ホーム > コラム

最近の投稿
ジル・パースのワークショップ @ロンドン #3 先祖のヒーリング by Jill Purce
ジル・パースのワークショップ @ロンドン #2 by Jill Purce
ジル・パースのワークショップ @ロンドン by Jill Purce
10分瞑想CDのちょっとイイ話
「ゴースト〜天国からのささやき」Ghost Whisper
3つの名前〜魂に名前はあるの? 
本気と集中力と雑念菌
10/24ワークショップ「アセンションvol4 波動をあげる編」
Workshopレポート「ザ 浄化」
透視は本当に当たるの? 諸々
 
アーカイブ
2017年8 月 (16)
2017年7 月 (11)
2017年6 月 (10)
2017年5 月 (12)
2017年4 月 (10)
2017年3 月 (9)
2017年2 月 (5)
2017年1 月 (12)
2016年12 月 (18)
2016年11 月 (11)
2016年10 月 (6)
2016年9 月 (15)
2016年8 月 (27)
2016年7 月 (7)
2016年6 月 (8)
2016年5 月 (11)
2016年4 月 (6)
2016年3 月 (19)
2016年2 月 (5)
2016年1 月 (7)
2015年12 月 (6)
2015年11 月 (4)
2015年10 月 (5)
2015年9 月 (7)
2015年8 月 (6)
2015年7 月 (13)
2015年6 月 (1)
2015年5 月 (1)
2015年4 月 (10)
2015年3 月 (21)
2015年2 月 (15)
2015年1 月 (16)
2014年12 月 (13)
2014年11 月 (10)
2014年10 月 (17)
2014年9 月 (16)
2014年8 月 (21)
2014年7 月 (8)
2014年6 月 (16)
2014年5 月 (13)
2014年4 月 (12)
2014年3 月 (12)
2014年2 月 (13)
2014年1 月 (11)
2013年12 月 (8)
2013年11 月 (16)
2013年10 月 (21)
2013年9 月 (19)
2013年8 月 (5)
2013年7 月 (5)
2013年6 月 (7)
2013年5 月 (10)
2013年4 月 (11)
2013年3 月 (21)
2013年2 月 (9)
2013年1 月 (9)
2012年12 月 (17)
2012年11 月 (19)
2012年10 月 (14)
2012年9 月 (8)
2012年8 月 (13)
2012年7 月 (10)
2012年6 月 (12)
2012年5 月 (18)
2012年4 月 (17)
2012年3 月 (11)
2012年2 月 (9)
2012年1 月 (15)
2011年12 月 (4)
2011年11 月 (9)
2011年10 月 (8)
2011年9 月 (6)
2011年8 月 (16)
2011年7 月 (13)
2011年6 月 (10)
2011年5 月 (12)
2011年4 月 (11)
2011年3 月 (19)
2011年2 月 (15)
2011年1 月 (8)
2010年12 月 (12)
2010年11 月 (7)
2010年10 月 (15)
2010年9 月 (11)
2010年8 月 (9)
2010年7 月 (10)
2010年6 月 (14)
2010年5 月 (20)
2010年4 月 (15)
2010年3 月 (19)
2010年2 月 (19)
2010年1 月 (20)
2009年12 月 (16)
2009年11 月 (13)
2009年10 月 (24)
2009年9 月 (9)
2009年8 月 (7)
2009年7 月 (13)
2009年6 月 (11)
2009年5 月 (9)
2009年4 月 (6)
2009年3 月 (5)
2009年2 月 (7)
2009年1 月 (7)
2008年12 月 (5)
2008年11 月 (6)
2008年10 月 (3)
2008年9 月 (4)
2008年8 月 (2)
2008年7 月 (3)
2008年6 月 (5)
 
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)QRコード
MySpace Japan
facebook
電子書籍 幸運女子・強運女子になるためのライフマネジメント
オーディオセラピー 「アストラル銀行(宇宙銀行)」CD 販売
10分間瞑想シリーズ 新登場
オーディオセラピー 2枚組CD 販売中
オーディオセラピーCD化!
アマゾン HMV
TOWER RECORDS 山野楽器
新星堂 i Tunes Store
Jazzy Music

