ホーム > コラム

最近の投稿
タイムトラベルセラピー®フル体験*御礼
スピリチュアルとは?
レポートWorkshop6/24『チャクラNo5を活性する』
「できない理由」を探すとき
人間関係に問題があるとき
6/24Workshop 『 チャクラNo.5 を活性する5つのワーク』
エネルギーを吸われている人
Vidal Sassoon ヴィダル・サスーンとインナーチャイルド
レポートWorkshop6/3「ザ・浄化」
志麻ヒプノ・再びGinzaへ
 
アーカイブ
2017年3 月 (9)
2017年2 月 (5)
2017年1 月 (12)
2016年12 月 (18)
2016年11 月 (11)
2016年10 月 (6)
2016年9 月 (15)
2016年8 月 (27)
2016年7 月 (7)
2016年6 月 (8)
2016年5 月 (11)
2016年4 月 (6)
2016年3 月 (19)
2016年2 月 (5)
2016年1 月 (7)
2015年12 月 (6)
2015年11 月 (4)
2015年10 月 (5)
2015年9 月 (7)
2015年8 月 (6)
2015年7 月 (13)
2015年6 月 (1)
2015年5 月 (1)
2015年4 月 (10)
2015年3 月 (21)
2015年2 月 (15)
2015年1 月 (16)
2014年12 月 (13)
2014年11 月 (10)
2014年10 月 (17)
2014年9 月 (16)
2014年8 月 (21)
2014年7 月 (8)
2014年6 月 (16)
2014年5 月 (13)
2014年4 月 (12)
2014年3 月 (12)
2014年2 月 (13)
2014年1 月 (11)
2013年12 月 (8)
2013年11 月 (16)
2013年10 月 (21)
2013年9 月 (19)
2013年8 月 (5)
2013年7 月 (5)
2013年6 月 (7)
2013年5 月 (10)
2013年4 月 (11)
2013年3 月 (21)
2013年2 月 (9)
2013年1 月 (9)
2012年12 月 (17)
2012年11 月 (19)
2012年10 月 (14)
2012年9 月 (8)
2012年8 月 (13)
2012年7 月 (10)
2012年6 月 (12)
2012年5 月 (18)
2012年4 月 (17)
2012年3 月 (11)
2012年2 月 (9)
2012年1 月 (15)
2011年12 月 (4)
2011年11 月 (9)
2011年10 月 (8)
2011年9 月 (6)
2011年8 月 (16)
2011年7 月 (13)
2011年6 月 (10)
2011年5 月 (12)
2011年4 月 (11)
2011年3 月 (19)
2011年2 月 (15)
2011年1 月 (8)
2010年12 月 (12)
2010年11 月 (7)
2010年10 月 (15)
2010年9 月 (11)
2010年8 月 (9)
2010年7 月 (10)
2010年6 月 (14)
2010年5 月 (20)
2010年4 月 (15)
2010年3 月 (19)
2010年2 月 (19)
2010年1 月 (20)
2009年12 月 (16)
2009年11 月 (13)
2009年10 月 (24)
2009年9 月 (9)
2009年8 月 (7)
2009年7 月 (13)
2009年6 月 (11)
2009年5 月 (9)
2009年4 月 (6)
2009年3 月 (5)
2009年2 月 (7)
2009年1 月 (7)
2008年12 月 (5)
2008年11 月 (6)
2008年10 月 (3)
2008年9 月 (4)
2008年8 月 (2)
2008年7 月 (3)
2008年6 月 (5)
 
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)QRコード
MySpace Japan
facebook
電子書籍 幸運女子・強運女子になるためのライフマネジメント
オーディオセラピー 「アストラル銀行(宇宙銀行)」CD 販売
10分間瞑想シリーズ 新登場
オーディオセラピー 2枚組CD 販売中
オーディオセラピーCD化!
アマゾン HMV
TOWER RECORDS 山野楽器
新星堂 i Tunes Store
Jazzy Music

