ホーム > コラム

最近の投稿
他人エネルギーの比率
今年も富士山登頂!その2
今年も富士山登頂!その1
〈ご案内〉断捨離 セラピー
人間模様が教えてくれること
〈ご案内〉ワークショップ【ヒプノティック・進化論】
面倒なことをこなすバリューセット
前世療法の体験の仕方
【ご案内】マスターヒプノセラピスト養成講座・受講生によるインナーチャイルド&前世療法体験
前世は精霊「龍」
 
アーカイブ
2017年10 月 (10)
2017年9 月 (15)
2017年8 月 (20)
2017年7 月 (11)
2017年6 月 (10)
2017年5 月 (12)
2017年4 月 (10)
2017年3 月 (9)
2017年2 月 (5)
2017年1 月 (12)
2016年12 月 (18)
2016年11 月 (11)
2016年10 月 (6)
2016年9 月 (15)
2016年8 月 (27)
2016年7 月 (7)
2016年6 月 (8)
2016年5 月 (11)
2016年4 月 (6)
2016年3 月 (19)
2016年2 月 (5)
2016年1 月 (7)
2015年12 月 (6)
2015年11 月 (4)
2015年10 月 (5)
2015年9 月 (7)
2015年8 月 (6)
2015年7 月 (13)
2015年6 月 (1)
2015年5 月 (1)
2015年4 月 (10)
2015年3 月 (21)
2015年2 月 (15)
2015年1 月 (16)
2014年12 月 (13)
2014年11 月 (10)
2014年10 月 (17)
2014年9 月 (16)
2014年8 月 (21)
2014年7 月 (8)
2014年6 月 (16)
2014年5 月 (13)
2014年4 月 (12)
2014年3 月 (12)
2014年2 月 (13)
2014年1 月 (11)
2013年12 月 (8)
2013年11 月 (16)
2013年10 月 (21)
2013年9 月 (19)
2013年8 月 (5)
2013年7 月 (5)
2013年6 月 (7)
2013年5 月 (10)
2013年4 月 (11)
2013年3 月 (21)
2013年2 月 (9)
2013年1 月 (9)
2012年12 月 (17)
2012年11 月 (19)
2012年10 月 (14)
2012年9 月 (8)
2012年8 月 (13)
2012年7 月 (10)
2012年6 月 (12)
2012年5 月 (18)
2012年4 月 (17)
2012年3 月 (11)
2012年2 月 (9)
2012年1 月 (15)
2011年12 月 (4)
2011年11 月 (9)
2011年10 月 (8)
2011年9 月 (6)
2011年8 月 (16)
2011年7 月 (13)
2011年6 月 (10)
2011年5 月 (12)
2011年4 月 (11)
2011年3 月 (19)
2011年2 月 (15)
2011年1 月 (8)
2010年12 月 (12)
2010年11 月 (7)
2010年10 月 (15)
2010年9 月 (11)
2010年8 月 (9)
2010年7 月 (10)
2010年6 月 (14)
2010年5 月 (20)
2010年4 月 (15)
2010年3 月 (19)
2010年2 月 (19)
2010年1 月 (20)
2009年12 月 (16)
2009年11 月 (13)
2009年10 月 (24)
2009年9 月 (9)
2009年8 月 (7)
2009年7 月 (13)
2009年6 月 (11)
2009年5 月 (9)
2009年4 月 (6)
2009年3 月 (5)
2009年2 月 (7)
2009年1 月 (7)
2008年12 月 (5)
2008年11 月 (6)
2008年10 月 (3)
2008年9 月 (4)
2008年8 月 (2)
2008年7 月 (3)
2008年6 月 (5)
 
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)QRコード
MySpace Japan
facebook
電子書籍 幸運女子・強運女子になるためのライフマネジメント
オーディオセラピー 「アストラル銀行(宇宙銀行)」CD 販売
10分間瞑想シリーズ 新登場
オーディオセラピー 2枚組CD 販売中
オーディオセラピーCD化!
アマゾン HMV
TOWER RECORDS 山野楽器
新星堂 i Tunes Store
Jazzy Music

COLUMN

他人エネルギーの比率

本来仲が良かったはずのカップルや家族、友人関係が、いつの間にか、ケンカになったり、仲がわるくなる場合があります。

お互いのハーモニーが良かったにも関わらず、不協和音が起こるときは、もしかすると、他人や他所のエネルギーが乱雑に入り込んできているのかもしれません。

エネルギーの変化とも言えますが、この場合は、第三者的なエネルギーによって、純粋に調和していたものが影響を受けてしまっています。

 

よくある例は、カップルや夫婦に、お互い、あるいはどちらかの仕事関係者や交遊関係が入りこんできたことで、最初は活気があったのに、いつの間にか、ふたりの関係が歪み始めます。

家族の中に、親戚や親が入ってくる、同居などをすることで、家族間にそのことを巡って不協和音やケンカが発生します。

仲良しグループや友達間に、別の仲間が入ってきたことで、関係のバランスがギクシャクしたり、仲間の一部が不愉快に感じはじめます。

 

仲良い理想的なご夫婦のYさん。しかし、夫の心ない一言で大げんかになり、急に愛想をつけて家を飛び出してしまいました。夫は最近事業を興し、ビジネスパートナーたちと年中関わり多忙な日々でした。共通の知人カップルがせわしくイベントやお祭りを誘ってきて、楽しいというより煩わしさが続いていました。

 