COLUMN

ジル・パースのワークショップ @ロンドン #3 先祖のヒーリング by Jill Purce

2日目午後にして、突然、ヘビー級になったワークショップ(笑)

日曜の朝が静かなのはイギリスらしい。近くの公園、Primrose HillとRegent Parkまでジョギング。こちらも女子ジョガー増えました。

Regentparkjogger

犬も朝日を見てはしゃいでいます。

Regentpark1 

朝7時半、寒いのに3人の若モンが朝食ピクニック。でも、この景色を眺めならはステキ。

Regentpark3


さて、ワークショップまで徒歩4分と、遅刻し得ない私。

朝のうちは、緩やかにスタート。昨夜のうちに1時間冬時間になったせいか、完全遅刻も多し。

Workshop1029_starting

 

だんだんしんしんと冷えてきました

クッション、毛布、モコモコ室内ブーツ(ワーク中は靴を脱ぐので)、みんないろいろな冬支度。

Workshop1029

ジルが昨日の夢はどうだったか?と尋ねています。

 

Workshop1029sitting

 

Chanting(詠唱)の復習。だんだんアタマが軽くなってきたのと、ビジョンやイメージの鮮明さが断然変わりました。

私的には、ココにいる人たち(ジルを含め)のハイヤーセルフと話をしやすくなりました。

 

  自分がワークに参加中は、写真が撮れないのですが・・・

 

午前のワークの醍醐味。

5人一組になり、一人が中心になって横になり、残りの4人が、頭・左横・右横・足側に座り、7-8分、一斉にChantingをします。

集団ヒーリング状態です。

波動(音は空気の振動なので、音の種類や諸々によって、うわぉ〜んと体感があります)で全身(肉体、エーテル体とも)マッサージを受けている感じ。

私は左の体感覚が強く(左ばかり怪我しますし)、終わった後は、「自分のオーラがこれほどクリアに広がっているのは視たことないわ」という感想でした。

一緒のグループになった他の4人については、黒いっぽい人が抜け去っていくのが見えた人、息が楽にとても長く続いた人、おなかから何か出ていった?のが見えた人、断続的な変化があった人・・・と各々違う体験をさせてもらいました。

にしても、よく体力というか、のどが疲れないなと思うくらい、ずーと発声しっぱなしです。

 

さて、午後になり、一転して「ご先祖のヒーリング」実習。

母方の先祖と父方の先祖、各々について、結構、儀式的なことを行います。

両親が他界している人は、父、母になりますが、そうでなければ、亡くなったラインからさかのぼっていきます。

 

イギリスは土葬ですが、そういえば、私だけ火葬の国だわ・・・と考えて間に、さっそく「日本では仏壇というものがあるらしい」という話になり、ムチャぶりされました(笑)

 

セージを炊いたり、チベット仏教系の念仏やステップがあったり・・・

ココからは、ほとんど客観性を失う経過・・・筆舌に尽くしがたいと申しますか・・・

50人余りの人が、ご先祖供養をするようなものですから、中には号泣する人も出てきます。

 

精神力や霊的対応力は強いほうなのですが、未知なる教義で、アハハっ〜久々にやられました!

ただ、何やら動きがある予感?!

 

     TVでいう・・・ココはエネルギー的にレポート禁 m(_ _)m

 

私が面白かったのは、父方と母方では、明らかに異なる体験になったこと。

ワークの後、いつも隣の席にいる看護師のTinaと、ひしっとハグし合って「おつかれさま〜」と相成りました。Hug ってすごい共感なんだな・・・と文化考察。

 

さて、アパートの部屋に戻ると、いつもオーナーのFatiamaが「今日はどうだったの?」と聞いてきます。

彼女も今度ワークショップを受けてみたいと、私の報告に興味津々なのです。

 

「今日の午後は言葉にできない体験というか・・・ボーとしてて・・・話す気になれない感じよ」と言うと・・・

「あっ、そう、I leave you alone (ひとりにしといてあげる〜)」といって出かけてしまいました(笑)

察しが言いというか・・・

日本人は言葉にしない気遣いの文化がありますが、ココはちょっとした言葉から、本人以上に察してくれちゃう文化ですね。

 

この後、2時間くらい要する「16個のペルソナを出す」宿題を片付けよう・・・

Homework1

とうっかりベッドの上でやっていたら、眠ってしまい...zzz

早朝片付けました!  