COLUMN

タイムトラベルセラピー®フル体験*御礼

4月中旬から6月末まで、たくさんのみなさまに「タイムトラベルセラピー®」を体験していただきました!

http://www.hypno-solution.com/therapy/timetravel.html

昔懐かしいクライアントさんや、そのご家族、お友達、会社の方々がご紹介でいらしてくださり、私も懐かしく、愉しいセッションが多々ありました。

ちょうどご自身の問題がクリアになった方もいれば、ちょっと新たな課題が浮上(潜在意識の攪拌により?)された方も・・・

ただ、概ね、みなさま、よくコミットして体験しておられました。

まさに旅行に行く勢い!ソウルフルな旅だったでしょう?

ちょっと緊張されて、タイムトラベル後に、ポジションチェンジ(NLP)でハイヤーセルフと対面できて、前向きになったケースも。

メニューの中で人気は、

「カルマの解消」付きの「前世療法」

やっぱり疑似体験したい「未来順行」

こういうときしか逢えない?「スピリッツガイドと出逢う」「ハイヤーセルフとの対話」

でした!

そうそう、子供の頃のお菓子食べ放題(笑)の習慣が、今の体調ややる気にリンクしていると判明・・・リフレーム(記憶の書換え)をしたユニークなケースも。

 

私自身、この期間、特に6月は連日のタイムトラベルでだいぶリラックス!

ただ、現実のつきあいは、無意識に放置してしまいましたm(_ _)m

 

Hypno_header_ttl

 

 

本日30日のご予約4名さまで、今期は終了となります。また次回、9月頃に期間限定で同様に「個人でフル体験」を再開催したいと思います!

 

スピリチュアルとは?

「スピリチュアルとは?」いろいろな切り口がありますが、そのうちの一つ大切なことについて。

某アキバ系アイドルグループに娘さんが入っている母親のAさん。

いわゆるステージママなのですが、娘のことになると、直感や判断力が正確に働き、これまで娘の仕事や将来のために非常に上手く立ち回ってこられました。

そんなAさんは、いつも芸能事務所や娘さんのお仕事の相談の後に、ご自分のことをちょっとだけ話されます。

「私、フツウの人より、直感とか霊的なものはあるような気がするんです。でも、まだちゃんと使えるレベルのものなのか・・・おこがましいんですが、できれば将来はスピリチュアルなお仕事をしてみたいんです。困っている人たちや、自分のことがわかったり、視えたらなって・・・娘のことが落ち着いたらですけど。私、そういうことできるようになりますか?視える素質みたいなもの、ありますか?」

 

Aさんのお話を伺って、それに対する言葉のような感覚が、ふっと出てきました。

 

『スピリチュアルとは、何かが特別にわかったり、視えたり、予め知る(予知)ようなことではない』と。

・・・実は、Aさんのようなご質問は、しばしばあります。それもわかるような気がします。

メディアや世俗で捉える「スピリチュアル」はそんなイメージなのかもしれません。

他人や自分が知らない、わからないと思っていることを、ガイド(守護霊)や天使、能力者やグルは知っていると。たまに、それに便乗してもっともらしく振る舞う能力者やグルはいます(笑)

 

一般社会でいうなれば、ノウハウ、スキル、資格者、特別な知識技術を持っている者、と同じ捉え方をしてしまうのですね。

確かに、現代社会では能力や情報は重宝され、高い価値があります。

でも、リアル精神世界では、何かが特別にわかったり、視えたり、予め知る(予知)ようなことに焦点がゆくことは、人の心の弱い部分を煽り、陳腐な状態になります。

つまり、実際の行動や経験を積まなくなるからです。経験そのものが人生を活きることですね^^

したがって、肉体を伴って経験するために、ほとんど人は、”余計なこと”は、「わからない」「視えない」「予め知れない」となっています。

 

そして、私たちの不安や問題と感じる多くは、実際にアクションを起こしたり、時が経過することで、おおむね「大丈夫」な事態に変化します。

 

