ホーム > コラム

最近の投稿
「馮依」をお断りする理由
おかげさまで母退院
幸せな人生
生きる糧
☆X'masまでクリスタル大放出☆
ドラマな人間関係
毒も大事なり
 
アーカイブ
2017年6 月 (9)
2017年5 月 (12)
2017年4 月 (10)
2017年3 月 (9)
2017年2 月 (5)
2017年1 月 (12)
2016年12 月 (18)
2016年11 月 (11)
2016年10 月 (6)
2016年9 月 (15)
2016年8 月 (27)
2016年7 月 (7)
2016年6 月 (8)
2016年5 月 (11)
2016年4 月 (6)
2016年3 月 (19)
2016年2 月 (5)
2016年1 月 (7)
2015年12 月 (6)
2015年11 月 (4)
2015年10 月 (5)
2015年9 月 (7)
2015年8 月 (6)
2015年7 月 (13)
2015年6 月 (1)
2015年5 月 (1)
2015年4 月 (10)
2015年3 月 (21)
2015年2 月 (15)
2015年1 月 (16)
2014年12 月 (13)
2014年11 月 (10)
2014年10 月 (17)
2014年9 月 (16)
2014年8 月 (21)
2014年7 月 (8)
2014年6 月 (16)
2014年5 月 (13)
2014年4 月 (12)
2014年3 月 (12)
2014年2 月 (13)
2014年1 月 (11)
2013年12 月 (8)
2013年11 月 (16)
2013年10 月 (21)
2013年9 月 (19)
2013年8 月 (5)
2013年7 月 (5)
2013年6 月 (7)
2013年5 月 (10)
2013年4 月 (11)
2013年3 月 (21)
2013年2 月 (9)
2013年1 月 (9)
2012年12 月 (17)
2012年11 月 (19)
2012年10 月 (14)
2012年9 月 (8)
2012年8 月 (13)
2012年7 月 (10)
2012年6 月 (12)
2012年5 月 (18)
2012年4 月 (17)
2012年3 月 (11)
2012年2 月 (9)
2012年1 月 (15)
2011年12 月 (4)
2011年11 月 (9)
2011年10 月 (8)
2011年9 月 (6)
2011年8 月 (16)
2011年7 月 (13)
2011年6 月 (10)
2011年5 月 (12)
2011年4 月 (11)
2011年3 月 (19)
2011年2 月 (15)
2011年1 月 (8)
2010年12 月 (12)
2010年11 月 (7)
2010年10 月 (15)
2010年9 月 (11)
2010年8 月 (9)
2010年7 月 (10)
2010年6 月 (14)
2010年5 月 (20)
2010年4 月 (15)
2010年3 月 (19)
2010年2 月 (19)
2010年1 月 (20)
2009年12 月 (16)
2009年11 月 (13)
2009年10 月 (24)
2009年9 月 (9)
2009年8 月 (7)
2009年7 月 (13)
2009年6 月 (11)
2009年5 月 (9)
2009年4 月 (6)
2009年3 月 (5)
2009年2 月 (7)
2009年1 月 (7)
2008年12 月 (5)
2008年11 月 (6)
2008年10 月 (3)
2008年9 月 (4)
2008年8 月 (2)
2008年7 月 (3)
2008年6 月 (5)
 
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)QRコード
MySpace Japan
facebook
電子書籍 幸運女子・強運女子になるためのライフマネジメント
オーディオセラピー 「アストラル銀行(宇宙銀行)」CD 販売
10分間瞑想シリーズ 新登場
オーディオセラピー 2枚組CD 販売中
オーディオセラピーCD化!
アマゾン HMV
TOWER RECORDS 山野楽器
新星堂 i Tunes Store
Jazzy Music

COLUMN

「馮依」をお断りする理由

昨今、サイキック講座上級では、いよいよ霊的現象についてご相談を受けた場合のリーディングやクライアントに対する接し方を展開しています。

もっとも、霊的現象は、他の分野(精神医療、心理療法、科学etc)からすれば、それぞれの見解があり、往々にして同じことを違う言い方で扱っているにすぎません。

例えば、霊的な「馮依」は、スーパー影響力を受けやすい現象と言えます。馮依気質(体質)の方は、今お話している人の影響をすぐに取り込む傾向にあります。影響のされ方で、口調、顔色、考えも変わります。

だから、よい質のものと関われると、とってもお得なタイプ。しかし、負の要素が強いものと関わると、即効、負と化してしまうのです。

さて、「わたしは何かに馮依されてるみたいで困っています。なんとかとってもらえないか?」という主訴でお見えになったクライアントさんについて。

私自身は、お問い合わせの段階で伺ったときには、お断りをしています。なかには、馮依こそスピリチュアル的にやりがいありそう!と勘違いされる方がいますが、これは、畑違い。

誰でも基本的に持っている「自分の意志」が、無自覚に弱ってしまっているのです。そのため、自分の中に他者のものが入ってきてしまうわけです。自分と自分以外の区別がつかない、ともいえます。そして、自己責任(当然自分である、という意味)の部分が、何か/他人のせい・・・と「依存」解釈になっています。