 

 

ジル・パースのワークショップ @ロンドン #2 by Jill Purce

今日(27日)は週末ということで、今夜ひと越えすると冬時間になります。時差9時間なう。

つまり、今夜は1時間余計に眠れます。

時差ボケのタイミング的にもラッキーでした。

昨日出た宿題が" Conscious Dreaming Work" つまり、「夢を覚えておく練習」

フツウに夢を見ると、顕在意識はほとんどコントロールできないのですが、潜在意識の領域にある程度は踏み込めるわけですね。

これを書き終えたら・・・

今日習った、のどのセンターにに赤いオームのマントラをイメージして寝てみるとします♪

さて、今回は、近所の紹介。

ロンドン市内のゾーン2という中心地にある Belsize Parkというところにいます。

東京と同じくらい地下鉄(しょっちゅう遅れますが)とバスが完備しているので、とても便利。

にぎやかすぎず、情緒があり、必要なショップやオシャレなカフェ、レストラン、銀行もあり。

 

Havorstockhill3  Haverstockhill1

Havrstockhill2  Bakery2

Bakery1 カフェのスタップカードをもらい通うことに(笑)

時刻変更の前で、朝7時まで薄暗く、「この季節はうつ病が増える」という説に納得。

穏やかな住宅地です。前夜の強風で、道路はGolden Leaves (黄葉)の絨毯に。

Primrose

 

こんなところにお部屋を借りました。

Primrose66_2

近年、アメリカナイズされてか、長期滞在のアパートやお部屋を探すサイトがイギリスに到来。

とても、便利です!ホテルより、自炊もできてお得で雰囲気があり、おすすめ。

あと、wifiは当然完備。石造りの家なので、vodafone UKでは電波乱れ。。。(-o-)

こちら、よく見かける、充電中のエコカー?

 

Baterry charging car うはっ、かわいい

 

そういえば、このワークショップを申し込みした晩に、「火事の夢」を見ました。

赤く燃える炎が鮮明で、ひえ〜!!! 

マンションの床下から炎上して暑い体感までありました。

 

火事の夢は日本では「一富士、二鷹、三なすび」に続き「四に火事、五に葬式」という吉夢。

夢診断としては、やっぱり「好転する変化」なのです。

では、そろそろ夢のワークのために寝るとします!

 

また書けるときに、レポートしますね!

 

 

 

ジル・パースのワークショップ @ロンドン by Jill Purce

一昨夜からロンドンに来ています。

今年は例年より冬が厳しく、長いという予報。

温かい東京の秋から季節を飛び越えて、早朝は息真っ白な冬です!

さて、今回は、ジル・パースのボイスヒーリングのワークショップに来ています。

今朝9時半からレジストレーション(受付)が始まり、ワクワクな初日でした。

会場はコチラ。市のホールなのに重厚感が・・・

Hampsteadhall2

中は、ビクトリアンな趣き。

Hampsteadhall3

最近のイギリスのトイレ事情はすっかり改善されましたが、この建物の難点はトイレが流れにくいこと(笑)。続けて人が入ると、すぐ流れなくなります。

次の人が "I will Join you" (つまり「流れてなくていいわよ」)と言う、言い回しがなんか英国っぽい気遣い。

おっと、トイレに話が流れました(^^;

 

さて、始まってみると、参加者は50人ほど。

 

10人位がアメリカから、あるいはロンドンに住んでいるアメリカ人で、ほかはイギリス人。
年齢は20代後半(少ない)から80代まで。
いろいろな職業、歌手、音楽関係、役者、セラピスト、会社員、家庭の主婦や主夫も多く、家庭の主婦や主夫も多く、母娘が3組。
リピートしている人たちもパラパラいます。その人たちは、これまた面白い事に、かなりオーラがクッキリ現れているんですよ。
トランスフォーメーション(自己変容)を経験した、と言っていました。
初日ということで、午前中3時間はひとりずつの自己紹介。
いろいろな事情の人たちがいます。
慣れている人は、円陣になっている全員の顔を見てから、話し始めるという所作が、なんともユニークでした。
ジルは、この道30年。
ヒーリングといっても感覚的なだけじゃなく、音や口の構造、音階と音の色の関係、歴史の話もあって、内容がしっかりしています。
ジルとは、2007年にBody Mind Spirits というイベントで出逢いました。
そのとき、60分程のワークに参加したのですが、あまりに強烈な体感覚があって、そのうち長いワークショップを受け来よう、と思いつつ・・・忘れて・・・また思い出し、ようやく参加したわけです。
Jillpurce_cd