人と関わるうえで必然といえますが、大切な関係の間柄では、ときどき、他人や他所のエネルギーを調整し、関わり方を選択する必要があるでしょう。

今年も富士山登頂!その2

起床は夜中の12時過ぎ。山小屋を12時半に発つのです。

私は、今年は2、3時間、なんとなくウトウト眠れたと思います。なかなか、寝づらい体勢ですよ。

一人、体ひとつ分のスペースで、押し入れを横に7−8m広げたような2段長屋状態です。こういう時に若いときの経験が生きるのか?学生時代寮生活だったので、他人との集団睡眠にはすぐ適応しますsmile

携帯は、山では電波を探すので、電池消耗が激しいいため、機内モード・省電力にしておく工夫が必要。が、なぜかこういう時ほど、地上からメールや連絡や仕事が入ってきます。よって、充電器は必修。

 

Fuji_27

 

山小屋では、朝食用のいなり寿司&巻き寿司と緑茶缶をいただきました。

夜中は冷えてきましたが、今回はそれほど寒く感じないのは、風が弱いせいでしょう。

夜空は、なんと満天の☆・星・ホシ・スターnight

プラネタリウムよりも、大きめの星が瞬いています。こんなに星が近いのは、夜登山の醍醐味です。

Fuji29

 

結構、この山小屋にたくさん泊まっていたんですなぁ。

私たちのグループにはモンゴルから、他所のグループにはスイス、って山の本場から登山に来た方たちも!

 

昼の帽子から毛糸帽に変え、ヘッドライトを装着して、8合目から3時間かけて山頂へ!!

ココからは「写真を取るとその記憶は薄れる」という心理学に則り、道中はNo Photo(暗くて写らないし)。

ひたすら地道に登りますが、9合目頃に小さめな岩場が増え、石段とミックスした道のり。細い道も多く、ロープで保護されていますが、暗いおかげで谷側が見えず、精神的に救われます。

 

flair途中休憩では、みんなヘッドライトを消します。すると、さらに満天の夜空に変わります。目の周りを両手で覆い、空をみると、さらに明るく輝いてみえます。流れ星が、サァーと落ちていきました。

 

・・・頂上まであともうちょっと・・・

だんだん「先に行ってくださ〜い」と道を譲る仲間が増えていきましたが、マイペースが大事。

flair一歩一歩登るごとに、ヨガ並に深呼吸していくと、山頂までの辛さがかなり違います。

flair昼間言われたアドバイスで「一生懸命登るのは大事ですが、足元ばかり見ていると、富士山の思い出が岩と土ばかりになっちゃいますよ」。なるほど、たまに上体をあげると呼吸が体に入り、楽になりました。

 

 そして、3時50分、無事に山頂に到着!

山頂には、鳥居と狛犬たちがいます。こちらは夜明け後に撮ったもの。

Fuji_28

山頂には浅間神社奥宮があります。

山頂あたりには、山梨と静岡の県境はなく、神社の所有になるそうです。その昔、各県と神社で裁判を起こした歴史があり、結局、神社(神様)の勝利?!に納まったとか。

Fuji_30

Fuji_29

御守りなども売っています。

 

登頂後、朝の4時から御来光を待つと、体がかなり冷えます。まだ体力はあるし、ココまで来たら、日本最高峰富士山剣ケ峰を目指したくなります。

 

「お鉢巡り行きたいと思う!人は止めてください!ちゃんと行って、自分の足で下山までする意志と体力がある人だけにしてください!」とガイドさんから活ッが!今年は厳しいなぁ。

お鉢巡りには、1時間半から2時間弱かかりますので、この段階では、ビックなチャレンジです。

 

私たちのグループからは、山友のMさんと私を含めて3名がお鉢巡りに参加。他所のグループ+女性ガイドさんと9名で、小隊編成となりました。

 

いよいよ、出発!そのとき、寒い強風が吹いた時点でtyphoon「やっぱり止めときます」と2名はリタイヤ宣言!すでに本隊と分離したため、このタイミングでの離脱は、フリー下山する運命。

よりハードな選択だと思うのだが、寒波は身が引けると思いますthink

 

私は、インドでも凌いだ、軽量ダウンと、冬用の内毛皮モコモコ手袋+最小ホッカイロを握っていましたのでセーフでした。

それに、今回の女性ガイドさんは、なんだかエネルギーが柔らかく、歩幅に無理がなく感じられました。感覚的なものですが感謝ですconfident

Fuji40

こちら、山頂郵便局 朝6時から14時まで営業ですが、夏期間8月24日までの営業でしたpostoffice

 

flairちなみに、郵便局近くの公衆トイレは、美です!300円ですが、水がちゃんと流せるのですよscissors

 

最初は真っ暗で、ヘッドライトを頼りに歩き進みます。が、だんだん薄ら明るくなってきました。

他の登山口(御殿場口)などから、山頂の御来光を目指して登ってきた登山者グループたちと遭遇し、「おはようございます!」「お疲れさまです!」と、明るい声がチラホラ。

 

Fuji_32



flair「日本最高峰」に着く前には、通称、心臓破りの「馬の背」があります。傾斜角は、22.4°(勾配41.7%)

右回りにお鉢巡りをすると、馬の背を登ることになり、しんどいのですが、左回りに巡ると下り坂になるため、こちらのほうが体力も転倒の事故率も高くなるそうです。

 

Fuji42

御来光の撮影に備える人々。iPad率高し。

 