この種の「依存」はある意味、異様にパワフルで、強い信念(思い込み)を持っています。この依存に、よりかかられると大変疲れるものです。

例えるなら、通勤の満員電車で、自立して立っていない人のようなもの(笑)。押されるのをいいことに、自分の体重を支えてない人・・・みたい(^^;;

ただ、滑稽なほどまでに馮依されているご本人には、目に見えない何者かの力が自分を制していると信じています。

このようになるには、もちろんなんらかの原因があるでしょう。例えば、強い感情を伴うショック、自己否定や低い自己評価、精神的孤独、身体的な事故など。なんらかで、自分が空っぽになっていると、そこに入り込む意識体があります。

そして、馮依のユニークなところは、強い想念が「現実」を創ることです。本当に傷がついたり、出血するようなことさえあります。ただ、こちらがその強い想念にマッチングする「意識」でいると、ということ。

あと、基本的に疲れていると、馮依に遭遇しやすいですよ。体のエネルギーが落ちてますから。

おかげさまで母退院

公私ともに、やる事為す事てんこ盛りな日々でした。気がつけばすぐ週末の講座・・・

そんな中、先週、母が退院して実家の療養生活に切り替わりました。病院&療養所4カ所の修行を経て(苦笑)明るい南の陽射しが入る家に戻ってきました。やはり、家に戻ってホッとしているようです。

ちょうど7ヶ月半前になります。母が倒れたとおぼしき日に、私は大阪の癒しフェアに来ていました。異様に足が疲れてしんどかったものです。帰りの新幹線で、ふと足元を見たら、ブーツの紐が切れていました。そのとき、私は修理のことしか考えませんでしたが(笑)一緒にいたセラピストKちゃんが、「あれぇ?」と怪訝そうにしていましたね。

そんなことを、つい10日前に思い出しました。

ちょうどコラムを読んでくださったドクターの方にも、母の病院の世話をしていただき、介護経験のある方々からは、多々アドバイスをいただきました。お世話になったみなさま、この場をかりて深く御礼申し上げますm(_ _)m

私は、概ねバリバリ症状を受信する日々でしたが、それは母娘の役割なので由としましょう。にしても、共感覚的体力消耗ぅぅ(^^;

まじめな話、セラピーと似て、治療の現場を現実に訪れると、癒しの基本、治療家の姿勢については気づく事が多々ありました。

体も心も精神も同じですね。その症状/状態を通して、新しいコミュニケーション(他人だったり、内部自己だったり、新しい世界だったりetc)をするうちに、回復や自立のきっかけが見えてくるようですね。

 

 

幸せな人生

基本的な衣食住の整った生活を送っている方たちは、幸せな人生の土台がしっかりしていますね!

食事のバランス、規則的な食事や睡眠、適度な運動、仕事と生活のバランス、家族や良好な人間関係がある、友好的な人との絆、信頼や見守り、愛情、等々が、大きな下支えになっています。

何より、そのようなものが当たり前のように日常にあることが、「幸せな人生」なのだと思います。

何か突出する成功や祝福は、人生にときどき登場するイベントですが、これらは人生に大きくメリハリをつけたり、流れやきっかけをつくる素材です。

時に、いろいろと悩んだり問題に直面したように感じる場合もあるでしょう。これらも、不幸なことではなく、人生の味付けを変える(かなり妙な味もあるが)ものです。

ご相談にみえるクライアントさんでも、子供時代に両親から規則正しい生活の基本、健康管理を教わっている方、家族や周りの誰かから愛情をもらっている方は、なんやかんやあっても前向きです。だから、セラピーも前向きの一貫にされてるのかも。

先日のYさんは、育った地域住民のみなさんが親戚のように見守る、幸せな土台をもらっていました。

さて、何事も基本にかえるのが常ですが、なにげない日々の繰り返しが営めたら、「幸せな人生」の最中なのだと思います。

 

生きる糧

「生きる糧」はさまざまですが、そのなかで忘れてはならない生きる糧をひとつ!

ある意味、人間はときどき辛いことやイヤなことがあるので、生きていられる生き物です。もし、仮にすべてが満たされて幸せなら、魂は体があるのを忘れてしまいます。

体は辛さや痛みを感じるためにあります。(ともいえる)

もちろん、あまりに肉体にいることが辛すぎても、魂は体から抜けてしまいます。耐えうる程度なら、「生きるための糧」をもらったわけですね。

辛いことも長期にわたり続くと感覚がマヒすることがあります。

Aさんは、長年の苦労が終わったものの、しばらくは現実とのギャップでときどき放心した状態にありました。生きている感覚を実感できないようでした。

そんなAさんの友人たちは、Aさんを心配して気遣ってくれているのですが、彼らは、たまに悪気なく心ないことを言ってしまうのです。親身になろうとして、ヘタな同情心を演じると、相手を不愉快にさせるものです(^^; 優しさでかけているつもりが、Aさんにとっては、無神経に感じる言動だったわけでけですね。