 

 

それにしても、昨夜から、そしてワークショップ中も、呼吸が深く、身体がまったく疲れません。
ヒースロー空港に到着する3時間前に、上空の機内で、突然肩や背中をはじめ全身が柔らかくなったのは、偶然じゃないと思います。
午後は、チベット仏教からきている、曼荼羅のChanting(詠唱)をみんなで発声したり、音によって体感の違いを体験しました。
密教っぽいのですが、違和感がまったくありません。
Workshopbreak1
こちら、午後の休憩時間↑ クラス中も、寝転んだままの人もいて、なんとも自由。
では、また書けるときにレポートしますね!

 

10分瞑想CDのちょっとイイ話

志麻ヒプノの10分瞑想CDシリーズを、自身のセラピースタジオでも扱ってくださっているSさん。

先日Sさんから

  今日は10分瞑想CDにまつわる、ちょっといい話をシェアさせて下さい。

というメールをいただきました。

『わたしの仕事に興味を持って下さった方が
いました。口頭で少し説明をし日々の瞑想をお勧めしたところ、CDを購入したいと
仰ったので、『10分間でポジティブになる瞑想』をお分けしました。
 
そうしたら、翌日、彼のご自宅に集まった仲良し4人組で瞑想CDを聴いたそうです。
60歳を超えたおぢさん達が、リビングで集団瞑想しているところを想像してみて
ください。なんとも微笑ましいと思いました。
『なんだ袋って?』とか、わいわい言いながらやったそうです(笑)話の雰囲気から、
当日はかなり盛り上がったようでした(笑)
 
その翌日、今度はCDを購入した方、お一人で瞑想をしたそうです。
その夜、離婚してもう何年も経っていらっしゃる奥様の夢を見た・・・・と
驚かれておいででした。思いだす事も、ましてや夢で見ることなどなかったそうです。
そして『なんかわかんないけど、あれ、すごくいいよ。また違うシリーズもまわして
くれよ。』と言って、お帰りになりました。
 
とてもうれしくなりました。
理屈はわからずとも、なんかいい。これって、とてもいいですよね。
 
わたしにとってのちょっといい話でした。

私もこのお話を伺い、間接的にお役に立てたことにとても嬉しかったです。。

 

ちなみにSさんとは、かれこれご縁が長くなりました。

日本橋蠣殻町時代のオフィスにセラピーを受けにいらしたとき、伝説の4時間半セッションの記録を出した方です(笑)もう7、8年前か・・・

当時会社にお勤めで、夜7時にオフィスにいらして、なんとなくカタチがついて帰るときは11時半。

ビルの下まで少し見送ったのを覚えています。

そのときは、まだ兆しはなかったものの、そのうちセラピーにご興味をもたれて勉強(修行)を積み、数年前からセラピストと呼ばれるように。

最近は、志麻ヒプの昔からの生徒さん、クライアントさんが癒し、カウンセリング、セラピー、スピの世界で本格的に勉強、仕事に就くようになりました。そういう時代ですね!

もっともっと、社会に浸透していくのが自然だと思いますね。

 

 Sさんのサロンはこちら http://seikojin-hypno.com

 志麻ヒプ修了生で開業・活躍されている生徒さん  (サイト下部です)

   みなさんいろいろ勉強して、がんばってます!

