して、吉田口ルートの最終日近くに再訪。

今回は五合目から山頂まで再び単独登山に挑みました。

お天気は終始晴れー快晴の登りでした。本8合目の山小屋からこんな不思議な雲も見えました!

 

IMG_0551

 

結果!日の出は定刻通り5:18の御来光を迎えることができました。

 

IMG_0574

 

なんでも、今季1、2の正統派御来光だったそうです。

地平線から雲の帯があると、その上からお日様が昇り始めるため、数分待つことになります。雲間から顔を出すこともあります。


山頂に早く着きすぎてしまい(笑) 4:45amから約90分待つことに。
同じように早着したみなさんと、風を避けながら待機。

山頂は0ーマイナス1℃くらいでしょうか。風は強く、体感はさらに−3℃くらい。
「うちに帰りたい!」なんて声も聞こえましたcoldsweats02

さぁ、昇ってきました!sun

 

IMG_0569

 

よもや記者会見!camera

 

IMG_0565

 

今回の登りは、自己ヒーリング&調整型の登山を試みました。

 

IMG_0512

 

One Step in A Moment 一歩一歩、頭上の太陽(ハイヤーセルフ)を感じて、今この瞬間の呼吸を大切にしながら、登っていきました。

 

IMG_0534

 

高山予防にもなります(笑)
私はエネルギーを明晰に、かつ、集中のポイントを研ぐために我流登山。


ブループリント時代から、地球時間の「今」までを歩んでみましたキラキラ


シーズン最終とはいえ、登山者たちは適度に行き交います。みなさん元気です!

 

IMG_0529

 

捕食や捕水のタイミングもだいぶ慣れました。

と、7合目のトモエ館さん前で休んでいると、チャイを勧められました。

「この前、インド人の登山者が『美味しい!』と褒めてったよ!」と。

 

IMG_0516

確かに、カルダモンなどスパイスが濃くて、美味しいFuji Chai!!

IMG_0515

 

紫色が鮮やかな・・・トリカブト根に猛毒成分があることで有名ban

 

IMG_0519

 

山小屋は胸突き江戸屋(上江戸屋)さん。
ちなみに、須走ルートの下江戸屋には、皇太子様が登山されたときに泊まられたことで有名。

 

IMG_0535

 

こちらで恒例の夕食、カレーライスをいただきました。


同じテーブルには、途中で行き交った、7歳の男の子とそのパパさん。なんでもこの山小屋で20年前にアルバイトをしており、それ以来毎年登山していて、今回7歳のボクは富士山デビューとのこと。相当きついと思いますが、僕はエライ!



そして、神戸からいらした69歳のシルバーお父さん。

「実は2年前に連れ合い(奥様)を亡くしましてね。彼女が23歳のときに富士山に登った写真があったんです。ちょうど、今年は彼女が登った年齢の3倍になるので、登ってみようとやってきました」

みなさん、いろいろなドラマ、きっかけがあって、この山小屋に集まっているようです。

ご夫婦、家族、学生や友達仲間といった、和気藹々なひと夜でした。



山頂から、だいぶ見慣れた景色を下山。

6合目の終わりに差し掛かると、パラパラ小雨。

雨つぶのプラズマと雲間の太陽が、とてもきれいな光景を見せてくれました。

 

IMG_0578

 

それもダブル・レインボー

虹をくぐり・・・今季ファイナルの富士登山をコンプリート。

 

IMG_0580 (1)

 

fuji 志麻ヒプノでは恒例の年末年始のイヤー・リーディング新年の動向を透視リーディングするものです。私自身、昨年末、2015年の自己リーディングをしました。
そのときの一節より↓↓↓

◎私の2015年の動向をリーディングしてください。

結構急な斜面を駆け登ったり、駆け降りたりしている画像。駆け足で登り降りしているので、普通は体力がいるはずだが、そのときの志麻さんはフットワークが軽い。「降りると次は登るのよ。登ったら、今度は降りるのよ」と明るく言っている。これは、自覚する調子の良さと、突然の逆行を感じるよう。だが、それでバランスをとっているし、そのことで悩んだりはしていない。常に動いている感じがある