  Fuji33

5時10分の御来光を待ちます・・・ん〜、雲がかかり、それなりに幻想的ですが、ビミョウな御来光に。

もっとも、近日は悪天候で山頂まで登れない日が多かったとのことで、これでもかなり天候に恵まれていたようです。確かに去年より楽。

上部の円盤のような雲は、強風を起こす風とのことで、これが富士山に被っていなくてかなりラッキーだったと言われました。

 

 

Fuji35

とりあえず、お互いに記念撮影して。ついピースサインする世代。このとき、眠くなってます。

 

Fuji_38

見下ろせば、お鉢巡りで歩いた道が見えます。

Fuji_39

噴火口には、雪が残っています。火口の中は大内院を呼ばれば、8合目に匹敵するそうです。

 

Fuji_42

雲間からは、北アルプスが観えて、圧巻。


Fuji_40

雲海を観て、テンションが上がってしまいました。

と、あと半周お鉢巡りをしなければ・・・

Fuji_45

このタイミングで、また登り坂〜

Fuji_46

雲間から、下界の緑を楽しみ・・・・

Fuji44

 えぇー、こんなに見事な氷柱(つらら)が。最近、雨がたくさん降ったので、キレイにツララってしまったそうです。

 

Fuji45

それだけ寒いってことですね。

 

Fuji46

山頂から下山!!ここからが、ひたすら、ジグザグ、ジグザグ、ジグザグ、ジグザグ、砂道を下りていきます!

今回は、先の女性ガイドさんにコツをバッチリ教えてもらいました。

flairカカトに重心をかけて、逆ハの字気味して、深い砂のところに、ずんずん、カカトを置いていくこと。つま先に重心がかかると、前のめりになって危ないので、滑りそうになったら、基本のカカトから足を運ぶことを思い出して!

何事もそうですが、最初は何を質問していいかわからないし、教えてもらっても理解する度量が未熟。でも、実体験をしていくうちに、コツやノウハウの仕入れ方がわかってくると思いますね。

時々、猿のように駆けて下りていく人たちがいましたが、あの人たちはかなりの脚力、筋力があるそうです。

 

Fuji47

私は、6時10分に山頂を出て、8時55分に5合目のスバルライン集合場所に無事到着!3時間余りで上々の下りでした!

各々の体力相談でしたが、無事全員下山し、5合目からは近くの温泉へ。

そこで2時間余り温泉休憩を取り、体をほぐして、東京へ。渋滞予測が大きくはずれ、5時前に東京駅まで戻れて、とてもスムーズ。

今年も、身も心も充実の富士登山をさせていただきました!
 

clover不思議なことに、登りの登山中8合目から、ここ2、3ヶ月の肩こりや肩甲骨のハリが失せてしまいました。富士登山に肩こり効果があったとは?!この肩こりは氣(エネルギー)のせいだったかも(笑)翌日は和室でのタイムトラベルセラピーが続き、筋肉痛の太腿にキテいます・・・

今年も富士山登頂!その1

人生通算3度目の富士山、山頂まで登って参りました。

お鉢巡りまでコンプリートさせていただきましたよ!fuji

今回は、女子(レディス)13名御一行です。

 

Fuji_3

 

5合目のレストハウス側には、小御嶽神社があります。小雨なのでレインウェアは最初から着込んで。

 

でも、山に着けば、降ったり止んだりは当たり前・・・と、誰も雨天中止は疑いません。

Fuji_2 

富士山5合目で1時間余り、昼食をとったり、山装備をして、標高に慣れます。

  

Fuji_4

 

ちなみに、私はトレッキングシューズは現地でレンタルしますが、今回は偶然の紫コーデ。自動的に「注文念動力」が働いたのでしょうか(笑)

 

時間があるので、5合目を少々ご紹介。小御嶽神社。 

Fuji_7

 

 

Fuji_5

こちらで、みんなの登山の無事と願わくば御来光を祈願・・・なんか行ける気がする?!

 

Fuji_8

5合目で、すでに分厚い雲の上。雲にスプレーをかけると、ふわふわ乗って遊べるドラえもんの道具を思い出す・・・

Fuji_9

山側は、きれいな樹木の景観。

Fuji11 

5合目11℃・・・山頂は1℃らしい〜

実際、天候によって、山頂まで必ずしも登れないことが多いそうです。特に今年の富士山は気温が上がらず、前日の山頂は雪がチラチラ、雹も降ったそうです(ガイドさん談)。

ということは、ガイドさんは、毎日登っているんですよねcoldsweats01

Fuji_11

ガイドさんのかけ声で、いざ出発。今年から任意で、入山料1000円を受け付けていました。

「よろしくお願いしま〜す」

dog「じゃぁ、みなさん元気に山頂を目指しましょう!」

geminigeminigemini『オォーッ!』←一応、やらされますが、気合は大事happy01

 

Fuji_12

下山できないときは、最悪8合目まで、お馬さんは向かえにきてくれるそうですhorse

しかし、6合目近くで御代は12,000円、8合目は300,000円!とか。何があっても歩きます!

 

flair「安全な山道では、おしゃべりは深呼吸になる」とのこと。大阪から前泊のOさん、横浜のYさんと、ワイワイ話しながら登っていきました。ちなみに、列の後ろでくだらない話をしていると、前方の人たちには丸聞こえです(笑)

flair楽しいと元気に登れまーす!