 

オーディオセラピー iTunesストア FeBe!   Amazon(CD)

51SV+qEvAfL._SL500_AA300_

 

51f4-V0SwtL._SL500_AA300_

こんなものあります♡

51otW-582sL._AA160_



 

 

 

 

「ゴースト〜天国からのささやき」Ghost Whisper

「ゴースト〜天国からのささやき」という海外ドラマがありました。

現題は、Ghost Whisper です。

  Images

 ↑ネットから拾いました^^

 

これは、主人公のメリンダが、この世に未練を残して彷徨う霊と 遭遇し、毎週(TV放映の都合ー笑)未練を解消しては、 光の世界へ送るというお話です。

メリンダは、この地に彷徨う霊が見えて、会話するという 能力に特化しています。

ほかの霊能力は持ち合わせていないようです。

この手のドラマは、教材として見ます。

 

たぶん、一般の方は、オカルト系なので、フツウに怖いと思います。

 

突然、霊がバーンと現れますし、 気味悪い音響効果で、ドキドキします。

実際の霊は(というのもヘンですが)、音響効果も、特殊メイクもありません。

突然姿を見せて驚かせるようなことより、ふっと見えて「いるな」という 感じです。 ときに、薄気味悪い、悲しそう、重たい、という霊もいるようですが こちらがそういう波長でなければ、視ることはありません。

人間社会と同じく、これだけ人がいても、結局、自分の関わる人、 見える人は、自分の行動と意識によります。 霊との関わりも同じです。

 

ドラマの本質は、けしてオカルトではなく、 むしろヒューマンです。 ときどき、ツッコミどころはあります。

 

回を重ねるごとに、だんだんポルターガイスト現象が 派手になっていくのは、どうかと思いますが(笑) 霊でも、人間でも、怒りや強い感情を一気にあらわにすると 電気系統が故障しますね。

あと、おおきなツッコミどころは、 霊とは言葉で会話しなくても、テレパシー(無声音)で 五感の情報を交わせることです。ただ、リアリティの強烈な霊は、人との会話と同じレベルになるでしょう。

 

だから、霊体とは、何語でも会話可能! もっとも、ドラマですから、台詞は必要なんですが(笑)

FOX-TV っぽいです。

ちなみに、信じるか信じないかは別にして、あるアメリカの霊能者の実体験に基づくストーリーといわれています。

 

ちょっとしたエピソード・・・

 

勤務先の某学校を去りたい、異動希望を出しているという方の ご相談を受けていたとき、その学校はとても暗く、 昔の子供たちが大勢泣いているのが視えました。

実際、この子たちは、もう大人になってどこかで生活している ことでしょう。

そこに残存する感情には、時間がないのですね。

そのご相談を伺ったとき、私はとてもノドが苦しくなりました。

ほんの10秒かそこらのことで、お話を伝え、水を飲むと おさまります。

これを映像化すると、結構オカルトなのかもしれませんね!

3つの名前〜魂に名前はあるの? 

ようやく下原稿が完成したので・・・たまには自分のことを書いてみようと思います(笑)

私はこれまで3つの名前で活動をしてきました。

よく出来たもので、この3人はローテンションまわりがよく、うち1人がイケていないと、他の2人がシャンシャカ頑張ります。

過去に一度、3人のうちの1人は死ぬんじゃないか!と思いましたが、他の2人が絶妙にサポートくれました。今は3人とも、現役で活動しています。

3つの名前をすべて知っている人は、わずかしかいません。

さて、私ひとりが密かに楽しんでいるのですが(ココで書いてしまったが)、どの名前の自分と関わってくださるかで、その人との関係性は決まっているように思えます。

こちらがモードを切り替えている、ともいえます。

各々の3人が出逢い、関わる人たちのタイプがはなはだ違うからです。

いっぺんに人格出したら、自分が混乱する可能性があるので、3当番制がちょうどいいのかな、と落ち着いています。

結局、すべて私なのですが(笑)「名前」はこの世のモノなので、面白いと思います。

 

Dreamstime_xs_25315262

ちなみに、魂には名前はあるのかな? とお考えになったことはありますか?