レポートWorkshop6/24『チャクラNo5を活性する』

自己表現とコミュニケーションの第5チャクラがテーマのワークショップでした。

予想外にも?参加者の皆さまは、ワーク中どなたも咳き込む等のエネルギー反応を起こさず、むしろ良い気が流れていました。

以前は苦手な第5チャクラが、今はだいぶ回復、活動しているような様が見てとれましたね。

今回は、いつもより更に濃密なワーク内容・・・研究会のレベルでした。正直いって、養成講座よりハードル高いかも(笑)

 

①「五味のエネルギーを中和する」

第5チャクラの5つの味(甘味、塩味、辛味、酸味、苦味)にまつわる経験をしていきます。

プラスな経験もあれば、書き換えたいような経験もあり。

そこで、中和するために、青いグラスで聖水を飲むと。。。

おや、不思議! 状況変化や、「あぁ、そうか」という気づき、悟りが起こります。

 

子供時代のバターケーキが出てきたり、溺れた経験が出てきたり、最近の人間関係が出てきたり・・・味になぞらえるエピソードが多々出現しました。

 

②「第5チャクラの前世とカルマ浄化」

第5チャクラに前世の影響を持っている人は結構います。

グループなので、一斉に誘導していくのですが、全員、ピンポイントの前世のシーンが出てきました。

そこから、そのカルマ(テーマ)を手放すべく、安全な方法で書換えします。

そこで、寝落ちたかのように、記憶が飛ぶ人もしばしば・・・実際は寝てはいないのですが、脳波的には顕在化できない意識のようです。

 

③「コミュニケーションの解放」

座布団3枚を用意し、それぞれの座布団に色やイメージをつけます。

座った座布団によって、コミュニケーションスタイルが変わるのです。

最初は、みなさん話馴れない様子でしたが、コツ掴むとよいスピーチ練習になったみたい。

 

④「許しと自己承認」

「許しの扉」を開けると、まだ許していないアノ人物が登場!

すっかり忘れていた人物が出てくることもあるようです。

そして、「自己承認の扉」を開けると、未承認な存在(必ずしも否定した自己とは限らず)が登場。

どちらも可能な限り、スッキリしたようです。

 

⑤「ワンダースピリッツの自己実現」

「ニューロロジカルレベル」の変遷をたどり、実現したいある事について、ワークしました。

こうしたい、というビジョンが随分鮮明になった人もいらっしゃいました。

Workshop20120624chakra5

そして、最後は「タンブルタン」のケーキでティータイムと、ミニセッションで終了。

見た感じ、女子会っぽい集まりでしたが、普段は話すことがない超内面をお互いにシェアできて、よいメンバーでしたね!

モヤモヤが晴れ、自己実現に向けて1歩進んだようです! 

「できない理由」を探すとき

やりたいこと、やるべきことがかなり明確にあったり、途中まで進めているときに、「できない理由」が見つかったり、不安な気持ちで躊躇することがあります。

たとえば、ビジネスや仕事、将来について、このようなご相談は多いものです。

できない理由に囚われると、不安に思える事情のラインナップが始まります。

想像能力、妄想力が連鎖的に素材を集めてきます。

決まって「現実的に考えると・・・◯◯◯が心配です」「周囲が現実を見ろという」「お金など、◯◯◯が現実に足りない」と。

他人や状況のせいにすることもあれば、自責の念にかられる人もいます。

どんなラインナップでもよいのですが、共通している点は、現実から逃げ腰になっていることです。

つまり、もっとも「現実的」でなかったり、望む現実を創ることを放棄しようとしています。

逃げ腰になると、力が入らないので、危ないです。

腰が据えられないときは、休んだり充電したり待機していてもよいでしょう。

でも、できない理由を探しているときは、やっぱり本気ではないときです。

本気を忘れていたり、ちょっと見失っているのかも・・・

 

私たちの「現実」という創造の世界は、かなりテキトーです。信じた者が、信じたとおりに創った世界に生きているようなところがあります。

幸い、この時代の日本に生を受けている人たちは、かなり自由意志を授かってきているはずです。

そんな事を思い出すと、できない理由より、できる方法を柔軟に見つけていけます!

