ホーム > コラム

コラム:column

オトコの美学 Men's Aesthetic

「オンナの美学」が世に聞かれないのは、美学を持つのが男性性だから。美学を持つ男子はロマンチスト、ファンタスティック、こだわり屋、がんこ、甘い、格好よくしてるつもりが周りとズレてる・・・かも sweat01
しかし、美学を持っている人は、それなりに美しい内面を持っています shine 感性があるぶん生き方にこだわりを持ちます。従って、スピリチュアル系です。
幕末系、世直し系、知性系、冒険系、格闘技系、宇宙系・・・どうぞ自由に花咲かせてください(笑)。しかし、彼らが煮詰まったときには、「美学の改訂」を検討する時期。美学を見いだした頃に留まったままとか、他人の美学を模倣していたり、など。
ちなみに、女性性は「美」を求めても「学」にまでしない傾向があります virgo

コメント

えいみー

>女性性は「美」を求めても「学」にまでしない傾向があります

そうなのですか・・・。
女性性って「●学」として構成される事を嫌うのでしょうか。
「学」が対象を分析・解析してしまう事、つまりは女性性とは、
分析しても当てはまらない余った部分などを、
それはそれとしてそのまま内包し続けるものだからでしょうか。

Shima

えいみー さま
感覚、感性、感情、フィリーング、曖昧さ、のようなものは、女性性の傾向ですね。理論、理性、大義、体系づけるような発想は男性系です。
けして、女性が「◯学」を敬遠するわけではないのですが、経路が異なるというか(^^;
例えば、「美食学」というのは、味を味わっているより、味を納得するようなのです。ミ◯ュ◯ンの☆付けも(笑)。

まーや

エステは女性の専売特許のような気がしますが、英語Aestheticは男性の専売特許?

「学」はやはり人工的に構築していくような感じ。本物の女性美は自然美に近いのでしょうか。

プチ整形などの人工美も流行っていますが、それってやっぱり本物の女性美ではない気もします。

妊娠すると女性がぐっと美しくなるとか。やはり「美学」とは違いますよね。

あー、でも男性もエステに行く時代だなあ(爆)

Shima

まーや さま
自然美や自然体は自信の現われかもしれませんね。
どこの業界も、女性で流行ったものを男性に移行していますもの・・・エステ男子が増えそうです(笑)

コメントを投稿

« 人生の転機 Shift of Life | メイン | 潜在意識の大芝居 Actors of Mind »