まさか、こんなリアルに山を登るとは思いませんでした(笑)いえ、それ以上に深淵に受け止めていますconfident

登り納め?富士登山富士宮口ルート

夏の富士山9月上旬をもって、一般の登山は終了します。

富士山には4つの登山ルートがありますが、今季ラストの富士宮口ルートに挑戦。

未踏なルートのため、今回は慎重に?登山グループのみなさんと一緒に

IMG_0479

富士宮口ルート最後の日とあって、総勢39名のグループです。


曇と小雨・・・あいにくの天候で、富士山五合目は雲の中。
今回は山頂まで行けないかも・・・・

 

IMG_0471

 

IMG_0439

私の個人的な認識ですが、富士登山にはテーマやドラマがあるように感じていますconfident

 

IMG_0434

 

特に今回はガイドさんがたびたび「昔から富士山に登ることは、修行といわれていて・・・」とおっしゃっていました。

それが暗示になったのか?(笑)まさに、
修行登山となりました。


私の今回7度目となる富士登山の中で、修行度ランキング第2位ですbearing

基本的には、
「健康」「天候」「装備」が整ってこそ、登山は成功(山頂まで登れるという意味で)すると言われています。


今回は、私もみなさんも健康や装備は概ねOK。

IMG_0509

 

しかし・・・・7合目あたりから、雨が降り出し、8合目では360℃から降雨。
レインウエアの装備が甘い人は、そこで下山の選択を取りました。

 

IMG_0469

 

IMG_0447

 

IMG_0445

私は過去の経験から寒さには万全装備ですが、雨は少しずつレインウエアとザックの傾きから浸透してきます。

 

IMG_0461

富士宮口ルートは、8合目以降も岩場が多いので、ストックや手を使いながら登っていきます。

いつの頃からか、天候に対する警戒や疲労よりも、ひたすらに山小屋に着くまで登るのみ!
よもや足が自動的に登っていました。


そして、山の専門のガイドさんと、コーディネートのガイドさんたちの気合と励ましにより、9合目の
万年雪山荘に到着!!!


富士宮口ルート
では、頂上に至って近い3410m fuji
山小屋の方たちが、暖かく迎えてくれました happy01


荒天であるのと・・・・この日が山小屋営業の今季最後の日だったのですね。
翌日には2ヶ月ぶりに山を降りる山小屋のみなさんの(天気とは打って変わって)晴れやかなお気持ちが伝わってきました。

 

IMG_0454

私たちのグループだけでしたから、寝床を案内されたあとは、登山ウエアを乾かしながら、夕食に。

通常、山小屋定番メニューはカレーライスがです。

しかし・・・なんと

「みなさん、今夜は食事メニューは全部無料にします。無くなるまで、食べたい方から注文してくださいね!」と。

これには、みんな感動&歓喜の声!!happy01


おでん、モツ煮、ラーメン、おしるこ、コーンスープなどなど、(山頂の山小屋相場は、カップヌードル600円なのです)大盤振る舞いでしたnoodle

私も暖かいモツの味噌煮をいただきました。ココではさすがに私はノンアルコールですがthink

IMG_0489_bokashi

山頂に近い山小屋でいただく食事は、とても美味しく感じます。個人的な山小屋体験では、こちらのカレーライスのご飯は、富士山の万年雪の貴重なお水で炊いているとあって美味しいと思います。


可能な限り猛ダッシュで山小屋ついたため、まだ夜は早く、皆さんと登山についてあれこれ話しながら、ストーブを囲んで時間を過ごしました。

山小屋の消灯は早く、7時就寝sleepy

寝床で風雨の音を聞きながら、今回はココで登山断念を確信。

その分、2、3時間長く寝られるのですが・・・


翌朝5時半頃から、下山開始!

IMG_0453

「今日で山小屋は最後ですから、忘れ物をすると、来年まで取りに来れませんよ!」の注意事項。

  大変お世話になりました!!happy01


下山ルートは、一般的な吉田口ルートに比べて短いのです。雨は大したことはありません。

しかし、岩場が多い。

猫型登山の私は、登りはドンドン上がれるものの、下に降りるのが苦手なタイプcat

ゆっくり、慎重に・・・


途中富士山の6合目にあたる宝永山が見えてきました。

 

IMG_0468

6合目の山小屋「雲海荘」さんでは、しいたけ茶を無料でふるまってくださいました。

 

IMG_0472

 

IMG_0495

 