 

Fuji_16

登りながら、こまめに水分補給と小腹を満たし、ガイドさんの説明を聞く私たち。

今回のガイドさんは、体力の弱い人たちを優先に安全誘導してくれました。しかし、ちゃんと聞いていないと、怒られる人続出(笑)

他のガイドさんや、ツアーで登っている人たちにも激が飛んでいました。

そう、富士山は甘い山じゃないからですね。山登りのウンチクはためになりました。

 

flair登山者には当たり前なのでしょうが、8合目ー山頂に向けては、一歩いくごとにしっかり呼吸すること。岩は小幅で上がること。このことは知っていたのですが、今回は一歩一歩、丁寧に深呼吸を意識したおかげで、足がしっかり上がりました。

flair富士登山をすると、約4000kcalも消費するそうですよ。フルマラソンの2倍とは!でも頻繁に、燃料補給するので、痩せる場合じゃないと思いますが(笑)

flair今は、ゼリー状の栄養食が一番早く燃料に変わるし、歩きながら補食できるのでおススメです。おにぎりやご飯ものは、燃料化に2、3時間かかるので、登山前がよいみたい。みんなは、地上では高カロリーのスニッカーズやチョコレートが人気。あと、酸素のサプリ(錠剤)持参の人もいます。

 

 

Fuji_15

 

5合目から順調に歩き、7−8合目を見上げると、山小屋が数件見えます。

 

 

Fuji_17

小雨が降ったり止んだりしましたが、晴れていないおかげで、体の消耗が抑えられました。風もほとんどなくたまにそよ風が吹いて、汗を飛ばしてくれました。

Fuji_19

そうこう進むうちに(7合目は岩が多く、8合目からまた砂になる)、西の夕日の光が見えてきました。明日は、御来光期待できるかも?!

雲の合間に、山中湖がみえます。

 

Fuji_22

12時に5合目を出発して、5時50分に今夜の山小屋・白雲荘に到着。

山小屋の方たちは、重たい靴を受けとってくれたりと、何かと親切です。

 

Fuji_23

山小屋の定番、カレーとハンバーグ。ココにくると、何でも本当に美味しいです。ちょっと塩味が濃いめ。

お水は貴重なので、美味しい緑茶は1杯だけ。

8合目あたりでは、500mlのペットボトル水は400-500円。

カップ麺も400円が相場(山頂は500-600円)。

 

水といえば、おトイレ。バイオトイレでどこもきれいですが、6合目以降は200円。

歯磨きも水不足のため。

flair私はマウスウォッシュを持参しています。

 

Fuji_24

山小屋の前は珍しく広場になっています。まだ薄明るいですが、6時半におやすみなさいnight

残念ながら、ひとりは7合目で辛くなってしまい、登頂を断念。でも体と相談して無理をしないのが、何より勇気がいり大切なことだそうです!

flair私は、去年の教訓から、寝るときに小さな枕の上に、ホッカイロを置いて、頭部や肩を温めて寝ました。

こうすると、目覚めたときに、頭が痛くなるという高山病の予防になると思います。

寝ている間に、自分の呼吸が深くなり、気圧の変化をサポートしてくれるような気がしますよ。

 

続きは、目覚めてから・・・「今年も富士山登頂!その2」 sleepy

〈ご案内〉断捨離 セラピー

 
健やかなを迎えて・・・
 
    セラピー
 
 
期間限定:9月1日〜10月31日
 
 
 
季節の変わり目は、意識も変わります。
 
なんとなく夏の疲れを引きずってしまえば、それまでですが、敢えて季節の変り目を意識すると、秋に備えてできることがあります。
 
 
ひとつは、早めのお片付け。人によっては引越等、環境変化を引き起こすことがあります。
 
もうひとつは、学びや芸術を肥やす。こちらは、感性や情緒が潤う季節がやってくるからです。
 
 
今回は、前者のお片付け=断捨離をテーマにセラピーをご用意いたします。
 
お部屋を埋め尽くす物に限らず、様々な切り口で、断捨離は可能です。
 
 
 
 
あらためまして、「断捨離」とは不要なものを断つ、要らないものを捨てて処分する、執着を離れるという、3つのススメです。
 
断捨離は、人生や日常生活を、より身軽で快適に生きていくための処世術です。
 
整理整頓や片付けはその基本ですが、物質的なモノに限らず、固定観念や思い込み、人間関係にも、当てはまる考え方です。
 
 
 
近年、あるいは人生の中で断捨離したいこと、日々のマンネリに潜む慢性的なムダ、観念や思考、日常習慣、人間模様など・・・・ユニーク(唯一)なあなたには、きっとユニークな断捨離のテーマがあるでしょう。
 
 
 
今回は、コーチングスタイルの「断捨離セラピー」 オプションDX版では「透視&エネルギー断捨離」をプラスした内容でご用意いたしました。
 
 
具体的に断捨離が明覚な方は、「断捨離セラピー」で、自分だけでは取り除けないモノ(エネルギー含む)がある方は、オプションDX版が一石二鳥です。
 
 
 
 
〈セラピー内容〉pen
 
【断捨離セラピー編】
 
 
① 具体的に断捨離したい件、あるいは、具体的な「目的や目標やビジョン」のために断捨離が必要な件をお伺いします。それについて、早速「断捨離ワーク」を行います。
 
例:引越をするので、スムーズに運ぶよう断捨離したい。人間関係が複雑で疲れるので断捨離したい。
 
 
② 以下のテーマから、必要な断捨離を2−3個行います。
 
 
・日常生活のパターン
・習慣
・体質を整えたり健康管理のため
・人間関係や人間模様
・観念や思考
・行動パターン
・アンバランスな感情や私情
・過去の出来事
・特定の役割や望まない責任
・潜在的な断捨離のテーマを探し実施する
 