人間関係に問題があるとき

悩みの代表選手「人間関係」

カウンセリングをしていると、時期的なブームがあるのですが、春頃から、人間関係のご相談がとても多いです。

同じ日に同じお名前の人が続いたり、似たようなケースが続いたり、といったことが法則のようにあります。他のサービス業でも、クライアント、患者さん、お客さんは、同類の法則があるようです。

今回は、身内は除き、他人との人間関係について。

職場、会合やグループの仲間、男女関係(三角関係)、おつきあい、本来拘束性がないはずのしがらみ、などなど。

あえて、心や内面からアプローチをしたとき、人間関係に問題があるときは、ほぼ100%、その問題の人物は、「あなた」に変化や変容を促しています。

それも先生やトレーナーように教えてくれませんから、ちょっとした、厄介なメンターです。

メンターは気づきを促します。他者との比較成長ではなく、その人自身での成長を促します。

 

だからといって、問題の人物とガッツリ向き合い、我慢したり努力する、という方法がよいとは限りません。

物理的に避ける、逃げるという方法もあります。

それでうまく回避し、解決したときには、問題で苦労するうちに変化変容がおこり、もはや、課題クリアといえます。

しかし、ふたたび、人物を換えて、同じようなケースに遭遇したなら、まだトレーニングの段階です。

シナリオを少し変えて、その新しい人物は、チャレンジをくれるのでしょう。

 

ちなみに、問題があることは問題ではありません。ソコにこだわると、なかなか本質が見えません。

問題をこわがったり、否定せず、まずは、「今は、そういう状態」と気持ちの軸を「今」に置くだけで、かなり気持ちは楽になります。

問題や悩みは不思議なもので、そういう見方にこだわっていることがほとんど。

また、気持ちの軸を「今現在」におくと、具体的な行動や工夫に出ることができます。

人間関係の問題の多くは、本人の過去からのやり方や考え方に、何らかの動きを与えようとしていますよ!

clover人間関係のご相談は、お話が長〜くなりがち。この週末、沈黙は金でありました>志麻

6/24Workshop 『 チャクラNo.5 を活性する5つのワーク』

シャネルではありません、「チャクラ」です(笑)

今回は、チャクラ(エネルギーセンター)の中でも自己表現、自己実現、コミュニケーションを司る「第5チャクラ」を活性するワークショップです。

  おもな7つのチャクラの中で、第5チャクラは「喉」です。

  ・言いたいことを表現する

(言語に限らず、絵、音楽、技術スキルなど、得意なツールがあればよし) 

・思い描いた夢や目標を実現する

・自分をちゃんと表現する・体現する

・相手の言葉の意味を理解する(しゃべっていなくても真意がわかる)

 ・サイコメトリー

などが主な機能です。

 

Dreamstime_19892388

 

ほかのエネルギーセンターに比べると、首・のどは狭いこともあり、ウィークポイントになりやすいところ。

 喉、呼吸器、気管支が弱い、喉が痛くなったり風邪を引きやすい、声が小さいなども、肉体レベルでみえる、第5チャクラの状態です。

 

他者からの「言いたいことを言わせない」「やりたいことを阻む」といったエネルギーを受信しやすくもあります。

 第5チャクラが元気になると、コミュニケーションや歌を歌うことが楽しくなるだけでなく、決めたことを実現しやすくなります。

第5チャクラにたまった過去の課題や、ストレスが「実現」を留めていることも多々あります。

というわけで、

・チャクラNo.5 に問題を感じている

・自己実現やコミュニケーションのブロックを改善したい

・のど、気管支、呼吸器、口内、歯にトラブルが多い

・他者の言葉を飲み込んでしまう

・のどが詰まっているようで、苦しい~

・場所や物の来歴に異常に敏感 

心当たりのある方におすすめな日曜ワークショップです。

★恒例「お茶とケーキのお時間」 & 「ミニセッション」 があります! 