塩分濃い目でしたが、しいたけの風味にハマりましたね。ここでタダ飲みも・・・(笑)と思い、1缶購入。


その後、あっという間に五合目のレストハウスまで到着。

よもや、だんだん空は晴れてきました。

IMG_0488


きっと、このグループは修行人が多かったに違いない!?でも、すぐに和気藹々、登山道中とても楽しい仲間でもありました。


不覚にも?今回の登山で、私は学級委員を仰せつかってしまい、しばしば点呼作業がありました。

こういうところで、中学高校の経験が生かされるとは(笑)概ね、みなさんのほうが協力的で、すぐに集まってくださいました。


バスに乗り込んだ私たち。

最後に富士山ガイドのHさん(右から2番目)

 

IMG_0504_bokashi

「実は、5年間富士登山ガイドをしてきましたが、今回みなさんと一緒に登るのが最後の日でした」と!

どっ、どうりで!私たちはその気迫のおかげで、荒天を乗り越えてしまったのかも。今後はグランドキャニオンのガイドとして活動されるとか。

もちろん、安全第一と全員のコンディションを考慮されたそうですが、ガイドさんはじめ、みなさんそれぞれの思いが、相応の経験をさせてくださったのだと思います。


合格 さて、この富士登山翌朝のセラピーは、とても調整能力パワーに長けたセッションでした(笑)

クライアントGさんも、それを感じてくださったのか?

「なんか、センセー、今日テンポが早かったです!」と。

偶然にも?Gさんお誕生日にお越しになったため、富士山パワーはギフトかもしれませんね?present

マット・デイモンが霊能者役「ヒア・アフター」セラピーナVol4より

今号のセラピーナでは、編集のKさんのリクエストから「ヒア・アフター」のコラムに決まりました。

ハリウッド映画やアメリカの人気TVドラマシリーズには、霊能者が主人公の作品はとても多いのです。


「ヒアアフター」は和訳すると、死後の世界、この後の世界となります。


これまでのマッド・デイモンの(個人的な)キャラクターイメージからは、ちょっと意外ですが・・・

とてもナチュラルに霊能力を持った者の感覚的な世界観、フツウの人々とのコミュニケーションや価値観のギャップなどを体現しています。さすが!!

とくに、霊的に視ているとき、亡くなった者の情報を受け取っているときの目線の動き、首の角度、姿勢は「そうそう、そうなる!!」と妙に共感してしまいましたconfident
読んでいるときは、相手を直視することがない。というか、あさってなところを視るような。

あの空気感を自然に演じているのは、さすがですhappy01 


監督は、あのクリント・イーストウッド、製作にはスピルバーグ監督が参加しています。

体を持って生きること、死生観、科学と非科学の世界のギャップを、登場人物たちのドラマを交えて自然に語りかける、魂に優しく響く作品ですよ。

 

IMG_0607

2011年上映ですから、DVDでご覧いただけます。

「ママがいちばん癒されたい?」セラピーナvol4より

「ちょいスピ☆シネマ」にコラムを掲載していただいていますが、今号のテーマは

「ママがいちばん癒されたい」

 

IMG_0608

 

志麻ヒプノにも、様々な年齢・世代のお子さんを持ったママ・母親であるクライントさんがいらっしゃいます。

ベビーカーに赤ちゃんを寝かせたながら、

「この子は将来、何に向いていますか?」「どんなふうに育てていけばいいか?気をつけることはありますか?」「◯◯◯(お子さん)は、私の育て方に何か困っていないでしょうか」

少し現実離れしたご相談をされる、不安を抱えたママたちもいます。

英語を始めとする幼少教育、様々な習い事をさせて、「この子の才能を伸ばして生きていくには、なにをしたらいいでしょう?直感能力が強い子だと思いますが、そういう能力(サイキック)は期待できますか」

というスーパー熱心なご両親も。。。


ちなみに、ママたちがちょっとヘンなご質問や相談をなさると、不思議と赤ちゃんは泣き出したり、カウンセリングの流れを妨害し始めたりします。


一方、夫婦や家族の課題(問題)や実情をよく感じて、知っていてくれるのも赤ちゃんや子供たちです。


ファミリーセラピー
や家族のトラブルの相談を受ける際には、あえてお子さんたちの潜在意識に「実際はどうなの?」と彼らのハイヤーセルフに尋ねたり、意識を読ませていただくことがしばしばあります。