 
 
 
【断捨離セラピー+「透視&エネルギー断捨離」編】
 
①と②に加え、
 
③ 第1−第7チャクラ毎の断捨離 情報をリーディングしていきます。
 
④ ③の中で、断捨離したほうが良さそうなエネルギーをお伝えし、ご自身がそのエネルギーを取り除くことを希望されれば、エネルギーを動かします
 
(ただし、ご自身がそれを望まないときや、何らかの理由によりエネルギーが直ぐに動かないときは、その旨をお伝えするに留まります。大切なのは、自由意志です)。
 
 
 
〈セッション料〉clover
 
【断捨離セラピー編】90-120分 32,400円(税込)
 
 
 オプションDX版
【断捨離セラピー+「透視&エネルギー断捨離」編】 51,430円(税込)
 
 お問い合わせ・お申込はこちら
 
 
期間限定:9月1日〜10月31日
 
☆近日、志麻ヒプノHPでもご案内させていただきます!
 

人間模様が教えてくれること

自分を取り巻く人間模様でトラブルや問題が目につくとき・・・その元凶は自分が握っているものです。

人間模様のトラブルや問題といっても、深刻なものから、気分がモヤモヤするものまで様々ですが、いずれにも当てはまります。

元凶といっても、けして、自分が悪者というわけではありません。「気に触る何かの素」を持っています。

 

心理学や自己啓発、精神世界を少し学び始めると、このことは、すぐに教えてもらえます。

それまで、人間関係で悩んだことがある人は、水を得た魚のように、ピンとくるようです。

しかし、その気付きのきっかけをもらうまでは、当事者からすると、どうみても相手側・周りのほうがトラブルや問題を起こしているように感じてしまいます。

 

ここ1年のお電話カウンセリングを振り返ると、Yさんは友人関係→夫の人間関係→きょうだい→両親→夫・・・とテーマが動いています。

セオリー的に拝見すれば、明らかにYさん自身に直接目を向けてもらうことが核心です。しかし、気付きにはタイミングがあり、いきなり自分を見つめることができない時期(人によって長い・短いあり)があります。

「灯台下暗し」です。随分遠回りなときもありますが、だから人との繋がりがあるとも言えるような気がします。

 

最近「サイキック講座プライベートクラス」を15時間受けられたKさんは、受講前に、人間関係の問題に遭遇し、自己流に模索しながらも、なんとか環境が変わる段階にきていました(内なる気付きが起こると、環境は変わり始める)。

「渦中にいるときは、相手のほうにばかり原因があると思ってしまっていました。さらに、スピリチュアルな考え方を使って、あの人たちは違う波動だと、ジャッジさえしていたことが・・・」と。

そう、波動やエネルギーのことを知っても、その活かし方は、ワンネスのレベル(愛・受容・客観的俯瞰性)で接しないと、物質レベルのエゴと混ざって、余計ヘンなことになります coldsweats02

 

上記のような理屈を知っていても、人生はバリエーション豊かですから、ちょっとしたトリックに引っかかって気づくのが遅くなることもあるでしょう。

 

それは、仕方ないこと。ただ、早く気づかせてもらうコツがあるとしたら・・・flair

問題視しても、どうも状況が変わらないときは、問題視をやめて様子をみる。

スルーしてみても、追いかけてくるとときは、課題を直視すべきとき。正直に、素直に、コミュニケーションをとってみる。

自然の中で充電したり、気晴らし、ワクワクすることで元気になる・・・王道です。疲れると問題をさらに深刻に捉えてしまったり、怒りっぽくなる。

 

〈ご案内〉ワークショップ【ヒプノティック・進化論】

 
shineあなたの進化と進歩がテーマshine
 
ワークショップ 進化するための2日間「ヒプノティック進化論
 
 
 
暑い夏が峠を越えれば、2014年は100日余り!
 
少しご自分を見つめる余裕がある方は・・・・今年のペースはいかがでしょう?
 
さて、進化論で有名なイギリスの自然科学者チャールズ・ダーヴィンをご存知ですね。
 
 
彼の名言「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生きのびるものでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である」が、とても有名です。
きっとどこかで聞いたことがあるでしょう。
 
 
変えられるものは、変える勇気が必要です。
 
もちろん、変えられないものは受け入れる謙虚さが大事であったり、希望や未来を信じて好機(タイミング)が自然にやってくるのを迎えるときもあります。
 
 
 あなたの場合は、変えられるものなのか?「受け入れの体勢」がベターなのか?
 