 

<ワーク内容>

第5チャクラの5つのエネルギーを中和する

第5チャクラの即効浄化とタイムタイムチューニング

第4チャクラ・第6チャクラとのリンク

声とコミュニケーションの解放

許しと自己承認

などから5個程度のワークを行ないます。 

 

日時6月24日(日)13:00-17:30

受講料 16,800円(お茶代・ミニセッション込み・税込)

詳細は、今夜あたりHPにアップいたします!

ワークショップご案内

エネルギーを吸われている人

この金土日は、自己喪失状態のケースが続き、おまけに昨日は「ワインセミナー」に参加したことで、今日は、「わたしは〜何処にいたの?」〜アウィエ(away)な意識ですsweat01

さて、気を取り直し・・・

限定された関係や、「ふたりの世界」にすっぽり入り込んでいる状態のときに、どちらかが相手のエネルギーを吸っていることがあります。

自分のエネルギーが枯渇していることで、共感意識の高い特定の人のエネルギーをもらうことで、生きようとします。

目に見えない微細なエネルギーも吸われ続けると、吸われたほうはだんだん生命力が落ちていきます。

正気が残っていれば、「これは自分の感覚ではない」とか「自分ではどうしようもないが、何かおかしなことがおこっている」と気づきます。

Aさん(女性)は不可解な男性と恋愛関係にあるうちに、だんだん相手の本心も自分がどうしたいのかも、わからなくっていきました。

不可解な・・・と言いましたが、いわゆる不倫の関係で相手の男性は都合よく、Aさんとつきあっている、そんな事態でした。

客観的な人からみれば、相手の男性の言動はつじつまがあわず、「それはやめたほうがいいよ!」と言えるのですが、Aさんには、相手を信じたい、理解したい、という、不健全な相手想いがありました。

さらに男性のほうは、「本当のことを言ってはいるが、相手によって、受け止め方が変わる」という話術を持っていました。

彼は彼で、生い立ちをみると、非常に厳しい家庭に育ち、彼からすれば愛情のない夫婦生活にありました。その彼にとって、現実と体面のバランスを取っているのが、家庭とAさんの存在。

彼が、両天秤に双方をかけている画像が出てきました。

彼の活きる(精神的に)方法として、Aさんのエネルギーをどんどん吸い込んでいました。

ドラキュラのようは吸い方ではありませんが、「彼の描く世界」の中に、Aさんはお人形のように存在して、演じているようでした。

つまり、Aさんは、超Aさんらしくなく、自己喪失した状態で苦しんでいました。

お話しているうちに、Aさんは手首のキズを見せて、

「これは、彼にも周りにも、ケガをしたんだと言ってあるんです。普段の私はとても気丈で、死のうなんて思ったことは一度はありません。でも、ふっと、自分が楽に死ねる方法をネットで探しているときに、これはおかしい、と思いました」

おかしなことに、「おかしいな」と思っている人ほど、この罠にかかりやすいのです。

幸い、Aさんの持ち前の生命力で、深い傷にもかかわらず、助かりました。

しばらく、Aさんに自分のエネルギーを充電すべく癒しといたわりの時期が必要そうです。

すぐ結論は出ないでしょうが、Aさんが相手の世界に入りこんでしまったのは、現実でちゃんと彼に聞きたい確信を聞いていないこと、確認していない点にあります。

推測、憶測、想像、妄想の中での相手を現実と錯覚してしまうと、自分の感覚や、客観的な判断がなくなり、本来ないはずの「恐れ」「不安」に苛まれます。

その後「孤独感」や「ねじけた感情」がどんな行動を選択するかによって、突然「現実化」したときに、場合によっては大変危険なことになります。

Vidal Sassoon ヴィダル・サスーンとインナーチャイルド

今、「ヴィダル・サスーン」上映中です。

”その男は、ハサミ一つで世界を変えた” というスローガンのドキュメンタリー映画です。

 

『ヴィダル・サスーン』 公式サイト

Vidal Sassoon

髪型にこだわりがある人、ロンドンが好きな人には、あっという間の90分。

斬新なサスーン・カットを生み出した彼の人生は、発想と行動力もかなり斬新です。

60年代のイギリス、ファンション界、美容界に多大な影響を与えました。

セントポール寺院をバックに歩く、80代のヴィダルもカッコいいです!