中高生の受験を控えた子供たち、就職試験の合否によって社会人になる子供たちのいるお母さんたちも、母親業の悩みは尽きません。

「母親として、ちゃんと子供を育てられたのか?」と問われているように感じてしまうのでしょうか。

子供本人や父親よりも、子供さんと人生が一体化して悩まれるようですね。


そして、50-60代のママともなれば、そろそろ、子離れの課題・母親業の定年後に備えた生き方の準備が始まります。

 

IMG_0610

 

今号は、妊婦さんから子育て中のママに向けたセラピー・サロンがご紹介せれていますよ。

人の目・相手の気持ちが気になるとき

「私は、周りの人たちからどんなふうに見られて(思われて)いるんでしょう?」

「◯◯さん(特定の人・異性・上司・友達など)から、どう思われているか気になります」


このようなご相談は、通年とおしてあるものです。


本来の自分(素顔・素直な自分)のことが分からなくなると、人の目を気にし始めます。

周りに順応して合わしている期間が長くなったり、本心や本音を出すことがなかったり、のびのびとした自分らしさを発揮できない期間が続くと、周りの目や言葉に意識がいきます。

そうやって、自分を知ろうとするわけですね。



「周りから自分は好かれていないのではないか?」
「評価してもらえていないのではないか?」
「嫌われてないかしら?」


と具体的な切り口があるときは、ご本人が自分に対して抱いている無意識の本心です(=深層心理)。

他人とだんだん深く関わると、自分をいろいろな切り口で知ったり、未開拓な素養を引き出されたりして、よいもわるいも、愉しいものです。

相手/みんなとの関わりを通して、自分を知ったり、ストレスを受けたり、楽しさや能力が倍増したり・・・その受け止め方もさまざまです。


しかし、もし少数・多数かかわらず、人と関わることにストレスがあるとすれば、それは本人の「何かが」反応しています。

これは、ことごとくクイズ・謎解きなのですが、何が反応しているのかを解くと、スッキリするものです。


この夏、「人の目が気になる」「恋人・夫の気持ちがわからない」「ストレスを与える人ばかり」etc とさまざまなケース多数。

メールのお問い合わせもありましたので、以下、ご参考に!



「一生懸命仕事をし社歴も長いのに、仕事をしていない◯◯さんより給与が低いのです!」と憤慨するSさん。

まずご自分が自己評価を上げた仕事をしていくように、キャリアに対して働きかける必要があります。
たとえ上から任された仕事であっても、不満が多くやりがいを感じていないままでは、自己評価も他者評価も下がります。

特に年齢や経験にみあった仕事の姿勢であるのか?(自分で気づきにくいですが)見直してみましょう。




「好意を寄せている職場の彼からどう思われているのか?」という恋愛相談も数ケース。

 

Lady_fortunetelling

 

実はこのようなご相談は、波動が重たいものです。

相手の気持ち・本心を知りたい・・・という表の発言に対して、本当は自分の本心が知りたい・・・というトリックが働いています。

占いのご相談であるなら、そのままお相手の気持ちを読んでお伝えすれば済みます。

しかし、それをリーディングしても、真実(TRUTH)ではなく、ある価値観(truth)でしかありません

カウンセリングやセラピーとなると、「なぜその質問をしているのか?気になるのか?」までクライアントの無意識に尋ねてみないと、遠回りになるか、堂々巡りになるでしょう。


相手の気持ちを知りたいという方のほとんどは、自分自身や相手や恋愛とちゃんと向き合うことに、まだ何か恐れがある段階です。

あるいは、未知なる自己が、相手との関わりで引き出されようとしています。


でも、それでいいのです・・・正面から向き合うほうが本当は楽しかったりしますが、その楽しさの前のスリリングな境地も愉しい(たのしい)時期ですから。



長年の夫婦&子育て生活を経て・・・さて、夫の気持ちがわからない。
「ただ、疲れます・・・」

夏休みで家族が揃うせいか、限界値に達するのでしょうか。


夫が会話をしない、何かをいってもケンカ越し、家にいても寝てたりテレビみたりという態度ばかり・・・

一般的に会話をすることで、相手を知りたいと思うのがオンナの心理と言われています。

一方で、そのような(良妻賢母タイプに多い)方ほど、夫や家庭に対して、ご自分を抑えて生きてきています。

気づいたときには、「私はどうしたいのかしら?」と思うと同時に、パートナーである夫にその答えを求めたいのですが・・・あぁ、その夫の態度が・・・となります。



いずれも、人の目・相手の思いが気になって悩まれる方は、「ありのままの自分でいてよい」という自信を思い出す、あるいはリフレッシュしたり、過去はともかくこれから自信を養っていかれるとよい時です。