 
「そこの判断が難しいのよ」という声が聞こえてきそうです。
 
「十分努力しているつもりですが、これで合っているのか、自分では見えていないのかもしれない・・・ちょっと不安だ」といった、自己判断の迷いもあるでしょう。
 
 
そこで、この100日をめやすに、みなさんが現状から「進化」するための2日間ワークショップをお届けいたします。
 
 
ヒプノティック=催眠的な潜在意識に働きかける方法を用いて、またNLPのように「今の意識と行動力」に効果的な方法で、「進化」を見つめて推し進めてまいります。
 
 
ダーヴィンメンデルエンドウマメの研究「メンデルの法則」で有名な)は、遺伝学の分野ですから、精神論とは切り口は異なりますが、人類の遺伝進化には、当然、精神・心理は含まれますね。
 
 
ヒプノティック版では、魂や精神面(魂年令・心理的な精神年齢)にフォーカスします。
 
NLP版では、自然科学的な進化より、「進歩」にフォーカスします。
 
 
どちらも、皆さまの左脳・右脳を整理・統合しますので、バランスがとれて元気になります。
 
また、素材は「あなた自身」です!「自己進化・進歩」を促す、よい機会です。
 
 
1日目のヒプノティック版2日目のNLP版どちらも本当におススメです。両日だとバランスはとれますが、1日のみでも体験できます。
 
ヒプノセラピーとNLPの技法も、わかりやすく説明しながら実践しますので、ご興味ある方には、学んで進化するお得な内容です。
 
また、2日間「進化・進歩」のワークに取り組まれる方は、最後に恒例のミニ・セッション(珈琲豆を使うユニークな透視リーディングがついてきます。
 
 
 
今回は、9月中旬より、オーディオセラピー・リリース第2期(第1期は、はるか昔 2009ー2010年)を記念しscissorsスペシャルなワークショップをお届けしたく、参加費としてのエネルギーは、ギリギリのところでお得にさせていただきましたconfident
 
 
あとは、皆さまの「自己進化・進歩」に対する意志と、いつもより少しスタミナをもってお越しいただければ、素晴らしい進化・進歩の扉が拓くでしょう。
 
 
具体的な目標をもってきても、漠然と何かをお探しの状態でも、問題や悩みを抱えた状態でも、「進化・進歩」の御意志があれば大丈夫です
 
また、あなたが進化・進歩することで、周りにポジティブな影響・感化を及ぼし、貢献できます(ただし、周りの進化・進歩が沿わないときは、あなたが新しい世界へ進むときかもしれません)。
 
 
この100日で、進化・進歩するとは、今この時々の瞬間に、充実感や安らぎや意識がハッキリする、ということでもあります。
 
 
 
〈豆知識〉pen
 
ダーヴィンが唱えたのは、「自然選択説」ですから、意図的に望むものを開発する「進歩」とは異なります。環境や状況に適応した種が有利になるというもの。ダーヴィンが提唱した当時は、教会勢力にかなりバッシングされたそうです。一方、理科で習ったエンドウマメの「メンデルの法則」の研究を重ねたグレゴール・メンデルは、田舎の修道僧でした(のちに修道長)。彼の死後かなり経ってから、メンデルの法則は再発見されるのですが。
 
 
 
〈ワーク内容〉pencil
ヒプノティック編・NLP編と分けていますが、両日ともそれぞれの技法を混ぜてワークを行います。
 
14日(日) ヒプノティック編 night
 
◎ 今、何才?「半生の進歩」の足跡をたどる
◎ 「前世を経た魂の進化」オムニバス体験
◎ 今日から人生の4つのテーマを濃密にする
◎ 今からイキイキ・ワクワク生きるためのエンドノート
◎ 感情・魂・オーラを進化させる
 
 
15日(月) NLP編 bud
 
◎ 進化・進歩を促すもの、阻むもの
◎ 2014年100日の歩みをつくる
◎ 肉体・メンタル・感性を進化させる
◎ 豊かさの進化と進歩
◎ 氣(エネルギー)の進化論「感謝・貢献・愛」
 
 
内容・順番は、当日のメンバーの状況で対応します。
 
 
〈こんな方におススメ〉good
 
・ 自己の変化を求めている。
・ 停滞感を払拭したい。
・ 具体的な目標や夢に向かって、楽しく加速したい。
・ 日々のあり方、人生を調整したい。
・ 進化・進歩したい!
・ 日々、感謝、充実感、愛、豊さを感じて生きたい。
・ これまでの生き方を見直したい。
・ もっと自分を好きになりたい。
・ 潜在的な自分の可能性を見つけて、発揮したい。
・ 雑念や考え過ぎをやめて、直感を信じて生きたい。
・ 元気になりたい。ワクワクしたい。
・ 2014年を、より望ましく締めくくりたい。
・ 潜在意識を見つめること、ヒプノセラピーやNLPの技法が好き。
・ 今の自分や半生を整理したい。
 
 
日々のあり方・人生を進化・進歩させたい方 どうぞお集りください wink
9/1のお申込が、かなりお得です
 
 
日程: 9月14日(日) 14:00−18:00  
 
9月15日(月) 13:00−17:00
◎ 15日は30−40分程、長引く可能性あり(珈琲リーディングの都合により)。
 
途中またはワークショップ最後に「進化的ケーキのお茶タイム」あります cakecafe
2日間ご参加の方は、ミニ・セッション珈琲豆を使うユニークな透視リーディング)タイムありeye
 
 
ワークショップ参加費:(☆オーディオセラピーリリース記念!)早期割引 9/1迄 
1日参加 16,200円
2日参加 32,400円
 
 
9/2以降 
1日参加 19.440円
2日参加 38,880円
 
お問い合わせ・お申込はこちら
 
 

面倒なことをこなすバリューセット

できるだけ要領よく、うまくやりたい。

失敗は避けて、順調に目標やゴールに向いたい。

そんなふうに考えるのはご尤もです。

 

「簡単にうまくやってやろう」とまでは思っていなくても、取り組んでいることに横やりが入ったり、人間関係で問題が発生すると、とても損をしているように感じて、つい不満や文句が出てしまいます。