 

映画の中で、晩年の彼の妻がこんなことを言っています。

「ヴィダルは、ときどき『自分はいい人間かな?』と聞いてきたの。両親の不仲を、子供は自分のせいだと思ってしまうの。彼はしかも孤児院に送られたから、自分はわるい子だと思っていたのね」(意訳)

 

しかし、ヴィダルは美容師になる、と予見したのは、彼の母親。

子供時代から大人になって成功しても、また時代の変遷期にも、彼はさまざまな苦境をチャンスに切り変えています。

 

さすが、人生を斬新に生きるハサミも持っていたみたいです。

『ヴィダル・サスーン』 公式サイト

レポートWorkshop6/3「ザ・浄化」

昨年は6月2日に、浄化のワークショップを開催しています。年の中頃に必須のようです!

今回は、「自分の軸を戻したい」「固定観念、他人や環境からの影響をリフレッシュしたい」などの要望で、6つのワークを行ないました。

 

①「浄化した自己を知る」

浄化したクリアな自分を、ポジションチェンジで取り出しました。すると、ビフォー・アフターの違いは明白。

②「幸せ・愛・豊さを阻む観念の浄化」

長年の観念を思い込みと知らず、実践しているものです。このワークは私も参加しました。

浄化前の幸せの観念は、哲学者のように、幸せについてずらずらと語る勢いでした。

浄化前の愛の観念は、超スピリチュアルで、無償の愛とか、ワンネス。

ということは、仕事中こそ浄化必須ですね(笑)

浄化後の「幸せの観念」は、ワークショップの時間を過ごしていた時、そのもの(今現在に在る)。

浄化後の「愛」は、地球人がみんな手をつなぐような友愛でした。

 

他の方も、多くの気づきがあったようです。

 

③「人間関係の浄化」

参加者のうちのお2人は、なんと自分のハイヤーセルフに自分のエネルギーコードがありました。

偶然にも、この2人は、同じブランドで同色のお財布を持参!

 

④「カルマの浄化」

インナーチャイルド、前世などから、気づきや感情が出てきました。

⑤「ネットの浄化」

自分がネットをするときの態度(ネットをやりだすと止められない)が要浄化だった人も。

 

⑥「お財布の浄化」

各自愛用の財布を浄化。その財布が、2倍、10倍、可能倍に豊かになったときの体験。

ワーク後は、空腹でケーキをペロリ!

ミニセッションは、浄化したことで出てきた新しい課題があったり、気づきから逃げないテーマがあったり・・・こちらも、各々充実されたでしょう。

ただ、ミニセッションは時間の都合で、ズケズケとお伝えせざるを得ません(許)

 

 

志麻ヒプノ・再びGinzaへ

6月から、志麻ヒプノは再び銀座に戻りました。移転4回目。

2002年に1年余りお世話になった、同じ土地、同じオーナーさんの元です。

当時利用していた昭和4年の石造りのビルは既に壊され、今は至近のビルに変わっていました。 

およそ10年前にリアル・タイムトラベルしたら、ここ最近、10年余り前の方たちに、のきなみお会いします。

クライアント、友人知人、同じ時期に起業した方たちなど、まるで思い出して、訪ねてくれるかにみえます。 

人は確実に何かを察知して、コミュニケーションを取っていますね。

今年2月にある方が、「ソコに戻ったら、安心して落ち着いて、やりたいことがどんどん広がっていきそうね」と言ってくれました。

まさに、そのとおり!予想もしないきっかけやチャンスと遭遇しています。

安心して落ち着くと、本来のパワーが増幅するようです!

昨日は、さっそく初仕事。

今後は、国内外自由がきく環境で、また初心を大切に、セラピー事業を展開してまいります。 

〈6月HPメッセージより〉

GBC