うろ覚えの説でしたので、wikiで調べました ↓ 引用しますね。

魂には・・・「荒(あらみたま)」、「和(にぎみたま)」、「幸(さちみたま)」、「 奇(くしみたま)」という神様の名前が付いており、それらを統括するのが1つの霊で、直霊(なおひ)である。これが人間の一霊四という「心の構造」である。

 

 

本気と集中力と雑念菌

仕事や勉強をしていて、ぜひ望むこと・・・

本気や集中力でしょうか?その持続は、難しいと思っている人が多いはず。

他にも、仕事探し、技の習得、稼ぐ、借金の返済、婚活などにも、本気・集中力が求められます。

 

一般的に本人が求めて好きなこと、夢や目標に打ち込んでいるときは、結構、本気入ります。

でも、その中の細かいことになると、先延ばしにしたり、うまくゆかなかったり・・・

実は、思うように進まないときや、上手にできないこと自体は、それほどネックではありません。

それはまだ未熟で、しかるべき経験を重ね、コツをつかみ、よい指導者やメンターに出会うなどすれば、きっと行き着くところに行けます。

時間は要するものですが、それはパンや納豆、醸造酒等に必要な発酵期。

Dreamstime_xs_24845860

それより、本気や集中力を無駄に削いでいるときは、おおかた、できていない理由探し、自分の不甲斐なさ、条件や準備が揃っていない、運がよくない、他の人はうまくやっているようだ、焦り、嘆く、葛藤、いい方法があるか探しまくる、でもどうしたらいいかわからない、頑張って空回り、などの・・・

総称「雑念」が入っています。

上記の考えは、あえて、ネガティブ志向とは申しません。

一部の雑念や迷いは、ときに、すばらしい「雑念菌」として発酵を促進します。

それを乗り越えていくきっかけや気付きに出会えたら、無断な雑念は整理されるでしょう。

しかし、「雑念菌」のほうがあなたより勝ってしまったり、菌に侵されてはいけません。

 

日常レベルでは、食生活の乱れ、疲労なども、本気や集中力を妨げます。度を越すと心身の健康も妨げます。

 

 

10/24ワークショップ「アセンションvol4 波動をあげる編」

先行してお知らせ:

アセンション前年として、昨年3回開催した「アセンション・ワークショップ」の第4段です。
これまでの内容をカバーしつつ、今回は個人向けに、あなたの波動を上げるところにフォーカスします。
アセンションとは、(精神宇宙では)次元上昇の意味です。
たしかに、ここ近年の世の中の変遷をみれば、価値観が変わり、かつて「絶対」に思えていたものが、崩壊、淘汰、変身を余儀なくされています。
第一次レベルは終わり、目下、第二ー第三レベルといったところでしょうか。
あなたは、もしかするとすでに、第一レベルをクリアしたかもしれませんね?
このアセンション・ワークショップは、あなた自身にとってのアセンション時代をスムーズに移行する助けになるでしょう。
そして、日常的にモヤついているようなら、意識次元を上げたほうが、より過ごしやすくなるかもしれません。
6a0128757ca464970c01543275feaf970c-200wi

〈こんな方におススメ〉
最近・・・
雑念が多い
惑わされやすい
集中力が落ちている
「わかる」感覚が鈍い
実態のない不安が多い
アセンションに対して危惧する
アセンション時代の自分の役割を明確にしたい
エゴを逸したワンネス志向でありたい
昨年参加されて、今回はさらにレゾナンス(共鳴)を清明にしたい方も
お楽しみいただけるでしょう。

〈ワークの内容〉

各チャクラのイニシエーション
五次元の椅子
5つのエーテル体(メンタル体・コーザル体・ソウル体 etc)体験
アセンション時代の使命と役割
もしもアセンションな人生を選択したら・パラレルアセンション
から4−5つのワークをやります。
開催は10月24日(水)イブニング・ワークショップです
18:30-18:50 ティータイム
18:50-21:00 ワーク
お申し込み詳細は、近日本サイトにアップいたします!
6a0128757ca464970c01538e83d95d970b-200wi

Workshopレポート「ザ 浄化」

4回目の開催となった「ザ浄化」のワークショップ。

今回は候補のワーク6つを全てこなし、各々が、どうすれば浄化予防になるか、かなり腑に落ちたようでした。

しょっぱなは、浄化のビフォー・アフターを疑似体験。「浄化された自己を知る」

クリアになると、こんな外観、言動、態度に変わるものだと、同じ自分の中から、スッキリな状態を発掘。

こんな簡単にクリアになるなら、いつもできそうなものですが、歯磨きや顔を洗うのと同じ。

 

常々、浄化の心がけは要るようです。

他に観念の浄化、カルマの浄化、人間関係の浄化、ネット機器の浄化、そしてお金と財布の浄化と、浄化三昧。

 