すると、そのストレスが、全体の見方を狭めて、悲観的になったり、楽しさややりがいがどこかへ吹っ飛んでしまいます。

これ、意外に普段はわかったつもりで前向きな方ほど、かかりやすいストレス材料です。というか、うまくいっているときほど、陥りやすいものかもしれません。

 

セラピストになって数年、少しずつクライアントが来るようになり、気がつけば目標が叶ってきているSさん。

しかし、集客方法やクライントからの問合せについて、つい不満が増えてきていました。

もちろん、問題視することはわるくないのですが、問題視したときに感じる不満のまま、具体的に自分で動いたり工夫しなくなってしまうのがネックになっていました。

不満エネルギーは、自他ともに動きを止める働きがあります。自分だけならまだしも、周囲も結構迷惑なエネルギーとなりますthink

 

イベントの運営で大忙しのMさん。新しいことに挑戦したことで、これまでの停滞感はなくなり、勢いが出てきました。

しかし、イベントはスタッフなど運営側にきちんとした実行責任者がいないと、収集がつかなくなります。中途半端な状態を把握し切盛りするのは大変です。実体が掴めないことに、性分的にもストレスとなったMさん。

しかし、そのような中でも、できるだけ自分の裁量を発揮することが、Mさんの実りにつながっていました。

新しい挑戦事には、大変なこともバリューセットになっている、そんな状況が視えてました。

 

 

結果的に成功したり、実りを得ている人たちは、苦労やアクシデントというバリューセットの恩恵をうけているものです。

苦労やアクシデントは、それを何か異なる価値に変えてあげないと、苦労・ストレスのままです。

前世療法の体験の仕方

長年に渡り、志麻ヒプノのセラピーをご利用くださっている方々でも、前世療法を受けるのは初めて!というケースは少なくありません。

正直、私も驚きますがcoldsweats02これまでは透視カウンセリングやデトックスセラピーなど、別の手法でセッションを受けられたのですね。

 

志麻ヒプノの看板メニュー「タイムトラベルセラピー」をはじめ、いわゆるヒプノセラピー・インナーチャイルド・前世療法とは、ご自分自身で体験するセラピーです。

つまり、「特殊能力」とされる霊能力・透視能力・生まれもった何チャラを備えた者に、読み伝えてもらうことではありません。

 

専門の心得があるセラピスト(この場合ヒプノセラピスト)が、あなたの潜在意識を誘導して、ご自分で時空を遡り、この人生の過去を追体験したり、前世(=過去世)を映画のようにみたり、リアルに体感します。時間軸は自由になりますので、未来順行といって、この人生の未来や未来世へのタイムトリップも可能です。

 

もちろん、霊的能力者に教えてもらう事も、意識の変化やエネルギーを動かすことができますが・・・もちろん、クオリティーやレベルは様々ですね。

 

さて、ご自分で体験するとなると、

「ホントにそんなことできるの?」「私は鈍いので、そういう感性とかないから無理だと思う」

というご意見が続出します。

 

クライアントさん自身の多くが、

「ちゃんと見れるかどうか・・・大丈夫ですか?」と謙虚におっしゃいながら、受けにいらっしゃいます。

 

これについて、これから体験のコツをご紹介しますね。

 

この説明をしておかないと、本当は体験できているのに、「私はちゃんと体験できたのかしら」と現実に意識が戻ってから、?マークが払拭できません。

また、他所で前世療法を受けたことがある方が、潜在意識ではOKでも、顕在意識(表の意識)では十分納得しきれないままであることは、しばしばあります。

「初めてでそのときは体験できなかったんですが・・・スペインっぽい石畳が印象的で、踊り子をしていました」

ん?賢明な方はおわかりですね!ちゃんと体験した描写を語っていますが、それを受け入れられていないのが、ちょっと残念です。

 

前説が伸びました・・・では【前世療法体験のコツ】

 

◎ セラピストの誘導で思い浮かんできた、イメージ(内的なビジョン)や感覚、感情、ふっと思い浮かぶ音や言葉(内的なサウンド)を、そのまま受け入れて体験しましょう。そこで、「本当に見えてるのかな、感じているのかな?」と、アタマが働き始めると、せっかくの前世の情報が届かなくなります。もちろん、そのような疑いや思考が邪魔をしないよう、セラピストは予め誘導します。しかし、常々、何かを検証したり判断する能力が強い方、未知なる体験に慎重で用心深いと、つい働いてしまうようです。

  もちろん、みなさん個人差があります!そこで、「見えること」のたとえを挙げます。

 

◎ 夜、寝ている間に夢を見たことはありますね?その夢を「自分は本当に夢を見たのかな」と、夢で見たイメージや体験そのものを疑うことは、ほとんどしないでしょう。不可解な夢の意味を考えたりはしますが、夢を見たことは受け入れると思います。その「受け入れ」感覚と同じで、前世で浮かんできた人物像や経験を「受け入れ」るとサクサク、いろいろな場面へ移行できます。

 

◎ エッセイや小説を読書しているとき、登場人物の描写や風景描写を読みながら、アタマの中で自動的にスクリーンに映し出されていませんか?あまり自覚しないかもしれませんが、このときの「物語に対する理解」と似ています。自然に「わかる」ことができます。

 

◎ 現代人は、視覚優位です。「目で見る」と思うことを信じて受け入れる特徴があります。(※実際には、目の前にあっても、認識しなければ見えないし、絶対的な真実の視覚的情報はないのですが)