Aさんが友人たちのやり取りで、カッと怒りたくなるのは、「波動を下げる」にはよい効果があります。つまり、達観したり、楽になったり、悟りや至福にいたると波動があがりすぎて、肉体から抜けやすくなります。

腹が立ったり、怒ったり、悩んだり、重たい気持ちになるのは、肉体に留まれる所以です。

☆X'masまでクリスタル大放出☆

昨年夏にクリスタルヒーラーのDr. Ann Satin が来日され、クリスタルヒーリングを習得する講座を開催させていただきました。

Annさんがロサンゼルスに帰国される際、講座のために日本に送ってきたクリスタルやワンドは、送り帰すには運賃がかかりすぎるため、志麻ヒプに置いていかれました。ここ1年余り、生徒さんやセラピストたちが、だいぶ買っていかれましたが、まだ多数ございます。

つきましては、このまま置いておくのも勿体ないですので(私はクリスタルヒーリングはやりませんし)、年末に向けて、ぜひ必要とされている方々に安価でお譲りしたいと思います。

クリスタルを扱う方、ヒーリング用やサロン等のエネルギー調整に欲しい方など、どうぞお得にお求めください。

Annさんも日本のクリスタル市場に比べると、かなりお安く置いていかれています。さらに、そこから20-50%プライス下げておきます。

現在あるものは、ポイント型、球体、ハート型、ピラミッド型、ワンド(これは日本ではレア)、ジェネレータ、エッグ(卵)型、プレート(平石)型、タブレット。。。

種類はクリアクォーツ、ローズクオーツ、アメジスト、アベンチュリン、その他、数えきれない(覚えきれない)、そして人気のセレナイト。「ワンド」はハリーポッターさながら?、飾っておくだけで芸術品のようです。

ワークショップや講座のときでもよいですし、あらかじめ日時お知らせくだされば、お求めにいらしてくださいね!X'masまでの予定です。

IMG_0176   IMG_0175

画像は当時の展示です。今は、この45% ほどです。モキボール等いくつか完売していますm(_ _)m

 

ドラマな人間関係

いわゆる面倒な人間関係の集まりを観察してみると、そこに「ドラマ」があります。

もし、あなたの仲間に「ドラマ」を仕立てるのが上手なメンバーがいると、途端に平穏な関係にさまざまな感情がゆきかうことでしょう。

一般的な「ドラマ」はうわさ話や、勝手な想像と解釈、はたまた憶測や邪推、そして誤解などでどんどん展開されます。不信、仲間割れ、中傷、その他感情的ストレスに。

「ドラマ」の達人はエゴが強いものですから、なんでもないストーリー(経験)を見事にドラマにしたてます。役者たちも揃えます。ドラマの登場人物らは、自分が出演しているとは気づかず、役を演じていくことでしょう。

テレビやDVDのよくできたドラマは、端から見てるとハマりますよね。で、毎週見ようとか、続編に期待したり。登場人物たちと一緒に、ハラハラドキドキ。。。

それと現実は同じこと。属しているグループ(公私問わず)が辛いときには、ドラマになっていないか、要チェックです。そして、ゴシップやジャッジメント(批判/批評)から離れると楽になるでしょう。理解されやすい事情を用意して、さりげなく、出演を終えましょう。

あっ、ご自分が仕掛人でなければ・・・(^^;

こんな「ドラマ」は身内、組織内の派閥、グループ交際、ご近所、ママ友、”なんちゃって仲間”などで、放送されています。

毒も大事なり

ハロウィーンワークショップでは、オカルト談と精霊について、楽しく体験していただきました。あらためてまとめてみると、オカルトを通して、人間の普遍的心理、歴史の刹那、自我や欲などが見てとれます。

というわけで、いたってインテリジェント(知的)なオカルトの会となりました。

さて、そんないくつかのワークから、みなさんには、「精霊を象徴するような美しい花(植物)」と「毒や邪気を象徴する花(植物)」を内観してもらいました。わかりやすくいうなら、ポジティブ要素とネガティブ要素を見いだすわけです。

それは見事な邪気を帯びた植物の数々。。。。毒キノコをはじめ、食虫花のような肉食の花、血を欲する花など。しかし、これはメタファなのでご安心を。

精霊を象徴する植物も立派な美しいものが数々。。。

そして、最終的にワークの中では、どちらの植物も健やかにします。

人は、誰でもポイズン的な要素、いわゆる短所、ネガティブなマインドがあります。それらは必要にして十分大切な要素です。それらでバランスを取っているのと、ところ/状況かわれば、毒は人を救います。短所こそ長所になります。ネガティブもつきつめるとポジティブに転化します。

人クセあって扱いにくい人が、才能や特技を持っていたりしますね。

面白いことに、正しい、よいものだけでまとめようとしても、そこから自然に毒が生まれます。

如何せん、この自然界には人間にとって毒/猛毒なものがたくさんあります。有毒植物(意外にもすずらん、水仙の球根、トリカブト等)、毒性のある魚(ふぐの卵巣)etc....

というわけで、自分の毒やマイナス要素も、他の毒消しや有効利用がある。。。かもしれない(笑)ただし、自家中毒にはご注意を。