カルマの浄化では、今、特定のあり方が、前世の中で再現されて出てきます。 普通は体験できても、それがどうリンクするのかなかなかわかりにくいのです。

でも、少し解説を施すと、それは、今の姿勢、あり方をかえる絶妙なヒントになっています。

今回も、霊的なアプローチと、現実行動化の具体策がバランスよく出てきたようです。

Workshop浄化20121008

ひととおりのワークと「浄化ワンポイント」コーナーが終わり、ケーキで一息。

そういえば、今日は迷惑メールの受信数が少ないです(^^)

透視は本当に当たるの? 諸々

今日は、サイキック講座NEO 初日。 関連して、透視のトピックです!

 

さて、しばしば「言われたとおりに当たりました!」という感想をいただきます。

「アハハ、よかったですね!」・・・ちょっとした当選気分ですが、それはご本人が望んでいたり、そのように見える経験をしたから、と言えます。

 「ご本人」というのは、極めて不可解です。

明確な望みもあれば、「本人もそうは思いたくない望み」があるからです。

究極、不幸っぽい人生を選ぶときも、それが本人にとって辻つまが合うからなのです(←シュール)。

 

「じゃぁ、まったく自分の人生ではない、同じ職場の人が辞めるのが、どうしてわかったんですか?!」と、質問されますね(笑)

それは、あなたの無意識が、その職場の人の挙動を察知していたのを、たとえば志麻が、共感意識のアンテナを広げて、「情報」をピックアップしたんですよ・・・ということ。

 

「なんで、うちの会社が買収されるってわかったんですか?!」というご質問も、ご本人の経験、およびアンテナ範囲を広げて、共感情報を受け取った次第です。

ちなみに、組織には関係者が多いので、物質のように固定した「情報」が多いです。大きな組織ほど、かなりの確率で、そうなります。

 

ここで、少しややこしいのですが・・・

この「情報」は真実とは限らないのです。世の中の歴史や、経済をみるとよくわかりますが、多くの人が「そう信じた」ことが強いほど、「現実に起こった真実」に解釈されていきます。

景気や経済は、かなりのレベルで思惑が動かしていますよね。

 

どこまで正確か?について。

一説では、どんなに精巧な透視能力を持っていても、7−8割の確率だと言います。

それは、科学的根拠がある証拠をとれるなら、の話。

人間の五感、思考は、怖いほど、「現実の見方・解釈」は人それぞれなんです。

 

ちなみに、私の場合ですが、透視をカウンセリング・セラピーの一環で用いるときは、極めて集中しています。

時には、ご本人より真剣です(笑)。※たまにこの集中力は、他に使えるべきだと思う・・・

 

また、他人だからこそ、邪心がわかず、必要なものが視えるという特権はありますし、こちらは先入観や固定概念を持たないよう常につとめています。

こういう透視や霊能関係の業界も、他業界と同様、いろいろなタイプ、人がいます。病院に行くときも、買い物をするときも、やっぱり、自分判断が大事なのは、同じであります。

ただ、とかく、この手の「目に見えない世界」は、見えないと思われているだけに、ちょっと怖いのでしょうね。実際には、どこの業界も内側にしか知られていないことは、結構あります。

 

ところで、人は自分を信じたがっています。

信じる力が強いほど、とんでもないパワーを発揮するところがあります。

本当は、結果がどうなるのか?うまくいくのか?は・・・命をかけるほど大事ではないようですよ。

 

自分のエネルギーや生命力(体力・精神力etc)が枯渇してくると、自分ひとりでは、どうもチャージできない。そうなると、病気になったり、問題を起こして、他者や社会からの「気・エネルギー」を引きます。

 

そんな手前の、ちょっと自分がハッキリしない、自分だけでは手に負えない、というときに、それが人生の問題であるなら、透視を用いるようなセラピー、ご相談、精神世界、宗教等に手がかりを求める方は少なくありません。

 

辛い思いをしたり、「自分が知りたい。どうしていけばいいのか?」という、自己喪失なときは、癒し、救い、ヒント、導き、パワー等になります。

そこで少し元気になってきたら、ご自分の自由意志によって、進んでゆくべきでしょう。

 

Dreamstime_6455462 注:透視に水晶は使いません(笑)