しかし、視覚・ビジョンで見えないけれど、「音や感覚でわかる」という見え方もあります。

カレーの匂いがすれば、カレーが目の前になくてもわかりますね。

また、「何も見えない」というのも、見えないという情報です。したがって、「前世の門をくぐったら、何も見えない、真っ暗!」という場合には、慌てずそのことをセラピストに伝えましょう。

見えない中に、必要な情報があったり、また見える情報のある時期に移行すればよいのですから。

 

「その人にとって受け入れやすい」ように体験できます。夜寝て夢をみているときは、浅いレベルの潜在意識ではありますが、それでも、「現実のあなたに起こっている状態」がデフォルメされたり、メタファによって、ご本人に意識情報によって「変換」されるのです。

漫画のように展開された前世療法を体験される方もいます。そう、漫画が大好きで、現実生活も漫画と接していることが多い方でした。

 

 

これらのことは、タイムトラベルセラピーや前世療法を受けるクライアントさんに(初めてのとき)お伝えしていることです。

また、ヒプノセラピストをめざす方が受講するヒプノセラピスト講座でも、セッションの進め方で「クライアントの説得材料」としてお教えてしているトピックです。

 

この夏、お盆シーズンは、ご本人の意志なのか、霊的なつながりのある守護の存在に導かれているのか、スピリチュアル度の高いタイムトラベルセラピーになっています。コツを掴むと、サクサク、移行体験が展開されます。複数の前世をオムニバス体験することも、珍しくありません。

 

01

 

 

【ご案内】マスターヒプノセラピスト養成講座・受講生によるインナーチャイルド&前世療法体験

7月のサイキック講座に続き、マスターヒプノセラピスト養成講座でも、修了間近の受講生による、ヒプノセラピー体験を行います。

これまで、志麻ヒプノでセラピー、ワークショップ等を受けられたご経験のある方であれば、誘導に従って比較的スムーズに体験できる内容です。

 

いずれもテーマは、「今あなたを元気にするインナーチャイルド」「今世に影響を与えている前世」を体験していただきます。

 

受講生によるマンツーマンです。受講生といっても、ヒプノセラピーは今回初めて学べていますが、これまでにスピリチュアル系のワーク経験がありますから、エネルギー的に大変恵まれていると思いますよ。

私・志麻も壁のように?室内におりまして、多少誘導の流れをサポート致しますので、体験される方、受講生とも安心してセラピーセッションを進めていくことが可能です。

以下の日程で、若干名ですので、ご興味ある方は、どうぞお早めにお申込くださいませ。

 

マスターヒプノセラピスト養成講座受講生によるインナーチャイルド&前世療法体験

 

〈対象〉志麻コラムをお読みの方。現在大きな悩みや問題をお持ちの場合、体験セッションでは十分に対処できない可能性があります。ヒプノセラピーにご興味ある、体験したい、という方を募らせていただきます。ご了承くださいませ。

〈日程〉 9月6日(土)13:3015:30 7日(日)13:3015:30    (8/21現在)

〈体験参加費〉 2,000円(税込)

〈お問合わせ・お申込〉 こちらから。

ご希望の方は、どうぞお早めにお申込ください! 満席になりました。キャンセル待ちのみ受付致します。

〈ご注意事項〉 現在医師の処方を受けている方、妊娠中の方は、体調不良・病後間もないの方は、潜在意識を扱うセラピーにより影響を与えてしまう可能性がありますため、お申込はご遠慮下さいますようお願い申し上げます。 

 

MasthypLP01

前世は精霊「龍」

お盆休みで、都内・銀座界隈はいつもより人出が少なく、街が静かですconfident

そんな中、マスターヒプノセラピスト講座は、早くも半分経過しました。今回はサクサク進行し、インナーチャイルド前世療法をひと通り学習&実習し、あとはバリエーションを広げています。

最初は、清算系のテーマが多く出てきましたが、だんだんテーマの波動があがり、自然にスピリッツがガイド役に現れるようになりました。

 

何度目かの前世体験でMさんが前世へ移行すると、の存在が姿を現しました。

前世の姿、役割が、人間ではなく、精霊の存在である「龍」であることがわかりました。

自然豊かな場所で、当時の人の目には見えない存在だが、自然を守り、統治するような働きをしていたそうです。

清らかな水や、自然の中からエネルギーを得ており、また自然の秩序が乱れるのを防ぐために、他の龍の精霊たちとともに生きています。

 

前世では、臨終の場面を体験するのですが、龍の場合はいかがなものでしょう?

龍には、人間と異なる次元に存在していますが、そこにも存在のタイムアップはありました。

しかし、多くの人間が死に対して抱くような、喪失感や悲しみはなく、自然なプロセスの一部として「終わり」がある感覚です。

 

Mさんは、その体験を通して、死の受け止め方の違いだけでなく、生き方の指針にも特別な感覚を味わったようです。

 

前世は、今世の生き様を隠喩とするエッセンスがあります。

Mさんは、近年から急激にエネルギーの変化がおこり、現実生活を今大きく変えようとしている段階です。

龍が自然の秩序を守る働きをしたように、Mさんはもっと人の存在大きなスケールで関わっていき、一助の働きを決意して、ヒーリングやセラピーを身につけていらっしゃいます。

 

それにしても、精霊・霊的な存在がヒプノセラピーに登場すると、うたた寝のような睡魔がやってきます。つまり、起きているときの通常意識と同期しにくいエネルギー波長なのです。