ホーム > コラム

最近の投稿
ただ、受入れるということ Just the way you see
何かになろうとすること  To become something
スピリチュアル・ジャッジ Spiritual Judgement
 
アーカイブ
2017年3 月 (9)
2017年2 月 (5)
2017年1 月 (12)
2016年12 月 (18)
2016年11 月 (11)
2016年10 月 (6)
2016年9 月 (15)
2016年8 月 (27)
2016年7 月 (7)
2016年6 月 (8)
2016年5 月 (11)
2016年4 月 (6)
2016年3 月 (19)
2016年2 月 (5)
2016年1 月 (7)
2015年12 月 (6)
2015年11 月 (4)
2015年10 月 (5)
2015年9 月 (7)
2015年8 月 (6)
2015年7 月 (13)
2015年6 月 (1)
2015年5 月 (1)
2015年4 月 (10)
2015年3 月 (21)
2015年2 月 (15)
2015年1 月 (16)
2014年12 月 (13)
2014年11 月 (10)
2014年10 月 (17)
2014年9 月 (16)
2014年8 月 (21)
2014年7 月 (8)
2014年6 月 (16)
2014年5 月 (13)
2014年4 月 (12)
2014年3 月 (12)
2014年2 月 (13)
2014年1 月 (11)
2013年12 月 (8)
2013年11 月 (16)
2013年10 月 (21)
2013年9 月 (19)
2013年8 月 (5)
2013年7 月 (5)
2013年6 月 (7)
2013年5 月 (10)
2013年4 月 (11)
2013年3 月 (21)
2013年2 月 (9)
2013年1 月 (9)
2012年12 月 (17)
2012年11 月 (19)
2012年10 月 (14)
2012年9 月 (8)
2012年8 月 (13)
2012年7 月 (10)
2012年6 月 (12)
2012年5 月 (18)
2012年4 月 (17)
2012年3 月 (11)
2012年2 月 (9)
2012年1 月 (15)
2011年12 月 (4)
2011年11 月 (9)
2011年10 月 (8)
2011年9 月 (6)
2011年8 月 (16)
2011年7 月 (13)
2011年6 月 (10)
2011年5 月 (12)
2011年4 月 (11)
2011年3 月 (19)
2011年2 月 (15)
2011年1 月 (8)
2010年12 月 (12)
2010年11 月 (7)
2010年10 月 (15)
2010年9 月 (11)
2010年8 月 (9)
2010年7 月 (10)
2010年6 月 (14)
2010年5 月 (20)
2010年4 月 (15)
2010年3 月 (19)
2010年2 月 (19)
2010年1 月 (20)
2009年12 月 (16)
2009年11 月 (13)
2009年10 月 (24)
2009年9 月 (9)
2009年8 月 (7)
2009年7 月 (13)
2009年6 月 (11)
2009年5 月 (9)
2009年4 月 (6)
2009年3 月 (5)
2009年2 月 (7)
2009年1 月 (7)
2008年12 月 (5)
2008年11 月 (6)
2008年10 月 (3)
2008年9 月 (4)
2008年8 月 (2)
2008年7 月 (3)
2008年6 月 (5)
 
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)
志麻ひぷのTIMES 志麻のメルマガ購読(無料)QRコード
MySpace Japan
facebook
電子書籍 幸運女子・強運女子になるためのライフマネジメント
オーディオセラピー 「アストラル銀行(宇宙銀行)」CD 販売
10分間瞑想シリーズ 新登場
オーディオセラピー 2枚組CD 販売中
オーディオセラピーCD化!
アマゾン HMV
TOWER RECORDS 山野楽器
新星堂 i Tunes Store
Jazzy Music

COLUMN

ただ、受入れるということ Just the way you see

スピリチュアル系の生き方論のなかに、ありのままを受入れる大切さが語られています。
普遍的に、宗教のなかにも、その説がありますね。

ありのままをただ受入れること・・・なかなか難しいですね。
しかし、これは病気やケガなどを患っているときに、とても有効です。
自分自身のときはもちろん、家族や大事な人が病気を患っていたり、手術を控えているときに。

ただ受入れるということは、何か仮説を立てたり、解釈しないことです。
まずは、混乱を沈め、その事実と思えることを、そのまま知るかのように。

すると、自然に道が開けていきます。
「ただ受入れる」には、ヒーリングパワーがあります heartそして、気付きがあり、解放の手だてが見つかるのです。

何かになろうとすること  To become something

最近は何かをめざして頑張っている方をよく目にします。
何かを身につけたり、具体的に◯◯になる!と目標を掲げている元気な姿です。

ところで、めざしている途中で不安や喪失感をいだいたり、「こんなふうにめざして良いのかしら?!」と
自問するときには・・・・
大げさにいうと「何かになって化けようとしている」ときです shadow

めざすものを持つのは、もともとは自分の資質を活かしたり、本来の自分を好きになったり、自分であることを良かったな、と思うことに通じます。

目標をもってスランプになるときは、ムダに人と比較していたりします。
自分が掲げている「立派な自分」になれないと、自分を肯定できないのです。
夢や目標のリーダーシップをとるのは、あなた自身です good

スピリチュアル・ジャッジ Spiritual Judgement

このところ、スピリチュアルなお勉強を進めている生徒さんや、関心の強い方々に会います。
その会話の中に、ときどきスピリチュアル的に物事をジャッジ(判断)している様が見えます eye
誰でも、何かに特化して学ぶと、何でもその解釈を応用したくなりますよね。
それは、面白いし、楽しかったりもします。

そもそも三次元の物質界には、判断し、評価し、選択し、結論を出す・・・といったプロセスが存在します。
それは、物質界では有効な方法です。むしろそれがないと機能しないと言えるでしょう。

スピリチュアルな次元(三次元に比べると四次元以降の高次・・・三次元からみれば偉そうに見えますが、そういう資質です)は、そもそも判断、評価、あるものを選択したらこういう結論に至る・・・といったプロセスではありません。

スピリチュアル次元のモノを三次元的にジャッジすると、そこにエゴが生まれ、コントロールするようになります。
そこにはストレスが起こります。本来の愛には、ストレスはありません heart