「周りにムカつく奴ばかりいる!」などという方は、我慢しているご自分に愛想をつかせている、我慢している自分を誰も認めてくれない、と思っていたりしますね。



昨年のアナ雪「ありの~ままの~♪」が、とても流行ったのは、そういう多くの方の心境と共鳴したのかもしれませんね。

生き方のベクトルを変えるとき

7月までの下半期・波動アップリーディングは、夏休みの駆け込みが多く、8月末まで下半期でした(笑)

特徴的だったのは、「トントン拍子に仕事や人間関係が変わる方(とーてもスムーズに)」と、「生き方のベクトル(方向性)を変えるべき方」のグループがあったことです。


今日は後者の話。ベクトルの変化とは、


(1)「未来や先行きの良し悪しを予見したり、周りの状況から『今どうしたらいいか?』を決めようとする、本来の宇宙の法則からすると逆行する方法をとる生き方」から

(2)「今現在にいかに集中してパワーを注ぎ、今の最善を尽くした流れに向かう生き方」

・・・へ生き方を変えるとき。


外資系の有名企業から転職のタイミングを先延ばしにしてきたMさん。年末のイヤーリーディングからも、ご本人のお気持ちからも、転職先は決まり打診していました。しかし、どうしたわけかソコでストップ。

動けない!と思うと、自分の考えや判断に疑問が湧いてくるものです。



さて、物・物質的な欲にとらわれていると、前者の考え方(1)になります。

これは波動が重たいので、たとえ良し悪しがわかっても、行動したり努力をしない傾向にあります。

納得してフットワークが軽くなれば、その予見したゴールに向かって行動します。

地球時間の短時間な成果を得るには適しています。また、組織や管理されているものとともに、連携して動くときもこのベクトルが使われています。



一方、2)は自分の意志(自由意志)をもって生きる段階になります。
魂としては成長期、チャレンジの時期。自分の意志から、その瞬間、瞬間に集中することで、予見を超えた流れに通じていきます。



(1)はあらかじめ恐れや不安、リスクが深まれ、それを回避しながら形をなそうとします。

(2)は未来などの「時間軸」にとらわれないので、恐れや不安の邪魔は入りません。どんな形を為すのかは限定されず、それを経験したものの満足や知恵、あるいは意外な成果物やひとつの結果につながります。
魂には地球の(肉体を伴う)時間の概念がないので、魂的な生き方といえます。



ちなみに、未来や先行きを懸念する多くの恐れのや不安の本質には、地球上の「時間の概念」が介在しています。

たとえば、老後とか年金とか・・・・(^^;

つまり、時間によって物質・肉体が形を変え、やがて朽ちるから。

さらに、その肉体や物質は、個人や特定の者たちが所有していると信じているから。



一方、魂には、個別認証はなく(肉体を持っているときは、個別化して捉えられるが)集合体・ワンネスという源に在ります。



ところで、今現在から発信する魂主導型の生き方は、肉体を鍛えないと集中できず、意志が定まらず、ふわふわ~と地に着かない場合も考えられます。

一方、結果や形にとらわれた物質主導型の生き方では、「仏つくって魂入れず」の言葉どおりになるかもしれません。



「自分はどんな存在であるか?」「どんな常態でありたいか?」によって、生き方のベクトルは(ザックリだが)まるで逆になります。


自由意志という生き方は(2)ですが、こちらは、自分が決めたとおりに、信じたとおりに・・・紆余曲折はありつつ・・・世界が広がっていきます。


しかし、どの人生の段階を生きているかによって、自由意志が働けない時期や経験もありますね。


前出のMさんには、転職することで、何を得たいのか?どんな生き方やあり方なのか?を明確にしてもらいました。
「会社にとどまらず、広い世界で活動したいこと。私の経験や能力をいかせるところ」でした。

意志の本質を掘り下げていくと、ブレずに軸が定まりますね



ちなみに、スピ的には(2)のほうが上等!そうですが(笑)いずれのベクトルの生き方も「真実」ではなく、「ある価値観」です。

 

Dreamstimefree_2290830